Home / フランス旅行記 / パリ市内半日観光

Feb
24
2007

パリ市内半日観光

2006年9月30日9:00
この市内半日観光は、HISのツアーに申し込むと付属しているもので、あちこち名所を回るのはいいのですが、ほとんどが車窓観光なので、その時間がもったいないような気もして、実はあまり乗り気ではありませんでした。
ただ、せっかく無料で参加できるわけですし、最初にパリのイメージを固めておくとその後の観光に役立つだろうと思い、素直に参加することにしました。
結果的には解散時間が予定より遅れ、それがこの後の予定に大きく響くことになったので、自力で動いた方が得策だったかもしれません。

- スポンサードリンク -

パリのスケールにいきなり迷う

ホテルを出発したのが予定より早かったので、それだけ早くオペラ座周辺に到着しました。
オペラ座周辺は非常に道路が入り組んでいて、地図を読みながらしばらく歩いてみないと位置関係がよく分かりません。
しかも、地図では小路に見える道路でも実際には結構な広さがあるので、日本の間隔で歩いているとすぐに迷います。
パリの通りにはそれぞれ名前が付いているので、それをちゃんと確認してから動くのがパリ歩きのコツです。

パリルック

実際、メトロ駅を降りてから集合場所のパリルックまでの間は、地図上だと簡単に行けそうに見えるのですが、一度方向を見失ってしまうと立て直すのに苦労します。
この時は早めに動いていて大正解でした。
まあ、軽く迷子になりかけているとは露知らず、妻は後を付いてきながら(たぶん何も考えてない)、能天気に写真を撮ったりしてましたが。笑。
前日パリに到着したHIS組はほとんどこの半日観光に参加するでしょうから、当然と言えば当然ですが、集合場所のパリルック前には多くの日本人が集まっていました。

バス市内観光は座席が大事

それからしばらくして観光バスが到着したので、真っ先に乗り込んで左側最前列に座りました。
その時は特に何も考えていなかったのですが、この席だと正面からも外の風景が見れるので、バスの中からたくさん写真を撮ることができてラッキーでした。

ムーランルージュの風車

ちなみに、モンマルトルの丘で降車して、再度バスに乗った時は、右側の真ん中くらいの席だったのですが、フランスでは車が右側通行なので、アングル的にもなかなかカメラを構えることができず、せっかくのシャンゼリゼ通りでは、いい写真があまり撮れませんでした。この時に先ほどの席のありがたみを痛感した次第です。
その後、エッフェル塔で降車した際には、今度は意図的に左側最前列を確保し、その後はしっかりとバスの中から写真を撮ることができました。
ガイドさんもうちの妻に向かっていろいろと解説してくれたので(聞き上手)、こういうバス観光の時に左側最前列を確保できると、何かと得した気分になれます。

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top