Home / フランス旅行記 / モンマルトルの公園、電話のところで

Mar
01
2007

サクレクール寺院

2006年9月30日10:15
パリ半日観光で最初に下車したのはモンマルトルの丘です。
サクレクール寺院やテルトル広場があり、お土産屋も軒を連ねています。
サクレクール寺院の麓に広がるウィレット広場は、映画アメリの舞台になったことでも有名ですね。

- スポンサードリンク -

スリ・押し売りに注意

ただ、スリ・押し売り・物乞いなどがたくさんいると言われる悪名高き観光スポットで、それらに怯えながらの観光になりました(とはいえ、パリではスリの危険は常に付きまといますが)。
幸いにも私たちは事なきを得ましたが、押し売りに絡まれている観光客もちらほら見かけました。できるだけ目を合わせないようにして、スリッとすばやく通過するようにしましょう。

絵はがきのようなサクレクール寺院

この日の午前は非常に天気がよく、サクレ・クール寺院では絵はがきにもできそうな良い写真がばっちり撮れました。
寺院内もいかにもカトリックの教会という荘厳さで、ミサに訪れている人がたくさんいました。寺院内にある「神・聖霊・イエスキリスト」=「三位一体」を描いたモザイク天井画は必見です。

ところで、サクレ・クール寺院の中は写真撮影厳禁なのですが、そういう観光地ではちゃんと内部を撮影した絵はがきが売っていることにパリ滞在終盤で気付きました(そういえば、写真撮影禁止の美術館でも絵画の写真はがきが売っていますよね)。
ですから、おそらくこのサクレクール寺院にもモザイク天井画の絵はがきが売っていたはずで、この点については事前の調べが足りなかったと激しく後悔しています。

また、有料でドームと地下聖堂にも入れるようですが、当時はその事を知らなかったので、完全にスルーしてしまいました。

テルトル広場を散策

サクレ・クール寺院の隣には、サン・ピエール教会という小さな教会があります。
豪華な装飾もなく、いかにも地味な外観ですが、パリで3番目に古い由緒ある教会だそうです。
ここは中には入らず、外から写真を撮るだけで通過しました。

テルトル広場は非常に風情のある広場で、カフェもたくさんありました。
この近辺は絵描きがたくさんいて、似顔絵を描いてもらっている観光客もいました。
時折、法外な値段を吹っかけられることもあるらしいので、その辺りはちゃんと交渉した方がいいそうです(ガイドさんが言っていました)。

あちこちで写真を撮って、帰りにお土産屋さんでちょっと買い物してバスに戻りました。
妻はもっとお土産を見たかったようですが、きりがないのでひきずるように店を出ました。

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top