Home / フランス旅行記 / オペラ座には魔物が棲む

Mar
21
2007

オペラ通り

2006年9月30日13:30
半日観光の解散はオペラ地区だったので、ついでにオペラ・ガルニエを見学する予定にしていました。
オペラ座の怪人の舞台として有名なオペラ・ガルニエは、公演がない日は館内の見学ができ、重さ6tのシャンデリアやシャガールの天井画などを見ることができます。

- スポンサードリンク -

魔界パリの象徴

が、残念ながらその日はエントランスまでの入場で、肝心のホールまでは入ることはできませんでした。
ネットで調べた時は、確か見学可能日のはずだったんですが...。

オペラ・ガルニエ

しばらくうろうろしていましたが、入場受付らしき場所に人の姿は見えませんし、他の観光客も外やエントランスで屯していたので、急遽見学時間が変更になったのかもしれません。
あるいは、入口では厳重な荷物検査などがあり、裏口にはアーミーらしき人の姿も見かけたので、ひょっとしたらその日はどこかの要人が観劇に来ることになり、一般客の館内見学は中止になったのかもしれません。
しかし、なにぶん言葉が通じないので、はっきりした状況を確認することもできず、我々には推測で決断するしか術がないわけです。

ここまでしか入れない...

この後の観光予定も控えているので、それほど長居をすることもできません。
私と妻は「きっと、暇になった小泉純一郎がオペラを観に来てたに違いない」という結論で納得し、泣く泣くオペラ・ガルニエをあとにしました。
ここは見学を楽しみにしていただけに残念でした。今回の旅行で心残りだったことの一つです。
次にパリに訪れる時には必ずやリベンジしたいと思っています。

後日談 歌劇の殿堂オペラ・ガルニエを見学

ファントム〈上〉
ファントム〈上〉 スーザン ケイ
おすすめ平均
stars仮面の下のエリック
stars読み応えあり!
starsラウル好きには辛い本かも
starsファントマー必読の書!!!!
stars「オペラ座の怪人」ファン必読の書
Amazonで詳しく見る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top