Home / フランス旅行記 / ルーヴル美術館基本攻略ガイド

Jun
08
2007

午前11時過ぎのナポレオン・ホール

2006年10月2日9:00
それでは、これよりルーヴル美術館を4時間で攻略して行きます。
ルーヴル美術館を訪れた時、既に勝負は決まっている。
これは今勝手に作った兵法ですが、ルーヴルでうまく立ち回るためには、ルーヴルを訪れる前にどれだけ対策できるかにかかっていると言っても過言ではありません。
そこで、まずは基本編として、ルーヴル美術館に入場するまでの流れを考察していきたいと思います。

- スポンサードリンク -

ガイドを利用するのが最も効率的だが...

前回の記事でも触れましたが、とにかくルーヴル美術館は広くて複雑なので、初めてルーヴルを訪れる人は迷子になりに行くようなものだと言われます。
ですから、はっきり言ってしまえば、旅行会社のオプショナルツアーに申し込み、専門の日本語ガイドに案内してもらうのが最も効率的だと思います。
私たちもルーブル徘徊中に数グループの日本人ツアー客を見かけましたが、ガイドはさすがルーヴルを自分たちの庭にしているだけあって、効率よく代表的な作品を巡回する術を知っていますし、豊富な知識で作品の見所もちゃんと解説しているようでした。
オプショナルツアーはだいたい一人45ユーロ前後が相場のようです(今はユーロ高なので、日本で申し込んだ方が安上がりかもしれません)。
とはいえ、事前にちゃんとルーヴルについて調べ、作戦を立てて臨めば、このオプショナルツアーの経費はまるまる節約できるはずです。
そういう意味で、ここは腕の見せ所だとも言えるでしょう。

早起きは三文の得

ルーヴル美術館には、大量の観光客が訪れます。
それが如実に表れるのは入場時でしょう。
ルーヴル美術館の入口では荷物のセキュリティチェックがあり、これは一人ひとりX線でチェックするので、かなり時間がかかります。
初動が遅れるとピラミッド入り口には長蛇の列ができ、入場までに一時間以上待つこともざらにあるようです。
ですから、ルーヴル美術館を本気で攻略しようとするならば、朝の動きは早ければ早いほどいいでしょう。
ルーヴル美術館は9:00開館ですが、私たちは8:15にすでに到着していました。
さすがにこの時間だとまったく行列もなく、周囲を軽く散策してもまだ余裕がありました。
また、ほとんどの観光客は、入場してまずニケ→ヴィーナス→モナリザへと向かいますから、ドゥノン翼はすぐに人でいっぱいになります。
ですから、この「Big 3」をゆっくり鑑賞しようと思うなら、やはり混雑する前に仕掛けるのがベストです。
別に館内を走り回る必要はありませんが(たぶん怒られます)、10:00前にはモナリザまで見終わっているのが理想的です。

ルーヴル美術館の入口は一つではない

ルーヴルに到着した時、既にピラミッド前に長蛇の列ができていたら、ポルト・デ・リヨン入口が穴場です。
ピラミッドに長蛇の列ができていても、ここにはほとんど人がいませんし、入るとすぐにドゥノン翼なので、グランドギャラリーを突っ切ってモナリザ→ヴィーナス→ニケと効率よく回ることができ、ピラミッドで並んでいる人々の先手を打つことができるでしょう。
ただし、事前に入場券を持っていないとピラミッドに回されることもあるようですし、音声ガイドなどを借りるにはピラミッドまで戻らなければならないかもしれません。
私たちも最悪の場合はこの作戦を使おうと思っていましたが、幸いピラミッドからすんなり入れましたし、ポルト・デ・リヨン入口には不安を感じるほど人がいなかったので、結局この作戦は使わずじまいでした。
【関連記事】 ルーヴル美術館4時間補完計画

パリ・ミュージアム・パスを入手しておく

第一関門のセキュリティチェックを抜けると、次は入場券の購入で行列が生まれます。
が、パリ・ミュージアム・パス(旧カルトミュゼ)を事前に購入しておけば、この行列を回避するのは簡単です。
パリ・ミュージアム・パスは、パスが使える施設内や、オペラ通りにあるパリ観光局で購入できます。また、旅行会社に予約しておけば、日本で手配することも可能です。私たちは、オペラ・ガルニエを訪れた際、パリ観光局に寄って購入しておきました。
ナポレオン・ホールのインフォメーションで日本語の館内ガイドを入手したら、まずはサモトラケのニケがあるドゥノン翼へと向かいましょう。

日本語音声ガイドを借りる

第二関門を突破すると、次は入場券改札口で行列が生まれます。
しかし、ここまで順調に行列を回避してくれば、まだここには行列がないはずなので、あとはサモトラケのニケまで電車道だと思います。
各翼の改札口には、オーディオガイドの貸し出しカウンターがあります。
レンタル料金は5ユーロですが、パスポート・運転免許証・クレジットカードのいずれかを預けなければなりません。

ここまで行列に並ぶことなく順調に流れれば、ルーヴル攻略は半分終了したようなものです。
完全に先手を打っているので、周囲には他の観光客の姿も少なく、ドゥノン翼攻略もスムーズに進むことでしょう。

ルーブル美術館を4時間で攻略するへ戻る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top