Home / フランス旅行記 / 神の芸術サモトラケのニケ

Jun
17
2007

サモトラケのニケ

2006年10月2日9:30
ニケはギリシャ神話の勝利の女神。
ルーブル美術館にあるサモトラケのニケ像は、1863年にフランス領事シャルル・シャンポワーゾが、エーゲ海北東のサモトラケ島で発掘したもので、1884年からルーブル美術館ドゥノン翼2Fへと通じるダリュの階段の踊り場に展示されています。
サモトラケのニケは紀元前200年ごろの作品らしいですが、人に翼の生えた天使の原型は、このニケ像だというのが通説です。
レプリカなども人気なので、誰でも一度は見たことがあるでしょう。
今や世界的なスポーツ用品社NIKEのロゴマーク「スウィッシュ・ライン」も、ニケ=Nikeの翼をモチーフにしているというのは有名な逸話ですね。

- スポンサードリンク -

Winged Victory

頭部と腕が欠けていることで、大きく広げた翼がより強調され、まさに勝利の女神にふさわしく、美しく精悍なフォルムです。
そして、その翼と体に纏った薄い衣服を見るだけで風を感じることのできるその姿は、彫刻とは思えない躍動感を感じさせます。
また、無駄な装飾を省いた壁、前左右の三方から風の流れを想起させる階段、神々しい太陽光を採り入れる高く開放感のある天井、そうしたニケを一層引き立たせるルーブルの演出も、まさに匠の技です。

バックショットがニケの真骨頂

サモトラケのニケの頭部と腕は、地中に埋もれた時点で既に失われていたのか、土の中で失われたのか定かではありません。
しかし、このサモトラケのニケ像を見るにつけ、私には現在の頭部と腕を失った状態こそが完成形であるように思えてなりません。
両腕を失い、首をもがれてもなお、天高く舞い上がろうとするニケの姿には、まさに勝利の女神たらんとする、勝利への強い意志を感じます。

エヴァにも似てる

ニケから頭部と腕を奪ったのが人間でないならば、それは神の意思なのでしょう。
そういう意味で、サモトラケのニケはまさに「神の芸術」と呼ぶべき作品だと思うのです。

ルーブル美術館を4時間で攻略するへ戻る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:2

あすか 2010年12月22日 20:47

はじめまして。
ニケのレプリカを探してたら、このブログにたどりつきました。
ルーブル美術館について詳しく書いてあるので、いろいろ読んでいたら、、、
この記事はいいですね。
じーんとしました!
私もいつかルーブルで本物のニケを見てみたいな。
その時は参考にさせてもらいます!

サーチライト 2010年12月24日 11:05

あすかさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
ニケは本当に美しいですよね。
角度を変えて見ると、また違った表情になるので、ぜひルーヴルで実物を見てください。
ニケのレプリカは、ルーヴル美術館のネットショップで購入できるはずです。
「Les boutiques de musées」でググってネットショップに行ったら、右上の検索ボックスから「Winged Victory」で検索してください。
ルーヴルのミュージアムショップで売られていた複製と同じはずなので、クオリティはなかなかだと思いますよ。
それでは、今後も「ゆめのりょけん」をよろしくお願いします。

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top