Home / フランス旅行記 / 涙雨に煙る凱旋門

Aug
05
2007

雨に煙る凱旋門

2006年10月2日16:50
私たちが今回のパリ観光の最後に訪れたのが凱旋門です。
シャンゼリゼ通りの西端にあたるシャルル・ド・ゴール広場の中央にそびえ立ち、この広場を中心として放射状に延びている12本の通りが、星(エトワール)のように見えることから、「エトワール凱旋門」と呼ばれています。

- スポンサードリンク -

またいつの日か凱旋門へ

パリに5つある凱旋門の中で最も有名なエトワール凱旋門は、1805年にナポレオンによって建設が命じられ、ナポレオンの死から15年後にあたる1836年に完成します。
凱旋門の壁面はナポレオン軍の戦いの様子を描いた彫刻やレリーフで飾られていました。
高さ50メートルの凱旋門の屋上は展望台になっていて、地下通路を通ってアクセスします。
内部最上階には資料展示室もあるそうです。

「...あるそうです」と伝聞の形で書いたのは、私たちは凱旋門まで行ったものの、中まで入っていないからです。
この日、観光に残された時間はすでに少なく、また私たちが凱旋門に到着した頃には雨が強くなっていました。
そこで、Charles de Gaulle-Etoile駅から凱旋門の地下通路入口まで行ったものの、内部までは見学せずに引き返してきたのです。

この日の雨は、きっと涙雨だったのでしょう。
雨に煙る凱旋門を背景に記念写真を撮り、私たちはパリ市内観光の全日程を終了しました。

【関連記事】 凱旋門に上ってパリ市街を一望

凱旋門 Arc de triomphe de l'Etoile
Place Charles-de-Gaulle 75008 Paris
アクセス メトロ1号線・2号線・6号線Charles de Gaulle Etoile駅からすぐ
開館時間 10:00-23:00(冬期10:00-22:30)
休館日 1月1日・5月1日・12月25日
入場料 7ユーロ(パリ・ミュージアム・パス利用可)
凱旋門のホームページ(フランス語)

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top