Home / 旅行術フィードバック / 海外旅行に強いクレジットカード

Sep
27
2007

クレジットカードは海外旅行の必需品です。
日本人は現金が一番安全という意識がまだ根強いですが、現金には何の保証もないわけで、スリや盗難が日常茶飯事の国では、盗難・紛失保険のあるクレジットカードの方がはるかに安心です。
最悪、現金を盗難・紛失して一文無しになってしまっても、クレジットカードだけあれば、まだ大丈夫。
また、海外旅行のお金と言えばT/C(トラベラーズチェック)ですが、T/Cは換金時に手数料がかかりますし、いちいち交換するのも煩わしくなります。
そういうわけで、海外旅行ではクレジットカードを上手に使って、安全かつ快適に過ごすのがおすすめです。

- スポンサードリンク -

海外旅行で使えるクレジットカード

手持ちのクレジットカードが、旅先で使えるかどうか不安に思っている人もいるでしょう。
そういう時は、クレジットカードの国際ブランドを確認してください。
国際ブランドには「VISA」「JCB」「MasterCard」「AMEX」「Diners」の5種類がありますが、このうち「VISA」か「MasterCard」のどちらかであれば、手持ちのカードが「UFJカード」でも「楽天カード」でも「セゾンカード」でも、ほぼ世界中で使うことができます。
私もパリで何度も楽天カードを使いましたが、「VISA」が付いていたので問題なく使用できました。
「VISA」「MasterCard」以外の国際ブランドの場合は、旅先によって使えたり使えなかったりするので、予備のクレジットカードを作っておいた方がいいかもしれませんね。

海外旅行傷害保険

クレジットカードの大きな利点が、カードについている海外旅行傷害保険です。
海外での怪我や病気の治療は無保険になりますから、非常に高額な治療費がかかります。
そういう場合に備え、事前に海外旅行傷害保険に加入しておくことは必須だと思います。
しかし、保険会社で個別に加入すると、ほとんどの場合には掛け捨てになりますし、そのために数千円の保険料を支払うのは勿体無いと考える人もいるでしょう。
そういう場合、クレジットカードに付帯している海外旅行保険があれば、最悪のケースは免れることができます。
クレジットカードの海外旅行傷害保険には、入会と同時に保険が適用される「自動付帯」と、クレジットカードで旅費などを支払った場合に限り適用される「利用付帯」の2種類があります。
旅先で一番心配な傷害・疾病治療保険での補償金額は、複数のクレジットカードで合算できるので、年会費無料で自動付帯のクレジットカードというのは、使う機会がなくても手元に置いておくだけで、それだけ安心ということになります。

暗証番号は絶対に事前確認

日本でクレジットカードを使う場合、本人確認はサインが主流です。
しかし、海外での本人確認は、必ずと言っていいほど暗証番号の入力が必須になります。
私たちがパリに行った時も、本当に一度もサインは書きませんでした。
旅先で暗証番号を忘れて使えないということのないように、出発前に必ずクレジットカードの暗証番号を照合しておきましょう。

安全にクレジットカードを使うために

万が一、カードを盗難・紛失しても、速やかにカード会社に連絡すれば被害が保証されるというのは、クレジットカードのいいところです。
緊急連絡先は必ずメモしておき、カードとは別に保管しましょう。
また、クレジットカードの大きな不安は、伝票の数字をこっそり書き換えられたり、スキミングされたりするリスクでしょう。
しかし、身に覚えのないカード請求に対しては、異議申し立てを行うことができます。
帰国後の利用明細はしっかり確認し、不審な請求はカード会社に連絡しましょう。

海外旅行のおすすめクレジットカード

日本のクレジットカードは、海外のそれに比べて磁気が弱いようです。
そのため、機械に通してもなかなか反応しなくてひやりとする場面もありました。
そんな場合に備えて、クレジットカードは2枚用意しておくと安心です。

三井住友VISAクラシックカードA

コマーシャルでもおなじみのスタンダードなクレジットカード。
その名の通り、国際ブランドは「VISA」ですから、世界中で安心して使うことができます。
クラシックカードAは、クラシックカードに比べて年会費が高いものの、旅行傷害保険が自動付帯。
海外旅行のツアー代金は、クレジットカードで払おうとしても断られることが多いので、自動付帯は大きなメリットです。
インターネットから申し込むと、初年度年会費無料の特典付き。
もっと詳しく→三井住友VISAカード

楽天カード

頻繁にネットショッピングをするなら持っておきたい楽天カード。
年会費永年無料とポイント還元率の高さが魅力で、私のメインカードです。
国際ブランドも「JCB」「MasterCard」「VISA」から選べるので、サブカードを目的に作ってもいいでしょう。
かつては海外旅行保険が自動付帯でしたが、2007年から海外旅行保険が利用付帯に改悪されてしまい、海外旅行に強いと言い切れなくなってしまったのが残念です。
とはいえ、海外旅行保険を実際に利用することはほとんどありませんし、どんどんたまる楽天ポイントの方が魅力です。
私の経験だと、1回の海外旅行で、だいたい5,000ポイントくらい加算されますね。
もっと詳しく→楽天カード

比較サイト 海外旅行に最適なクレジットカード

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top