Home / 北海道旅行記 / 金森洋物館で蟻地獄

Jan
16
2008

函館浪漫館で買ったペアグラス(この記事はシュクルが執筆したものです。)
ベイエリアにある赤レンガ倉庫は、明治時代に商業用倉庫として建てられ、現在はショッピングモールやカフェやレストランなどになっていて、クラシカルな港町の雰囲気が感じられる素敵なところです。
ここの金森洋物館は、なにやら私好みの可愛い小物や雑貨が満載のところらしいので、お土産選びを楽しみにしていました。
ここであれこれ見てお土産を選ぼう、ついでに自分が気に入ったものがあったら函館旅行の記念になにか買おうと思い、夫とは時間を決めて待ち合わせ、一人で物色に入りました。

- スポンサードリンク -

ムーミングッズのお店中には、ムーミングッズのお店や、石造りのアンパンマンが目印の天然石のお店、クリスマスグッズのお店など、かわいい物がいっぱいで、美味しそうなスイーツショップもあり、いくつかのお店に入っていろいろ見て楽しい時を過ごし、待ち合わせ時間まであと10分ほどになった時、がーん!( ロ ) ゜ ゜
私の頭には雷鳴が轟き、アドレナリンが大噴出するようなお店を見つけてしまいました。まさか、ここがガンダーラ!?

クリスマススクエアの一角にあって、スペースはあまり広くはないのですが、そこにあったのは、私の大好きな、ピンクと薔薇の花模様とレースの洪水でした。
コーヒーカップも、鏡も、ティッシュケースも、宝石箱も、お玉やフライ返しまで、目も眩むほどすべてが白と赤とピンク、薔薇薔薇薔薇、レースがひらひら、ビースがきらきら、もう、マリー・アントワネット!
ロココというよりビクトリアンテイストらしいのですが、そんなことはどうでもよく、お店の写真を撮るのも忘れてパニック状態になってしまいました。
こんなお店があるなんて、ガイドブックにもHPにも出てなかったよう!どうして早く教えてくれないのよう!わああ!Y(>_<、)Y

パニックのあまりこれしか買わず...このままでは待ち合わせに遅れること必定なので、まず待ち合わせ場所に行って夫に許可を得てから再びお店に戻ってじっくり見始めました。
でも、無理です。ここから選ぶなんて。
あああ...。選べない...。全部ほしい...。でも、そんなお金ない...。ここから動けない...。ていうか、ここに住みたい...。<(T◇T)>
まるで蟻地獄にはまった気分で悶々とし、一点一点は別に高価なものではないのに欲しい物がありすぎて選べず、結局ペアのワイングラス(ペアで1575円)を買い、泣く泣くその店を後にしました。

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top