Home / 新潟歳時記 / 越後姫は苺のプリンセス

Mar
12
2008

越後姫(この記事はシュクルが執筆したものです。)
新潟には美味しい果物がたくさんあります。
ただ、全国的には知名度はものすごく低く、新潟県人も美味しい果物がたくさんある有難さをちっともわかっていないので、自分の県の果物のレベルの高さに気づいていません。もったいない。
今回は、春の果物の代表、苺を紹介したいと思います。

- スポンサードリンク -

新潟の苺と言えば越後姫です。
新潟のオリジナルブランドで、平成8年誕生の新しい品種です。
新潟のスーパーでもいつもあるわけではなく、他県ではほとんどお目にかかることはないのではないかと思います。

もともと新潟は、冬は気温が低く日照量が少ないなど、イチゴ栽培にはあまり適していない環境のようで、有名イチゴといえば、久留米の「とよのか」や栃木の「女峰」「とちおとめ」など、産地は暖かい地方が多いですよね。
そんな新潟の冬の気候でも育つ苺として開発されたのが「越後姫」です。

こんなに綺麗な苺です越後姫は、丸っこい苺ではなく、形は円錐形です。
見た目も美しいのですが、とにかく香りが爽やかで、うっとり。
味は、果汁がたっぷりで、甘いのはもちろんですが、酸味もあり、それが絶妙のバランスで、柔らかくて、すごーく美味しいのです。
まさに、苺のプリンセス。
越後姫は、絶対に練乳や砂糖はかけずに、そのままで味と香りを堪能してほしいです。もったいない。
欠点は、傷みが早いこと。果肉がやわらかいためなのか、すぐに傷んで日持ちしません。
お姫様はデリケートなんですね。買ったら即完食ですよ。

実は、私も「新潟の苺なんて美味しいのかなあ」と疑っていて、一昨年はスーパーで見ても買わずじまいでした。
たまたま去年のシーズンも終わる頃、ちょっと話の種に食べてみようかという気になって買ったのですが、味の方は全く期待していませんでした。
が!/( ̄ロ ̄;)\どーしてもっと早く食べなかったんだろう。ばかばか、あたしのばか!
新潟の苺農家のみなさん、ごめんなさい!
というわけで、今年は食べまくりまーす!v(≧∇≦)v

楽天市場で「越後姫」を検索

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top