Home / 新潟歳時記 / ビッグスワンでアルビレックスを応援

May
14
2008

東北電力ビッグスワンスタジアム2008年ゴールデンウィーク最終日の5月6日、東北電力ビッグスワンスタジアムにて、生まれて初めてサッカー観戦というものをしてきました。
前々から、新潟に住んでいるからには一度ビッグスワンに行きたいとは思っていたのですが、J通常開催日の水曜日と土曜日は、仕事の都合で行けません。
一方の妻はというと、サッカーにはまったく興味なし。
そんなわけで、なかなかアルビレックス新潟の試合を観戦する機会に恵まれなかったのですが、ゴールデンウィーク中の試合なら仕事も休みなので、ビッグスワンを訪れる絶好のチャンスです。
しかも、新潟市自治会には試合観戦招待というものがあって、これに応募してみたら、あっさりと無料チケットがもらえることになりました。
こうして、いまいち乗り気でない妻を連れて、ようやくビッグスワンを訪れることになったのです。

- スポンサードリンク -

シャトルバスでビッグスワンへ

シャトルバス往復チケットビッグスワンには有料駐車場(1000円)もあるので、マイカーで行ってもよかったのですが、今回は敢えて電車→シャトルバスでアクセスすることにしました。
シャトルバスは新潟駅南口から出ていて、料金は片道280円、往復チケットを買うと500円です。
往復チケットは、新潟駅の南口を出ると、ジャンパーを着た係員が売っているのですぐわかります。
シャトルバスの本数も10分おきくらいにあって、ある程度の人数が乗るとすぐに出発するので、さほど混雑することもなく快適でした。
帰りも大量のバスが待機しているので、10分も並べばすぐに乗ることができ、アクセスは思ったよりもスムーズです。

「タダ券」で入場

カナールはデートコースにもぴったり私たちがビッグスワンに到着したのは開門10分前の12:20でしたが、スタジアムにはすでにたくさんの観戦客がいて賑やかでした。
ビッグスワンの敷地内にはカナールという水場があって、運河みたいになっているのですが、この日は少し風が強かったものの、絶好の行楽日和だったので、ここで弁当を広げている人もたくさんいました。
場外には屋台もあって、中でもみかづきの屋台の前には、たくさんの人が行列を作っていました(新潟B級グルメの王者みかづき)。
とりあえず、観戦グッズもぜんぜん持っていませんし、今回はチケットも無料だったので、少しくらい金を落としておかないと悪いだろうと思い、グッズ売り場でタオルマフラー(1,575円)を買いました。
それから自治会招待券引換所で入場チケットをもらい、いよいよスタンドに移動です。

予想以上にピッチがよく見えてびっくり

ピッチが近くてびっくりしました私たちの観戦席は、Sスタンドの自由席でした。
スタジアムに入ってまず驚いたのは、観戦席からピッチまでの距離がすごく近い!
もっと遠くから、選手は豆粒くらいにしか見えないと思っていたのですが、まったくそんなことはなく、テレビより断然近く見えますね。
スタンド観戦といえばいつも競馬場なので、向こう正面は見えないものと思っていました。笑。
考えてみれば、サッカーのピッチは陸上競技場より小さいわけですから、そんなに遠くじゃないんですよね。
これだったら、テレビより生の方がずっとよく見えます。
ビッグスワンは2002年ワールドカップのために造られたスタジアムですが、ここでアイルランド×カメルーン、クロアチア×メキシコ、デンマーク×イングランドの3試合が行われました。
これだけ近くでワールドカップの試合が見れたらいいですよね。

スタジアムグルメは入場前に買っておこう

勝ちの種ところで、今のは嬉しい誤算ですが、逆に悲しい誤算もありました。
ビッグスワンは、一度スタンドに入ってしまうと、場外に出たり、他のスタンドに移動したりできないんですね。
これまた競馬場の感覚で、とりあえず観戦場所を決めてから、場内のあちこちを探検して昼ごはんを決めようと思っていたので、これには参りました。
それが最初からわかっていれば、外でみかづきのイタリアンでも食べてたんですけどね。
結局、Sスタンドで売られていた牛丼と焼きそばを食べました。
他にも、鮭イクラ丼が500円で売られていたので、イクラが食べたい人はおすすめかもしれません(新潟人はイクラにほとんど興味なし)。

オレンジ一色のスタジアム

試合開始前のビッグユニフォーム5月6日の試合は、J1第11節、清水エスパルスとの一戦です。
両者ともチームカラーがオレンジで、いわゆる「オレンジダービー」の試合。
スタンドはオレンジ一色で埋め尽くされました。
といっても、清水サポーターがいたのはSスタンドのほんの一角だけで、場内ほとんどは新潟サポーターのオレンジです。
試合開始前になると、スタンドもほぼ満員。
もともと新潟は観客が入ることで有名ですが、この日はGWということもあり、36,000人の大観衆でした。

キックオフ!

この後決まりますキックオフは14:34。
前半は新潟がSスタンドの方に攻めてきます。
まあ、サッカーだし、そんなに簡単に点なんか入らないだろうと思っていると、開始2分後に清水ゴール前でFKをもらい、ゴール前に上げたボールをヘディングで合わせて...先制点!?
試合前は「勝ち負けは置いといて、せめてスコアレスだけはやめてほしいなあ」と思っていたのに、やけにあっさり点が入ってしまいました。
こうなると、勝ちを意識するので応援にも力が入ります。
テレビと違って細かいプレーは見えないので、逆にそれが臨場感を増すというか、ピンチをしのげば拍手するし、チャンスになれば声援を送るし、相手のボールを奪っただけでもほっとします。
冷静にゲームが見れないというか、ワンプレーワンプレーの重みがテレビとはまったく違うんですね。
そんな感じで、新潟リードのまま、あっという間に前半終了。
ハーフタイムの喫煙所は人でいっぱいでした。
後半は全体的に新潟ペース。
後半16分にアレッサンドロが前半と同じような形で待望の追加点を上げると、後半38分にまたもやアレッサンドロがダメ押しの追加点。
サッカーってこんなに点入るんですね。笑。

初めてのサッカー観戦は大満足

この日はゴールラッシュでしたそんなわけで、試合は3-0で新潟の大楽勝。
天気もよかったし、点もたくさん入ったし、アルビレックスも勝つしで大満足。
「FKってなにそれおいしいの?」とか言ってた妻でさえ、この日は十分に楽しめたようです。
サッカーは生で見た方が断然面白いですね。
試合前は一度きりのつもりでしたが、また時間があれば観戦しようと思います。
せっかく世界的なスタジアムが新潟にあるわけですから、サッカーに興味がない人でも、一度機会を見つけて足を運んでみてください。

東北電力ビッグスワンスタジアム
〒950-0933 新潟市中央区清五郎67-12
電話番号 025-287-8811
アクセス JR新潟駅からタクシー10分(試合開催日はシャトルバス運行)
駐車場 5000台(駐車料金:有料)
東北電力ビッグスワンスタジアム
アルビレックス新潟(こちらの方が観戦ガイドやアクセスなど詳しくて便利です)

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top