Home / 東北旅行記 / 福島フルーツライン

Jun
25
2008

フルーツラインのさくらんぼ畑(この記事はシュクルが執筆したものです。)
福島は山形と並ぶさくらんぼの産地です。
夏の福島開催が行われる6月から7月初めにかけては、ちょうどさくらんぼの収穫期にあたり、まさにさくらんぼを堪能する絶好の機会と言えるでしょう。
というわけで、せっかく福島まで来たからには、本場のさくらんぼを堪能しないわけにはいきません。
まずは競馬場に行く前に、寄り道してさくらんぼの物色です。

- スポンサードリンク -

福島飯坂ICから国道13号線を米沢方面に少し進み、井野目交差点の信号を左に曲がると、フルーツラインと呼ばれる道路があります。
この道路の両脇には観光果樹園や果物の直売所が立ち並び、そこでさくらんぼ狩りをしたり、お土産のさくらんぼを買ったりできます。
およそ30分程度の寄り道なので、車で福島にアクセスした時には、ぜひ訪れてみてください。

フルーツラインの直売所私たちも高速を降りたら早速フルーツラインに向かい、一軒の直売所に入りました。
さくらんぼ狩りは一人1500円で1時間食べ放題ですが持ち帰りはできません。
時間的な余裕もなかったので、買うだけにしようということになりました。

お店に入ってみると、お店の人から「まず食べて」と言って試食用のさくらんぼを渡されました。
真っ赤なものと、やや黄色っぽいものと、いかにもさくらんぼ色のものと三種類。
どれも大きくて、つやっつやです。
真っ赤なのは紅秀峰、黄色っぽいのはナポレオン、もうひとつは佐藤錦だそうです。
どの品種も大粒・肉厚で、これだけボリューム感のあるさくらんぼは、普段なかなか味わえません。

で、食べてみると、これが、もう!8(≧▽≦)8
佐藤錦はさすがさくらんぼの王者といった美味しさ。紅秀峰はすごく甘くて豊潤、ナポレオンは酸味が爽やかです。
どれを買うか悩みましたが、せっかく福島まで来たわけですから、やはりここは佐藤錦だろうと思って値段を聞いてみると、箱売りのみで3000円。
さすがは佐藤錦、王侯貴族の食べ物なのね...。_| ̄|○

結局、庶民の我々は佐藤錦を諦め、1パック1500円のナポレオンを購入しました。
が、実はその時、私の心の中では、「今はあまり予算がないけど、馬券あてたら帰りにもう一度ここに寄って佐藤錦を...ふふふ(^w^)」という野心がふつふつと煮えたぎっていたのです。
それなのにそれなのにい!o(;△;)o (詳しくは七夕賞観戦記(妻の追記)にて)。

ああ、さようなら、佐藤錦...。

美味しくいただきましたとは言うものの、1500円ナポレオンも普段の我が家には登場しないブルジョア階級。
家に帰って冷蔵庫で冷やし、ダーリンと半分こ♪
数えてみたら1パックで60個入ってました。
これだけのさくらんぼを一気に食べる機会はめったにないので、幸せ~。(~▽~@)

と同時に、来年こそは馬券で勝って佐藤錦を勝ち取ろうと(=ダーリンに馬券を買わせようと)、再び野心に燃える私でした。

楽天市場で「佐藤錦」を検索

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:2

PUYOKO 2008年6月25日 22:08

シュクルさん

マスクメロンは王様
佐藤錦は女王様
ああ、食べたいわぁ〜。

あ、そうだわ!
シュクルさんの今日の記事読んだら
冷蔵庫に1パック580円の
アメリカンチェリーが
あることを思い出したわ。

佐藤錦、お中元で来ないかしら??

シュクル 2008年6月25日 23:25

PUYOKOさん、コメントありがとう。

マスクメロンは王様で、佐藤錦は女王様って、ほんとにそうですね~。
私もお中元でいただきたいです。

アメリカンチェリーも大好き!
もしかして、ダイエーでT内さんが神業パックしてくださったものでしょうか。
1パック580円は、我が家では十分ブルジョアです。笑。

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top