Home / 東北旅行記 / 福島ソフトクリームロード

Jun
28
2008

福島ソフトクリームロード今回、初の福島遠征に行ったわけですが、せっかく行くからには福島でしか食べられないようなご当地グルメも堪能しようということでネットでいろいろ情報収集してから出発することにしました。
今回は日帰りなので、軽いスイーツやお土産を探そうと思い、適当なサイトを見繕ってあとは妻に頼むことにしました。
最初は「え~、めんどいよう」と言って、たらたら見ていた妻が、突然「うわ~!」と、ものすごい食いつきを見せてメモを取り始めました。
どうやら何か気に入った食べ物を見つけたらしく、ここから妻のテンションは一気にヒートアップし、「あああぁ、あれ美味しそう~!」「おおおぅ、これも美味しそう~!」と、奇声を発しています。
その中からどうしても食べたいものをいくつか選び、立ち寄る場所の計画を立ててから福島に向かったのです。

- スポンサードリンク -

まず最初のチェックポイントは磐梯山SA。
ここでは「白桃ソフトクリーム」を食べました。
外見はソフトクリームなのですが、アイス部分はシャーベットのような感じでシャリシャリ感があり、中に角切りの果肉も入っていて、さっぱりと甘酸っぱくて非常に美味でした。
が、白桃ソフトを食べながら、売店のメニューをあれこれ見ていると、非常に目立たない場所に「ラムネソフト」という文字を発見。
三ツ矢サイダーとガリガリ君をこよなく愛する私としては、これもぜひ食べてみたかったのですが、「ここでソフトクリームを2つも食べてはいかん」という思いから、泣く泣く断念しました。
次回こそチャレンジしたい一品です。

十年長生きソフト次に寄ったのは安達太良SA。
ここは「十年長生きソフト」というのが有名らしく、妻の期待していた一品でした。
「じゅうねん」とは「えごま(シソ科の植物)」のことで、ここのSAはえごま味噌やえごま油など、えごま関係のお土産がたくさんありました。
早速、温かい大学芋の上にえごまソフトがのったデザートを購入。
えごまソフトは味のイメージがまったく湧かなかったので、どんなものなのかこわごわ食べてみましたが、そば茶のような香ばしい香りと、きなこが入ったような粉っぽい食感で、とても美味しかったです。
大学芋との相性もばっちりでした。
以前、会津若松で、そばソフトを食べたことがあるのですが、それに似た感じです。
福島桃のプリンまた、安達太良SAでは、事前に妻がチェックしていたお土産「福島桃のプリン」も購入。
お土産以外に、自分たちが試食する分の2個入りパックも購入しました。
ぷるぷるとろとろのやわらかプリンに、果肉ソースがかかって、超美味。もっと甘ったるいのを想像していたのですが、爽やかな酸味があり、2~3個はぺろっといけそうです。
妻は、箱買いしなかったことを激しく後悔していました。

福島競馬場のいちごソフトここまでに2種類のソフトクリームを食べ、帰りにもスイーツを食べる予定があったので、さすがに甘いものはもういいだろうと思っていましたが、競馬場の売店で見つけた「いちごソフトクリーム」のポスターの前で妻が釘付け状態に。
「おいしそぉぉぅぅ」と言ってそこから動こうとしないので、結局購入することにしました。
まず驚いたのが苺の香りの強さ。
食べる前からいい香りがします。
味も、いままで食べたソフトクリームの中でも特筆すべき美味しさ。
ソフトクリームと言ってもあまりミルク系のクリーム感は無く、といってシャーベットほどシャリってもなく、濃厚な苺の味と香りが口いっぱいに広がって、これぞまさに苺のアイスクリーム。
ハーゲンダッツのストロベリーをはるかに凌ぐうまさでした。
福島競馬場に行く人は、ぜひ食べるべきですね。
福島おそるべし。

さて、福島競馬場のフードの充実ぶりに感動しつつ、帰路についた私たちでしたが、あのいちごソフトの感動を超えるものがあろうとは、その時は予想すらしていませんでした。

ミックスベリーのワッフルボール帰りのお目当ては、吾妻SAの「ワッフルボール」です。
器型のワッフルコーンの中にソフトクリームが入っていて、果物のトッピングがあります。
バニラソフトの上にミックスベリーのトッピングのものと、季節限定で白桃ソフトにさくらんぼがついているものとの二種類があり、両方購入しました。

これが...!!!

まずミックスベリーの方は、バニラソフトの味がすごい。
濃厚なのに甘ったるくなく、とにかくうまい。
そしてラズベリーの甘酸っぱい果肉と絶妙のハーモニー。
さらに台のワッフルコーンもぱりぱりと美味しく、すべてが申し分ない仕上がりでした。
白桃ソフトのワッフルボールもう一つの白桃ソフトもまた感動の美味しさ。
磐梯山SAで食べた桃ソフトと全然違って、ミルク感がたっぷりある中に、桃の香りと味がマッチして、まさに白桃のソフトクリーム。
それでいて甘ったるい感じはまったくなく、むしろ爽快さを感じさせます。
デコレーションのさくらんぼとの相性も完璧で、フルーツ王国福島を象徴するようなスイーツでした。
甲乙つけがたい美味しさと、あのいちごソフトを上回るほどの感動に、

みな人ワッフルコーンの上に涙落としてほとびにけり

もしも私が福島に住んでいるなら、これを食べるためだけに東北道に乗っても、それだけの価値はあります。

こうして、私たちの日本地図には、「福島ソフトクリームロード」という名が永遠に刻まれることとなったのでした。

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:4

こい 2008年6月29日 00:35

こんばんは。
先ほどはメールありがとうございました。
今度はこちらにコメントということで。
リンクよかったらそのまま貼ってていいでしょうか?個人的に訪問するのに便利ですし、他の方も読んでると楽しくなるはずですので。
 
実はシュクルさんの馬券記事にコメント書きたかったですね。ちょっと温かくなるほのぼのした競馬をみれたようで幸せを分けてもらった気分になりました。馬券は残念ですけどね。しかし、買わなかったらなぜか結構起こることですよね。どうしてでしょうね?不思議です。

PUYOKO 2008年6月30日 22:36

こんばんは。

イチゴソフト、白桃ソフト、ワッフルボール、、、、、
あああぁ美味しそう!!

でも、こんなに冷たいものばかり召し上がって
お腹は大丈夫だったのかしら?(笑)

シュクル 2008年6月30日 23:12

こいさん、コメントありがとうございます♪
シュクルです。こんばんは。
七夕賞、幻の佐藤錦、いまだに鮮烈な思い出です。笑。
どうして競馬には「キルトクールの法則」、「買わないとクール」の法則があるんでしょうね?
ついでに、「買うと来ない法則」も。笑。

ではでは、今後ともよろしくお願いします♪(^-^ )

シュクル 2008年6月30日 23:19

PUYOKOさん、コメントありがとう!
ちょうどコメントがクロスカウンターしたみたいです。笑。

ほんとに美味しかったんですよお!
感動ものでした。
特にうちのダーリンはアイスクリーム大大大好き人間なので、かなり気に入ってました♪

ちなみにお腹は大丈夫でしたよ。
私のお腹は常に色気も無くばっちりがっちり保護されているので。笑。

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top