Home / 新潟歳時記 / 新潟県民はやめられない(岩牡蠣編)

Jul
23
2008

岩牡蠣とサザエ(この記事はシュクルが執筆したものです。)
先日、ダーリンの実家にお泊りに行ってきました。
泊まりに行くと、いつもダーリンパパ、ダーリンママと食卓を囲んでの楽しい食事とお酒とおしゃべりで、あっという間に夜が更けていきます。
今回も、ダーリンママがじゃがいもから手作りしたコロッケや、ダーリンパパ秘伝のタレを使ったタレかつ丼など、美味しいものがいっぱいでした。
今日は、その中で、新潟の夏グルメの代表、天然岩ガキを紹介したいと思います。

- スポンサードリンク -

牡蠣というと、一般には冬がシーズンですよね。
でも、新潟では夏になるとあちこちの料理屋さんや居酒屋さんで「岩ガキあります」の文字が躍ります。
七輪で焼きますそう、新潟では夏こそ地物の岩ガキのシーズンなのです。

食べ方は、生のままレモンや醤油をかけたりするのが一般的ですが、ダーリンの家では、七輪を庭に出して炭火で焼いて食べるという、実に贅沢な食べ方です。
殻ごと牡蠣を七輪にのせて焼いていると、香ばしい匂いが漂ってきて、食欲をそそります。
ほどよく焼けたころ、殻をあけてみると...

クリックすれば大きさがわかりますそこには、ぷりっぷり・つやっつやの牡蠣が!
巨大です!
大きいです!
さすが、天然岩ガキ!

これをかぷっと口に入れると、濃厚な海の香りと牡蠣のうまみが口一杯に広がって、ああしあわせ~.(*´―`)
日本海の恵みに感謝。思わず合掌するほどの美味しさでした。

ちなみに、お値段を聞いたところ、地元のスーパーで3個980円だったそうです!Σ('ロ'lll)。
こんな大きな牡蠣、都会のちょっとしたお店で食べたら1個2000円でもおかしくありません。
地元でこれだけ安くて美味しい牡蠣が食べられるのですから、やっぱり新潟県民はやめられないのです。

ワインにも日本酒にもビールにも合う、絶品の岩ガキ。
夏に新潟に来た折には、ぜひぜひ食べてみてください。

楽天市場で「岩牡蠣」を検索

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:4

こい 2008年7月24日 00:22

こんばんは。
私の苦手な牡蠣です。食わず嫌いではないのですが貝類全般苦手なもので・・・。どうも食感が苦手で味はいいのですが。
 
新潟って牡蠣有名なのですね!広島ってイメージが強くって。日本海の荒波?でいい感じなのかもですね。

シュクル 2008年7月25日 21:06

こいさん、こんばんは。

こいさんは、貝類が苦手なのですか。
アレルギーというわけではないのですね。
確かに、独特の食感がありますもんね。
味は大丈夫なら、貝のお味噌汁とかも美味しいですよね。

こいさんのおっしゃるとおり、牡蠣って広島のイメージ強いですよね。
しかも、冬の牡蠣鍋とかカキフライとか。
県外の人にはよく驚かれるんですけど、新潟は夏が牡蠣のベストシーズンなんですよ。
それにしても今回の岩牡蠣は、もしフライにしたら、コロッケだと思われるような巨大さでした。笑。

PUYOKO 2008年7月27日 09:27

牡蠣は大好物だけど、夏に食べるのって
ちょっと勇気がいるわね。
でも、岩ガキは夏が旬と言われると絶対食べちゃうわ。

七輪で炙って食べるなんて贅沢ね。

シュクル 2008年7月27日 16:23

PUYOKOさん、コメントありがとう♪

私も牡蠣は大好物!
夏になると、岩牡蠣の季節! と思って心躍ります。

ダーリンパパは、いろいろこだわりの人で、「牡蠣は七輪で焼いて食べるのが一番美味い」といつも言ってます。
七輪にもこだわっていて、お気に入りの七輪があるんです。
確かに美味しいです!

PUYOKOさんも夏に新潟にいらっしゃったら、ぜひぜひ岩牡蠣召し上がってみてください。

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top