Home / 新潟歳時記 / 黒埼茶豆は枝豆の王者

Aug
20
2008

湯上り娘(この記事はシュクルが執筆したものです。)
これまで何度か記事にしてきましたが、新潟の夏を語る上で欠かせない食べ物のひとつに枝豆があります。
実は新潟は、枝豆収穫量は全国一の枝豆王国です。
毎年6月下旬から10月中旬位まで40種類ほどの枝豆が県内各地で栽培されるそうです。
その中でも、新潟黒埼地区で栽培された黒埼茶豆は、枝豆の中でも別格。
新潟の枝豆の代表として、全国的にも有名ブランドになっています。

- スポンサードリンク -

黒埼産の枝豆は、一般に黒埼茶豆として知られていますが、「早生豆」「湯上り娘」「茶豆」「さかな豆」「ぴかり豆」「みかづき姫」など品種があり、初夏から秋まで楽しめます。
どの品種も、実がぷっくりたっぷりしていて、香りがよく甘みがあり、食べごたえ抜群です。
あ、ちなみに「黒埼(くろさき)」の「さき」は、やまへんの「崎」ではなくて、つちへんの「埼」(埼玉県の「埼」と同じ)です。
地元新潟の居酒屋でもよく間違って「黒崎」と書いてあるんですよね~。
憶えておいてくださいね。

黒埼PAでも売られています枝豆は、もともとは、たんぼのあぜ道で作っていたとか。
私の小さい頃、夏になるとよく知り合いの農家の人が枝豆を枝ごと持ってきてくれて、それを父母や妹と一緒に家の前でもいで、夕ごはんに食べました。
もぎたて、ゆでたてですから、美味しかったんですね。
私は別に枝豆好きではなかったので、新潟に住んでいる時はそのありがたみが全くわかっていませんでしたが。笑。
ていうか、夏はほぼ毎日枝豆がてんこ盛りで出てくるので、正直、食傷気味だったんですよね。
大学で他県に行ってコンパで出た枝豆を見て、こんな貧弱な枝豆がお店でお金とって出てくるのかと衝撃を受けた覚えがあります。

高校生までは、新潟なんて田舎くさいし寒いし、いいところなんて全然ない、早く出て行きたいと思っていました。
でも、新潟を出て初めて、いろいろな新潟の良さが身に染みてわかったのです。

枝豆もそれを気づかせてくれたもののひとつ。
今でも、セミの声と、夕方の風と、枝豆の匂いと、ざらざらした枝豆の感触は、私のなつかしい夏の思い出です。

楽天市場で「黒埼茶豆」を検索

黒埼茶豆の美味しい茹で方

1 枝豆を水洗いして塩で揉む。
2 たっぷりのお湯を沸騰させ、塩をひとつまみ入れて枝豆を5~7分くらい茹でる。
3 茹で上がった枝豆をザルにあげて水を切り、熱いうちに塩をまぶす。
4 うちわや扇風機などで冷やす。水で冷やすと味が落ちるので、気をつけて。
5 茹で立ての熱いのも美味しいですよ!
【関連記事】 黒埼PAは隠れた新潟名物の宝庫
【関連記事】 常識破り!新潟名物・黒埼茶豆の美味しい茹で方

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:4

こい 2008年8月20日 21:13

こんばんは。
枝豆は大好きです!!新潟が枝豆有名とは知りませんでした。
旬は今でしょうか?来月には新潟の友人が遊びに来るので買ってきてとお願いしてみます!

シュクル 2008年8月20日 23:58

こいさん、こんばんは。
枝豆お好きなんですね。
新潟の枝豆は美味しいですよ!
品種によっては9月が旬のものもありますから、新潟のお友達にお願いするといいですよ。
感想、聞かせてくださいね♪

PUYOKO 2008年8月21日 21:38

シュクルさん

茶豆は新潟のいとこが送ってくれたわ。
コクが違うわよね。味に深みがあるのよね。
枝豆って美味しいし、ヘルシーだし
夏のおやつにぴったり!

シュクル 2008年8月21日 22:10

PUYOKOさん、こんばんは。
PUYOKOさんも以前、新潟の枝豆を記事に書いてましたよね。
とっても嬉しかったですよ~!
枝豆はほんとにヘルシーだし、美味しいし、ぱくぱく食べちゃいますよね。
いとこさんが送ってくださるなら、東京でもダーリンと一緒に味わえますね♪

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top