Home / 新潟歳時記 / 2008年版新潟ラーメン10傑

Dec
31
2008

2008年版新潟ラーメン10傑今年も1年ありがとうございました。
2008年最後の記事は、新潟ラーメン特集です。
私たちが2008年に食べたラーメンの中から、これは美味しいと思ったメニューを10個ほどピックアップしました。
空腹度合いや気分を変えて、2回くらい食べてみないと正当な評価は出来ないだろうという観点から、1度しか訪れたことのない店は、評価の対象から外しています。
また、評価はあくまで個人的な好みに基づくものなので、その辺は了承ください。

- スポンサードリンク -

ちゃーしゅうや武蔵「ちゃーしゅうめん」

ちゃーしゅうや武蔵「ちゃーしゅうめん」今のところ、私が新潟で一番好きなラーメンです。
ちゃーしゅうや武蔵は、麺がつるつると美味しく、この麺を食べるだけでも訪れる価値があります。
スープは魚介の香りが強い醤油味なので、好き嫌いがあるかもしれません。
チャーシューはとろっと柔らかく、ボリュームもあって大満足です。
何回訪れても一瞬で完食してしまい、また来ようと思わせてくれます。
値段が830円と少々高めなのと、スープなくなり次第終了のため、仕事帰りに寄れないところが玉に瑕でしょうか。

だるまや「だるまラーメン」

だるまや「だるまラーメン」新潟では有名な超人気店です。
見た目は吉相や万人家と同じタイプのラーメンですが、スープに魚介のダシを使っているのがポイントで、味はかなり違います。
また、吉相と同様かなり濃い目の味付けだと思うのですが、もやしと一緒に白髪ネギがトッピングされているので、これがアクセントになって、意外と最後まで美味しく食べられるが吉相との最大の違いです。
「だるまやのラーメンを食べると腹が痛くなる」というのはけっこうあちこちで聞く話なのですが、それでもいいから食べたくなるというアンビバレンツな一杯です。笑。

オーモリラーメン「ワンタンメン」

オーモリラーメン「ワンタンメン」上越方面では、おそらく知らない人はいないだろうという老舗ラーメン店。
豚骨ベースの醤油スープですが、今時の醤油豚骨とは違って、かなりオーソドックスな優しい味です。
チャーシューも、流行のとろとろしたものではなく、しっかりと歯ごたえのある昔風の焼豚。
麺は自家製麺で、かなりおいしいと思います。
ワンタンメンのワンタンも、風味と食感がとても良く、ラーメンだとやや物足りないボリューム的にも丁度良い感じになるので、個人的にはジャストフィットです。
上越に訪れた時しか食べられないのが残念です。

らーめん侍元「ちゃっちゃ麺」

らーめん侍元「ちゃっちゃ麺」らーめん侍元はかなり個性的なラーメンなので、地元でも賛否両論ありますが、ちゃっちゃ麺を食べてる限りは美味しいと思います。
特筆すべきはボリュームで、とにかくチャーシューの厚さがハンパないので、何も知らずにちゃーしゅー麺などオーダーしてしまうと、大変なことになります(ていうか自殺行為)。
ちゃっちゃ麺は、刻んだタマネギが大量にのっていて、これがしつこさを緩和してくれるので、最後まで美味しくいただけます。
お腹が空いている時にがっつり食べたい気分なら、おすすめの店です。

万人家「ちゃーしゅうめん」

万人家「ちゃーしゅうめん」我が家の定番ですが、やはり何度行っても美味しいです。
麺もスープもチャーシューもそれぞれ美味しく、丼のへりに並べられたチャーシューも絵的に食欲をそそります。
しゃきしゃきのもやしと葱のトッピングも、うまく全体とのバランスがとれています。
同タイプのラーメンで人気の吉相と比較しても、万人家の方が美味しいと個人的には思います。

さんぽう亭「冷やし坦々麺」

さんぽう亭「冷やし坦々麺」こちらも我が家の定番で、今年も3回食べました。
毎年、夏になると新たな冷やし中華を開拓しようと思うのですが、結局、さんぽうの冷やし坦々麺に足が向かうので、ちっとも開拓が進みません。笑。
麺はいたって普通ですが、スープに依存症があります。
一口目は辛くてちょっとむせるくらいなんですが、不思議と手が止まらず、いつも最後まで飲み干してしまいます。
来年もまた冷やし中華の開拓は進まないでしょう。笑。
夜10時以降でも営業している点も高評価です。

味濱家「岩のりラーメン」

味濱家「岩のりラーメン」いわゆる横浜家系の、豚骨醤油ラーメンです。
味濱家はメニューも豊富で、トッピングやセレクトも自在なので、オーダーする時にいつも悩むのですが、最近は岩のりラーメンで定着しつつあります。
岩のりのトッピングは、けっこうスープを選ぶので、下手にトッピングして失敗したと思うことも多いのですが、味濱家のスープは岩のりとの相性が抜群だと思います。
夜10時以降でも営業している点も高評価です。

昔食堂なおじ「なおじろう」

昔食堂なおじ「なおじろう」東京の有名店「ラーメン二郎」をリスペクトしたラーメンで、背脂こってりラーメンの上に、キャベツともやしがどっさりトッピングされた驚愕のメニューです。
とりあえずひたすらキャベツともやしを食べ続け、それからようやくラーメンにご対面となるわけですが、おそらくこれこそがこのラーメンの醍醐味なのでしょう。
麺は割り箸の先くらいもある太麺で、もちもちとした食感が美味しいです。
ニンニクの効いたスープも、野菜や麺との相性が抜群でした。
正直、ラーメンを食べたというより野菜炒めを食べている感覚なのですが、それはそれで病み付きになる一杯です。
夜10時以降でも営業している点も高評価です。

麺職夷霧来「琥珀中華そば」

麺職夷霧来「琥珀中華そば」うちの妻のお気に入りで、個人的にはナンバー1だそうです。
ここの特長は、スープの美味しさ。
「琥珀」という名の通り透き通ったスープで、かといって決してあっさりしているわけではなく、滋味あふれる濃厚な味です。
具はいたってシンプルで、チャーシュー、しなちく、ほうれんそう、ネギですが、それぞれ強い主張がない分、琥珀スープが引き立ちます。
ここにバターをトッピングすると完璧だそうです(私はバターが苦手なのでだめですが)。
夜10時以降でも営業している点も高評価です。

さんぽう亭「野菜たっぷり味噌らーめん」

さんぽう亭「野菜たっぷり味噌らーめん」さんぽう亭は、こだわりのラーメン店というより、家族むけの中華料理店というイメージです。
そのためか、いわゆるラーメン通の人からは、イマイチ評価が低いようですが、実はどのメニューもかなりレベルが高いと思います。
新潟には、東横など味噌ラーメンの有名店もあり、もちろん我々も行きましたが、妻は「東横はもう行かなくてもいいけど、さんぽうの味噌ラーメンはいつでも食べたい」と言ってます。
たっぷりの野菜に、甘めの和風味噌のスープ、柔らかな太麺が、何も文句のつけようのない完全なマッチング。
「ここにこだわってます!」という自己主張のない、いつ食べても心と体に優しいラーメンです。

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top