Home / 東京旅行記 / 自由が丘スイーツフォレスト

Jul
15
2009

自由が丘スイーツフォレスト2008年11月3日14:30
(この記事はシュクルが執筆したものです。)
東京に住んでいる時からずっと、行きたい!と熱望していた場所。
それが、自由が丘スイーツフォレストです。
スーパーパティシエたちの作品が並ぶ、お菓子のテーマパーク。
東京にいた時には、なかなかチャンスが無く、結局行かないままになっていました。
今回の東京遠征では、絶対に行こう!と固く決意していたのです。
♪そこに行けば~、どんな夢も~、かなうというよ~
そう、そこは夢の国...のはず...。

- スポンサードリンク -

自由が丘スイーツフォレストは、東急東横線・大井町線の自由が丘駅から徒歩数分のところにあります。
商店街を抜けて道路を渡ったあたり。
「ラ・クール自由が丘」というビルにあります。
私の妄想の中では、遠くからでも一目でわかる可愛らしい建物に、スイーツショップがぎっしり!っていうイメージだったのですが、普通のファッション雑貨系ビルなのにびっくり。
あれえ...。
まあ、たしかに看板も出てるし、ここに間違いないよね。
中に入ってみると、狭い!暗い!暑い!
えええ...。
ぐるっとショップをまわりますが、あっという間に一周。
一応、1階~3階まであるのですが、それでも、あっという間。
これだけ...?
う~ん...。
狭いエリアに人がいっぱいで、席を探すのも一苦労ですが、なんとか席を確保し、スイーツ選びに入ります。
確かに、一軒一軒のショップにあるケーキはすごく美味しそうなのですが、とにかく狭い・暗い・暑いの三重苦で、ゆっくり選ぶ気が起きません。
しかも、各ショップの前には、選ぶ気力を根こそぎ持っていくような大行列。
ちょっとショーケースを見て、美味しそうなスイーツを選んだりすることはできないのね...。
この惨状に、暑いのも人ごみも嫌いなダーリンは、「俺、外にいるから」と出て行く始末。

しかし、せっかく来たのですから、私はそんな三重苦に負けてなんかいられません!
エモ・カフェのフォレストボックス悩んだ末、「エモ・カフェのフォレストボックス」に決めました。
フォレストボックスは、一日限定20個、スイーツフォレスト限定、お値段も一個800円という高級品。
ここでの人気投票でも2位、「プリンセス・オブ・自由が丘スイーツ」の準グランプリになっています。
これは、期待大!
見た目からしてボリューミーなので、もうひとつは軽めに、苺のタルトをチョイス。
おおう、おいしそう!ヘ(^∇^ヘ)
まず、準プリンセスの方から、いただきまーす!
......
......
う~ん...
あんまりおいしくない...(´・ω・`)
大好きなチョコレートのムースなんだけど、なんか、ゼラチンたっぷりって感じで固いし、中に入ってる白いムースも固くて微妙...。
それで量も多いから、完食するのがつらい...。
がっくし...。
お口直しの苺のタルト それでも何とか完食し、苺のタルトはお口直し。
こちらは、十分美味しかったのですが、言ってみればマイナスでもなくプラスでもなくといったところで、ムースのダメージ回復まではいきませんでした。
苺のタルトはあまり外れもない分、よほどカスタードが美味しいとか苺が美味しいとか際立った特徴がないと、ポイントも上がらないタイプのスイーツですから、仕方ないといえばそうですが...。
結局、来る前の期待の高さに反して、今回で一番がっかりな場所になってしまいました。
・゚・(つД`)・゚・

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:4

放蕩息子 2009年7月16日 08:30

好みの触覚には見合わなかったというところでしょうか。
また新しいのを見つけたら報告しますよ。

PUYOKO 2009年7月16日 12:14

シュクルさん

あらぁ~残念だったわね。
自由が丘スイーツフォレストって、PUYOKOの家から
そう遠くはないのに、1回も行ったことないのよ。
今日の記事で行く必要なさそうねって思ったわ(笑)

そもそも、甘いものは大好きなんだけど
ケーキを1度に2個とか食べちゃうと気持ち悪くなっちゃうし。

シュクル 2009年7月16日 21:21

放蕩息子さん、そうなのよお!

妄想がふくらみすぎちゃったのかもしれないんだけど、
ものすごく
(´・ω・`)しょぼーん…

ららぽーとの方が楽しいな。笑。

シュクル 2009年7月16日 21:28

PUYOKOさん、コメントありがとう!

PUYOKOさんのお宅は自由が丘の近くなんですね。
「自由が丘」という東京のおしゃれな場所っていうイメージと、スイーツのテーマパークという夢のような場所のイメージが組み合わさって、私の脳中でものすごく美化されてたんですね。
ただの、田舎者の妄想ですね。笑。

たぶん、タイミングやチョイスがうまくいけば、もっと感動したとは思うのですが…。
私とダーリンには、広々とした新潟の亀ジャスでスイーツめぐりするのがちょうどいいみたいです。笑。

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top