Home / 旅行のための節約レシピ / 一週間新米生活

Nov
18
2009

一週間新米生活このところ、パリに行ったり新幹線様に乗ったり、すっかり財布の紐が緩んでしまっている私たち(ていうか妻)。
しかし、そんな私たちに心強い補給物資が。
パリからの帰国後、お土産を持って実家に帰った際、お待ちかねの新米コシヒカリをもらったのです。
この間の記事にも書きましたが、やっぱり新米の味は格別です。
それなら、いっそ新米だけで一週間を乗り切ってみたらいいんじゃね?
まあ、それだとさすがに貧しすぎるから、新米にベストマッチの食材でも探してみようか。
そんな思いつきで始まった今回の企画。
今回は、この「一週間新米生活」のレポートです。

- スポンサードリンク -

新米×イクラ

新米×イクラ初日のメニューは、実家からもらったイクラを乗せてイクラ丼です。
いきなり大ボスって感じですが、新潟県民にとってみると、イクラご飯とかそんなに珍しいものではありません。
正月明けのお昼ご飯なんかは、食べるものがないのでイクラご飯とか普通ですし。
まあ、イクラの甘みとお米の甘みがよくマッチして、美味でした。
食費はスーパーで買ったきざみ海苔の150円のみ。

新米×生卵

新米×生卵2日目のメニューは、最近はまっている生卵ごはん
新米に鰹節を半パックと生卵1個、あとは醤油を適量に、隠し味にゴマ油をちょっとだけかけます。
あとは食べる時に生卵を崩してかっこむだけ。
茶碗一杯があっという間です。
食費は生卵だけなので20円くらいかな。
あ、おかわり必須なので、40円かも。笑。

新米×のりの佃煮

新米×のりの佃煮3日目のメニューは、のりの佃煮ごはん
いわゆる「ごはんですよ」ですが、せっかくなので新潟県産のちょっと高級そうなものをチョイス。
いわゆる地産地消です。
もちろん美味しくて、ぺろっとご飯がなくなりますが、これは新米である必要をあんまり感じませんね。
むしろ古米や冷凍ご飯の友と言えるでしょう。
食費は1瓶450円でしたが、残り具合を見ると、あと100杯は行けそうです。笑。

新米×梅干

新米×梅干4日目のメニューは、梅干ごはん
これぞ清貧、日本人の定番。
まさしく「日本昔ばなし」のようです。笑。
梅干はうちの母が漬け込んだ自家製。
紀州梅のような甘い梅干ではなく、昔ながらの酸っぱい梅干で、新米の甘みが引き立ちます。
そんなわけで、この日の食費は0円。

新米×明太子×辛子高菜

新米×明太子×辛子高菜5日目のメニューは、大本命の明太子ごはん
さらに、辛子高菜も合わせて、磐石の構えです。
もちろん、この博多風コラボレーションがご飯に合わないわけがありません。
おかわり、おかわりと、二人で食べまくり、2合炊いたご飯の方が先になくなってしまいました。
食費は明太子が2腹398円、辛子高菜が150円。
ちょっと割高感はありますが、それに見合うだけの破壊力ある組み合わせ。
新米の美味しさも引き立ちます。
おそらくぶっちぎりで圧勝するだろうと思っていたのですが...。

新米×納豆

新米×納豆6日目のメニューは、納豆ごはん
これまた定番、日本の米です。
納豆と言えば水戸納豆ですが、今回は新潟県産大豆使用の納豆で食べてみました。
もちろん、薬味にネギを刻んで。
「知らないのか、納豆に、ネギを刻むと美味いんだ!」と、シスターストロベリーが言っていましたから。笑。
まあ、美味しいですけど、これは新米じゃなくてもいいかな。
食費は納豆とネギで80円くらい。

新米×鮭ほぐし

新米×鮭ほぐし7日目のメニューは、鮭ごはん
以前、新潟土産の記事で紹介した加島屋の鮭茶漬けを、お茶漬けではなく、そのままご飯にのせていただきます。
しかも、鮭は大さじですくって、がばっと。
贅沢の極みですな。
加島屋独特の上品な味が新米にぴったりで、やみつきになりますね。
ただ、加島屋の鮭茶漬けは高級食材なので、食費は1260円と奮発しました。

新米×なめたけ

新米×なめたけ当初は1週間くらいでさすがに飽きるだろうと思っていたのですが、次から次へとごはんの友のアイディアが湧いてきて、しかもどれも絶妙に美味しいので、もうしばらく企画続行することに決定。
8日目のメニューは、なめ茸ごはん
これも言うまでもなく美味しいのですが、のりの佃煮と同じタイプですね。
新米にはちょっともったいないかな。
古米や冷凍ご飯のお供にいいでしょう。
食費はなめたけ1瓶88円ですが、これもあと20食は軽く食べられそうです。

新米×ねぎみそ

新米×ねぎみそ9日目のメニューは、ネギ味噌ごはん
みじん切りのネギと、米沢で買ってきたかねたん辛子味噌をぐるぐる混ぜてご飯にのせます。
これが、最強タッグ誕生の瞬間!
辛子味噌の甘辛さと、ネギのツンとした風味が、新米の甘さを抜群に引き立てます。
この日もがぶがぶと食べて、2合のご飯があっという間になくなってしまいました。
残ったネギ味噌はおにぎりの具にして、翌日、うどんと一緒に食べましたが、これまた最強のコラボ。
初音ミクもびっくりのネギのポテンシャル。
ネギは振るものではなく、刻むものですヾ(゚△゚@)
食費はネギを刻んだだけなので30円くらいですが、かねたん味噌が残りわずかなので、また米沢に行ってきますε=ε=ε=(((((  ゚ー゚)っ

新米×イカの塩辛

新米×イカの塩辛最終日のメニューは、妻の要望でイカの塩辛ごはん
私が苦手なので、普段はほとんど食卓に上ることのないイカの塩辛ですが、今回は特別です。
妻は幼少時、親戚に「何が好き?」と聞かれて「いかのしおから」と答えていた女。
もともと幸せそうな顔ですが、それがさらに至福の表情を浮かべているということは、そうとう美味いんでしょう。
最後の食費は158円にて、新米生活終了です。

新米生活を終えて

そんなわけで、1週間のつもりが10日も続いてしまった新米生活。
どれもこれも美味しくて、どれが一番とは決められませんでしたが、財布の方はずいぶん助かりました。
パリ旅行7日間の昼食・夕食に44,387円も費やしたことを考えると(笑)、この10日間の食費はその10分の1以下。
しかも、節約したはずなのに心は満たされているという不可思議。
これもみな新米のポテンシャルがなせる業でしょう。
やっぱり、日本人でよかった!

おとなのねこまんま ~ あったかごはんを極うまに食べる136
おとなのねこまんま ねこまんま地位向上委員会
おすすめ平均
stars意外と馬鹿にならない
starsおいしいです
starsラクだし、美味しいし
stars簡単でおいしく
stars実家の目立つところにおいてきました(笑)
Amazonで詳しく見る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top