Home / Archives / 2009年12月

Dec
19
2009

エツミ・ベリーM(レッド)今やデジタル一眼レフカメラは旅行の定番アイテム。
ゆめのりょけんの旅行記でも、デジタル一眼レフはもはや欠くことのできない旅の相棒です。
しかし、デジタル一眼レフと一緒に旅行する機会が増えるにつれ、その持ち運びに不便を感じることも多くなってきました。
また、デジタル一眼レフカメラの女性ユーザーが増えたことで、最近はおしゃれなカメラバッグも増えています。
そんなことを考えていた折に見つけたのが、エツミ・カメラバッグ・ベリーM
さっそく購入してみたので、使用感などをレポートしていきます。

» 続きを読む

Dec
16
2009

兼六園・徽軫灯籠金沢観光の最後は兼六園。
加賀藩主前田家の庭園として作られた兼六園は、岡山後楽園、水戸偕楽園と並ぶ日本三名園の一つで、金沢観光の顔とも言えるスポットです。
兼六園の名は、「宏大」「幽邃」「人力」「蒼古」「水泉」「眺望」という六つの優れた景観・六勝を兼ね備えた庭という意味です。
宋の書物『洛陽名園記』によれば、「宏大と幽邃」「人力と蒼古」「水泉と眺望」は相反する景観であり、それらを調和させることは非常に難しいこととされていました。
せっかく兼六園に訪れたからには、こうした六つの景観をしっかり確認しようと思っていたのですが...。

» 続きを読む

Dec
12
2009

金沢城・橋爪門続櫓午後の金沢観光は金沢城公園です。
加賀藩前田家の居城として名高い金沢城は、日本の城によくあるように、明治に入って陸軍の管轄となり、戦後は金沢大学のキャンパスとして使われてきました。
しかし、1995年の金沢大学移転と、2002年大河ドラマ「利家とまつ」の放映に伴って、大規模な復元整備が行われたことにより、次第に往時の姿を取り戻し、2006年には日本の100名城にも選定されています。
前回金沢を訪れた時は、その復元工事中で見学できなかったので、今回は新しく生まれ変わった金沢城を楽しみにしていました。

» 続きを読む

Dec
09
2009

いきなり心が折れるくらい雪が降ってます一夜明けて。
この日は金沢まで足を延ばします。
金沢は我々にとって因縁の地。
数年前、このメンバーで金沢に行ったことがあるのですが、その時は計画不足とカーナビの指示に振り回され、ほとんど車内で過ごして帰ってきたという経緯があります。
今回は、それなりにちゃんと下調べしておいたので、前回の二の轍は踏まないはず...。
が、窓の外は一面の雪景色。な、なんだってー!
いや、それもいい。新雪に化粧した金沢というのも風雅なたたずまいに違いありません。

» 続きを読む

Dec
07
2009

宇奈月温泉ゆめのりょけんの旅行記は比較的好天に恵まれることが多いのですが、今回の北陸旅行はあいにくの雨。
そんなわけで、高岡で瑞龍寺の拝観を済ませた後は、早々に今回の宿泊地である宇奈月温泉・ホテル黒部へ移動です。
黒部峡谷の玄関口にある宇奈月温泉は、無色透明のアルカリ性単純泉で、日本有数の透明度を誇る美人の湯だそうです。
男7人旅ですから美人の湯というのは置いといて、湯あたりしにくい単純泉というのは忘年会にはもってこいですね。

» 続きを読む

Dec
05
2009

年忘れ北陸だらだらミニ旅行記12月に入って、いよいよ2009年も残りわずか。
そろそろ仕事先や仲間内の忘年会も始まって、忙しい週末を過ごしているのではないでしょうか。
ところで、私の仲間内の忘年会は、温泉に一泊してだらだら過ごすというのが恒例になっています。
だいたいは近場の温泉で一泊するのですが、昨年は富山→金沢と足を延ばし、ちょっとした北陸旅行になりました。
まあ、だらだら旅行ですから敢えて旅行記にするほどの山場があるわけでもないのですが、せっかくのブログのネタを反故にしてしまうのも惜しいということで、北陸ミニ旅行記としてまとめておこうと思います。

» 続きを読む

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド

back to top