Home / 旅の相棒 / パリ旅行の便利な持ち物(宿泊編)

Mar
10
2010

パリ旅行の便利な持ち物(宿泊編)ここで、第2次パリ遠征の頼りになるアイテム紹介その2です。
海外旅行のホテルは、まさしくドラクエにおける宿屋。
観光に歩き回って疲れた体を回復し、次なる戦いへの鋭気を養う大切な場所です。
しかし、サービス満点の日本のホテル・旅館に慣れていると、海外旅行では意外なところで不便な思いをすることも少なくありません。
そこで、今回はパリでの宿泊に便利なおすすめグッズをまとめてみました。
サーチライトとシュクルが厳選に厳選を重ねた宿泊7道具、ぜひ参考にどうぞ。

- スポンサードリンク -

ワールドパワータップ

ワールドパワータップRW47Gコンセントの形状が違う海外では、コンセント変換プラグは必需品。
コンセント変換プラグといえば、ゴーコンやエレプラグですが、これだけではコンセントが一つしか使えず、結構不便だったりします。
そこでおすすめは、ロードウォーリアのワールドパワータップ。
コンセントの形状はヨーロッパ標準のCタイプで、パリなら変換プラグがなくてもそのままコンセントに接続できます。
側面には受け口が3つあるので、一度に複数のバッテリーを充電したり、充電をしながら他の電化製品を使うこともできます。
今回のホテルでは、一番活躍したアイテムと言って間違いないでしょう。
【関連記事】 変圧器は海外旅行の必需品か

海外電圧対応ドライヤー

CREATE ION イオフィール・スーパーモイスト・ミニED801Wこれまでに何度か紹介しているクレイツのイオンドライヤー。
ついにその本領を発揮する時が来ました。
重くてかさばる変圧器を持っていかなくてもいいように、旅行向け電気製品は海外電圧に対応するものを選ぶようにしているのですが、そのきっかけになったのがクレイツのドライヤー。
海外のホテルはドライヤーがないところもありますし、あっても固定式だったり、うまく温度が上がらなかったりして、思うように使えなかったりします。
クレイツ・イオフィール・スーパーモイスト・ミニは、コンパクトなサイズで髪もつやつやになるので、やっぱり海外旅行には最適でした。
【関連記事】 海外旅行に最適なイオンドライヤー

電気ポット

マルチボルテージトラベルポット今回の旅行に備えて、カシムラのワールドポットを買ったのですが、部屋でお湯を沸かせるというのが、こんなに便利だとは思いませんでした。
お茶でも飲みながらゆっくりするのはもちろん、最悪の場合は部屋でお湯を沸かしてカップラーメンという選択肢があると、観光にものすごくゆとりが生まれるのです。
詳細は改めて紹介するつもりですが、今回は電気ポットと非常食にはホントにお世話になりました。
私たちのようなケチケチ・トラベラーには必需品ですよ。
【関連記事】 変圧器不要の海外旅行用電気ポット

トラベルクロック

CASIOアナログトラベルクロックTQ-175J-1海外のホテルに限らず、日本の温泉旅館もそうなのですが、意外と客室に時計がないんですよね。
きっと、日本の場合は「時間を気にせずゆっくりしていってね!」という心遣いなんでしょうが、やっぱりパッと見たときに確認できる時計がないと不便です。
携帯の時計は、いちいち探したり開いたりが煩わしいですしね。
そんなわけで、旅行にはアラーム付きのトラベルクロックを持っていくと、これが予想以上に重宝します。

入浴剤

ベルサイユのばらアンドレ入浴料海外旅行で大切なのは、疲労をいかに早く回復するか。
前日の観光の疲れが翌日も残っているようでは失格です。
しかし、海外のホテルの場合、日本の温泉と違って、湯船にゆっくり浸かって疲れをとるというわけにはいきません。
そんな過酷な状況で威力を発揮するのが、入浴剤です。
海外のせまいバスタブでも、お湯をはって入浴剤を入れればかなりリラックスできますし、体をひたすことが出来なくても、足湯をするだけで、むくんでパンパンの足も楽になりますよ。
海外ではバスタブの栓がないところも多いようなので、栓の代わりにできるビニール袋やゴルフボールなどを忘れずに。
【関連記事】 ベルばら入浴剤で旅の疲れを癒す

スリッパ

milesto リバティプリントルームシューズパリ旅行の便利な持ち物(機内編)でも紹介しましたが、ホテルでも大活躍するのがスリッパです。
海外のホテルでは、部屋にスリッパは無いのが普通。
基本的には部屋でも土足のままですから、無くて当然なのでしょうが、靴を脱いでくつろぐことに慣れている日本人にはなかなか辛いものです。
また、お風呂上りや朝の洗顔など、いちいち靴を履くのが面倒な時も、スリッパがあると重宝します。
スリッパに限らず、基本的にシャンプーや歯ブラシなどのアメニティ関係は、あまり期待せずに用意していった方が無難でしょう。
【関連記事】 パリ旅行の便利な持ち物(機内編)

トラベル洗濯セット

トラベル洗濯用品旅行の荷物を減らす手段のひとつに、替えの下着類を減らすという方法があります。
その日使用した下着類は、その日のうちに洗濯して干してしまえば、替えのものをたくさん持っていく必要がなくなります。
そこで、ハンガー、洗濯ばさみ、粉末洗剤を持っていくと便利。
針金ハンガーなどは全くかさばらないので、数本持っていくのがおすすめです。
ホテルの部屋は乾燥しているので、洗濯物も早く乾きますし、濡れた洗濯物を干すことで乾燥対策にもなって、一石二鳥です。

パリ旅行の便利な持ち物ガイド

パリ旅行の便利な持ち物(機内編)
パリ旅行の便利な持ち物(宿泊編)←今ここ
パリ旅行の便利な持ち物(観光編)
魔界攻略!パリのおすすめガイドブック

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:2

クラ 2015年9月 4日 21:32

 ブログみました。なるほど日本国内の旅行ではあまり気にしない宿の持ち物 フランスだと意外に必要な物おおいですね、プラグの変換器は必要と思いましたが安いホテルならポットはなかったり、また、国内では携帯電話で時間をみたりアラーム鳴らしてましたけど、海外対応でなければ使用不可 目覚まし時計も必需品になりますね 参考になります。

サーチライト 2015年9月14日 23:14

クラさん、コメントありがとうございます。
返信が遅くなって申し訳ありません。
この持ち物リストは、なにぶん前スマホ時代のものなので、久しぶりに見てみるとちょっと古いかもしれませんね。
今年あたり、少し見直してみたいと思っています。

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top