Home / 新潟歳時記 / 実家でささやかな退職祝い

May
19
2010

実家でささやかな退職祝いダーリンパパが、今年の3月で無事定年退職を迎えました。
長年の間、家族のため、会社のため、社会のため、そして義父自身もプライドを持ちながら仕事を続けてきたことは、言葉には言い尽くせないほどの重みがあります。
その間、決して平坦だったわけではなく、様々な苦労やトラブル、苦しみもあったことと思います。
本当に、ご苦労さまでした。
そこで、ダーリンパパのささやかな退職祝いをしようと思い、3月の連休にダーリンの実家に行ってきました。

- スポンサードリンク -

菓子工房・風花のデコレーションケーキ

菓子工房・風花のデコレーションケーキお祝いといえば、やっぱりケーキ。
私は時々ケーキを作るので、手作りしようかとも思ったのですが、ダーリンいわく、「うちの父はイチゴのショートケーキが一番好きだから、そういうのがいいよ」とのこと。
苺のショートケーキは、最もポピュラーなケーキですが、実は素人にとっては難易度が高く、失敗率の高いケーキです。
生クリームのデコレーションは、持って行くのも苦労するし。
じゃあ、手作りはやめて、美味しいケーキ屋さんで注文しよう!
ということで、以前このブログでも紹介した菓子工房風花さんに注文することにしました。
電話でお願いして、お祝いのケーキということを伝えると、「ロウソクは何本ですか?」と聞かれ、うーん、60本とかいうのも変だし...と思い、「退職祝いなのでロウソクはけっこうです」と答え、「退職おめでとう」というメッセージだけお願いしました。
お値段は、3,200円。
ショートケーキ6個分だそうですが、ここのショートケーキはかなり大きめでボリュームたっぷりサイズですよ。
これよりもう一回り小さいサイズもあるとのことですが、大きい方にしました。
夕方取りに行くと、今日もお店は満員御礼状態。
ショーケースの中のケーキも、ほぼ売り切れ状態。
相変わらず人気のようです。
無事受け取って、ダーリンの実家に向かいました。

胡蝶蘭の鉢植え

胡蝶蘭の鉢植えもうひとつの退職祝いが、胡蝶蘭の鉢植えです。
こちらも、何にしようか悩んだのですが、誕生日やバレンタインデーにプレゼントできるものじゃなくて、こういう時だけの特別なものがいいと思って、胡蝶蘭に決めました。
男の人にお花というのもあまりプレゼントするチャンスがありませんし、ダーリンパパは写真が趣味で、毎年、花の写真のカレンダーを自作するほどの人。
家にも庭にもいつもお花があるので、こういう贈り物もいいのではないかと思ったわけです。

家族でお祝い

中には苺がぎっしりダーリンの実家について、まずは楽しい夕食。
いつも通り美味しい夕食をたっぷり食べたあと、二階の洋間に移動してコーヒータイム。
そこでケーキを出して退職のお祝いです。
ダーリンパパが、「ロウソクがあった方がいいな」と言って、家にあったケーキ用ロウソクを出してきました。
1本しかなくて、ちょっと寂しいみたいです。
そっか、やっぱりロウソクつけてもらえば良かった。
60本は無理でも、6本くらい。笑。
胡蝶蘭と一緒に記念撮影の後は、いただきまーす!
一見ただの生クリームとイチゴだけのシンプルなケーキは、切ってみると......
おおっ!Σ(ノ°▽°)ノ
中は層になっていて、中にも苺がぎっしり。
なるほど、こうなっているのね~。
風花さんの苺は、新潟の誇るブランド苺越後姫を使ってます。
お店の隣にある庭で作っているものを使ったりしているので、見た目に苺がいびつなのは、そのためかな?
さすが越後姫、香りが新鮮で味も抜群!
生クリーム、スポンジ、苺、すべてが文句なし!
ハイクオリティ。激うま。
これは、一人で1ホールいけるね、うん。
ダーリンパパもダーリンママも、とっても喜んでくれました。
こうして、家族でお祝いするのって、ほんとに楽しいですね♪

【関連記事】 勤労感謝の日光家族旅行記 - ゆめのりょけん

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top