Home / フランス旅行記 / 雨のサン・ルイ島を散策してみた

Sep
22
2010

サン・ルイ橋から見たパリの景色ノートルダム大聖堂を後にした我々は、サン・ルイ島に向かいます。
サン・ルイ島は、シテ島と並んでセーヌ川に浮かぶ中州。
シテ島には、ノートルダム大聖堂やコンシェルジュリー、サントシャペルなどの観光スポットがあるため、観光客でいっぱいですが、お隣のサン・ルイ島は、そういう観光名所がないので落ち着いた雰囲気です。
そもそもサン・ルイ島は、パリの高級住宅地なのだとか。
そんなパリの雰囲気も味わってみようと、シテ島からサン・ルイ橋(Pont St-Louis)をてくてく渡って行ってみました。

- スポンサードリンク -

パリのイメージそのままの街並み

雰囲気があって街歩きの穴場ですサン・ルイ島に渡って歩いていると、まるでフランス映画の中にいるみたいに感じます。
小雨に煙る橋、傘もささずに歩くパリジャンやパリジェンヌ、細い通りに並ぶ石造りの建物、パリらしいお店の数々...。
シャンゼリゼのようなきらびやかさはなく、まさに、日本人がイメージする「おしゃれなパリの日常」感がたっぷりです。
ここは結構、散策の穴場かも。

おしゃれなお店がいっぱい

住宅街だけあって、小さい個人商店が並んでいます。
パン屋さんやお花屋さんなど、どのお店もパリっぽくて、おしゃれ。
こういうところをぶらぶらしながら、ブーランジェリーでパンを買って食べるのもいいですね。
気分はパリっ子。
う~ん、ここは半日くらい何の予定も入れずにぶらぶらしたかった。
...ていうか、パリってそういうところがいっぱいで困るんですけどね。笑。

普通の花屋ですけどおしゃれに見えますこれぞパリこれはアイス屋さんかな?かわいい猫の雑貨

食べ物屋さんがおもしろい

いろいろなお店の中で、おもしろいのが食べ物系のお店。
チーズ屋があるのも、いかにもパリの街。
果物屋では、オレンジをその場で絞ってビン詰めにしてくれます。
これ、いいなあ。
それから、葡萄のディスプレイがおもしろかった。
日本だと、パックに入って売ってますけど、こういう風に売られてると思わず一粒つまんで食べたくなっちゃいます。
ちなみにパリでは、売り物を味見してもいいらしいですよ。
ちょっとその勇気はなかったですけどね。笑。

チーズがいっぱい肉は塊が基本オレンジ絞り器吊るされたブドウ

サン・ルイ・アン・リル教会

時計が目印のサン・ルイ・アン・リル教会さて、ぶらぶら散策をしつつ、サン・ルイ島の目的地、サン・ルイ・アン・リル教会に着きました。
メインストリートのサン・ルイ・アン・リル通りにある教会ですが、メインストリートといっても細い通りで、ノートルダムみたいに、ででーんとあるわけではないので、わかりにくいです。
目印は、細い尖塔と時計。
上を見ながら探すとみつかります。

白と金で統一された教会の中サン・ルイ・アン・リル教会は、ヴェルサイユ宮殿を造った建築家フランソワ・ル・ヴォーの手によって、17世紀に建てられました。
外観は通りの他の建物に埋もれて全然目立たないのですが、中に入ると、その美しさにびっくりします。
全体に白と金で統一されていて、ところどころに薔薇色の大理石が使ってあり、なんというか他の教会と一味違って明るくゴージャス。
なるほど、ヴェルサイユと通じるものがあるかも。
かといって、けばけばしい感じは全くなく、あくまでも上品かつ静謐。
特に、聖母像の美しさは必見です。
今回のパリ旅行ではたくさんの教会を見ましたが、シュクルはここが一番のお気に入りになりました。

美しいパイプオルガン優美な聖母子像子羊と聖母の像鮮やかなステンドグラス

私のパリ 私のフランス
私のパリ 私のフランス 岸 恵子
おすすめ平均
starsエレガンス
stars過去に生きてやしませんか
starsやっぱり素敵です。
stars私のパリ私のフランス
stars私のパリ私のフランス
Amazonで詳しく見る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top