Home / 北陸旅行記 / 夜の兼六園・金沢城と金箔ソフト

Nov
10
2010

和傘の彩り兼六園と金沢城は、一年に数回、夜間開放が催されます。
私たちが訪れた2010年10月10日は、折しも「金沢城・兼六園ライトアップ~秋の段1」の最終日。
紅葉の季節にはまだ早いと思いますが、ミニコンサートや辻口博啓氏のおもてなしカフェなど、いろいろなイベントも予定されていました。
なにより、夜の兼六園を散策できる貴重なチャンス。
ほのかにライトアップされた兼六園は、昼間とはまた違った幽玄な趣で我々を迎えてくれることでしょう。

- スポンサードリンク -

しいのき迎賓館で雨宿り

すっかり閑散とした近江町市場尾山神社から近江町市場まで、てくてく徒歩で移動すると、とっぷりと日も暮れてしまいました。
ついこないだまで、あまりの暑さに七転八倒していた気がするのに、ずいぶんと日が短くなりましたね。
近江町市場はほとんどの店が閉まっていて閑散とした雰囲気。
この日は日曜日だったので、そのせいかな?
そんなわけで、近江町市場はほんの通り過ぎただけで切り上げて、路線バスに乗って金沢城周辺に向かいました。

金沢城いもり堀の石垣広坂のバス停で下車すると、目の前にライトアップされた金沢城の石垣が綺麗に見えます。
さっそくカメラを取り出して...と、ゴソゴソやっていたら、ポツンポツンと大粒の雨。
「これは兼六園ダメかもね」とか言っている間に、ザーッとスコールのような大雨になってしまいました。
とりあえず、急いでどこかに避難しなくては!

石川県政記念しいのき迎賓館2人で走って駆け込んだのは、石川県政記念しいのき迎賓館(旧石川県庁)。
ただ、あまりに急激な大雨だったので、これはきっと夕立みたいなものだろうと判断して、トイレ休憩を兼ねてしばらく雨宿り。
案の定、大雨は15分ほどで小雨になり、兼六園のライトアップが始まる頃には、すっかり止んでしまいました。
本当に、金沢の天気は変わりやすいんですね。
お土産物屋に和傘が置いてあるのもわかる気がします。

兼六園ライトアップ

ライトアップされた徽軫灯籠18:30の開園時刻になったので、まずは兼六園のライトアップから。
雨が降ったばかりですし、足下も暗いので、転ばないように気をつけながら、兼六園のシンボルともいえる徽軫灯籠に向かいます。
夜の闇に広がる池と、ライトに照らされてぼんやり浮かんだ灯籠は、幻想的でちょっと怖い。
女中姿の幽霊が似合いそう。笑。
徽軫灯籠の後は、霞ヶ池をぐるりと一周。
金沢の紅葉の見頃は例年11月下旬なので、今回はまったく期待しないで行ったのですが、ほんのりと色付いている木もちらほら。
なんとなく得した気分です。

金沢城ライトアップ

河北門と菱櫓夜の兼六園を堪能した後は、向かいの金沢城公園へ。
菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓の内部見学はできなかったので、今回は外観見学だけでした。
2010年春に復元された河北門(かほくもん)の横にある木製通路から菱櫓を眺めるのがおすすめのロケーション。
ただ、まだ復元されたばかりで新しい金沢城は、ライトアップされると「たけし城」みたいですけどね。笑。
しかし、金沢城が見据えているのは、100年後の国宝&世界遺産。
これから金沢の雨や雪にさらされて、だんだんと味が出てくることでしょう。

金箔ソフトクリーム

意外に美味しかった金箔ソフトクリームいよいよ金沢観光も大詰めですが、サーチライトには一つ気がかりなことが。
今回はまだアイスを食べていない...。
本当は長町武家屋敷跡で、菓遊庵に寄ってアイス最中を食べる予定だったんですが、時間的にゆっくりしている暇もなく、一方のシュクルはサンニコラのチョコレートで頭がいっぱいで、結局スルーしてしまったのです。
そんなわけで、金沢スイーツ旅行の締めくくりは、兼六園前の見城亭で金箔ソフトクリームです。
ソフトクリームに金箔なんて成金趣味っぽいですが、金箔の全国シェア99%を占める金沢ならではのご当地ソフトなんですよ。
しかも、この金箔ソフト、普通のソフトクリームの上に金箔がふりかけられているだけと思いきや、練乳みたいに濃厚な味がして、予想外に美味でした。

金沢の魅力は尽きない

これにて今回の金沢旅行も終了です。
寝坊したのと雨の影響で、計画通りの日程は消化できませんでしたが、美味しいスイーツを食べまくり、金沢初旅行のシュクルも満足したようです。
ただ、やっぱり新潟から日帰り旅行というのは忙しすぎましたね。
「今度はどこかに一泊して、兼六園の紅葉も見たいし、忍者寺も見てみたいし、加賀料理も食べたいし、もう一回サンニコラにも行きたいし...」と、早くも次回の野望を話しながら、新潟への帰路に就いたのでした。

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top