Home / フランス旅行記 / 終わる魔界

Nov
15
2010

終わる魔界パリは魔界。
長かった超魔界パリ旅行記も、いよいよ最終章。
最終日は飛行機に乗って帰るだけだった前回のパリ旅行とは違い、今回は最終日にもたっぷり観光の予定を組んでいます。
ここまで数々のパリの主要観光地を制覇してきたサーチライトとシュクルでしたが、最後には因縁の敵が待っているのが魔界の常識。
そろそろパリにお腹一杯になっている2人に、どんな魔物が襲いかかるのか?
まずは、目も眩むパリ最大級の巨大建築物をめざして、最終日は始まります。

- スポンサードリンク -

ホテルをチェックアウト

イスパハンを朝食代わりに目が覚めると、辺りはまだ真っ暗ですが、時計は7:30を回っていました。
パリ旅行が始まった頃はもっと明るかったはずですけど、10月下旬のパリは急速に日が短くなっていく気がします。
ホテルの朝食に飽き飽きしたシュクルは、部屋の片づけをしながら昨日食べ損ねたイスパハンを朝食代わりにすると言うので、サーチライトは外にタバコを吸いに行くついでに一人で朝食。
ちなみにシュクルの朝食になったイスパハンは、神懸り的に美味しかったらしいですが、最後にパリで食べたスイーツ特集をまとめるようなので、詳しくはその時に。
【関連記事】 パリで食べたスイーツのまとめ

ホテルの自販機でカルネを買って出かけます朝食を済ませ、身支度を整えたら、チェックアウトです。
今回は深夜便を利用する関係で、チェックアウトは自分でやらなければなりませんが、手続きは呆気ないほど簡単なものでした。
「チェックアウト、プリーズ」と、フロントにカードキーを返せば終了。
ツアーですから料金の支払いもありませんしね。
空港までの送迎バスは20:00にホテルのロビーに集合なので、それまでスーツケースも預かってもらいます。
これで5日間の住処になった部屋ともお別れ。
思えば、パリに来るまではホテルが一番の心配事でしたけど、暮らしてみると愛着がわくものです。

シャイヨー宮からエッフェル塔を眺める

シャイヨー宮この日最初の目的地は、エッフェル塔。
前回のパリ遠征では、半日バス観光でたった15分の下車観光でしたから、今回は満を持して最終日の朝イチに組み込みました。
シャイヨー宮からエッフェル塔へ行き、エッフェル塔からシャン・ド・マルス公園を散策するのが定番の観光コースです。
そんなわけで、通勤・通学で満員のメトロ13号線と9号線を乗り継いでトロカデロ駅へ。
トロカデロ駅から外に出れば、シャイヨー宮は目の前です。

シャイヨー宮は、1937年パリ万博の会場として完成した建物で、現在は海洋博物館、人類博物館、建築・文化財博物館などが入っています。
テラスから見たエッフェル塔そして、シャイヨー宮で最も有名なのは、テラスから見るエッフェル塔の眺めでしょう。
トロカデロ庭園、イエナ橋、エッフェル塔、シャン・ド・マルス公園が一直線上に並ぶ眺望は、パリ屈指の記念写真スポットです。
ただ、シャイヨー宮のテラスから見るエッフェル塔は、天気のいい午前中だと強烈な逆光になるので、記念撮影にはいまいち。
パリ市内半日観光でもエッフェル塔で下車観光をしますけど、多くは午前中になるので、あんまりいい写真は期待できません。
写真撮影が目的なら、午後に訪れるのがベターでしょう。

シャイヨー宮のシンメトリーテラスの両脇にある階段から下におりるとトロカデロ庭園。
芝生と噴水の庭で、ここからだとシャイヨー宮のシンメトリーがよくわかります。
まだ朝早いからか、噴水は停止中でした。
メリーゴーラウンドも止まってひっそりしています。
動いていると間違いなくシュクルが乗りたがるので、内心ほっとするサーチライトでした。

イエナ橋を渡ってエッフェル塔へ

イエナ橋とエッフェル塔トロカデロ庭園からイエナ橋へ歩を進めます。
イエナ橋から眺めるセーヌ川は、いかにもパリらしい趣。
赤や黄色に色付いた河岸の木々、橋の下を通るバトー・ムーシュ、橋の向こう側に立つチョコレート色のエッフェル塔。
厚い雲に覆われていた空も、徐々に雲が薄くなり、ちらほら青空も見えてきました。
どうやら鉄の貴婦人は私たちを歓迎してくれているようです。

レゴ クリエイター エッフェル塔
レゴ クリエイター エッフェル塔 ピース数3,428ピース。組ごたえがある1/300の大きさのエッフェル塔。108cmの塔の上にはフランスの国旗。
基盤となる塔の足元も丁寧に再現。塔内を走るエレベーターも再現するこだわり。
おすすめ平均
stars忍耐強さを求められます。
starsとにかくデカイ
Amazonで詳しく見る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:4

supimasu 2010年11月16日 14:04

こんにちは。
先日コメントしたミニ丸の相方、supimasuです。
HISの個人旅行でグリルカンパニールベルティエに泊まりました。
当初、ホテル周辺の情報が少なく、不安でしたが、こちらの情報で、助かる事が多々ありました。
お陰様で、ミニ丸の初海外旅行は大成功に終わったようです。
勿論、私も3度目の海外旅行、初のパリを満喫しました。
ありがとうございます。
(私は、ミニ丸に「ゆめのりょけん」ブログのURLを教えたただけで、旅行計画にまとめたのはミニ丸ですが・・・)(汗)
お二人の旅行スタイルが、私と重なる部分が多く、旅行前から、楽しく記事を読ませて頂きました。
ガイドがいない海外旅行が不安だったミニ丸が、良い意味で、お二人の影響を受けたと思います。
確かにパリは魔界で色々、洗礼も受けましたが、魅力的ですね。
私も、今回の旅行記をブログで書いていますが、一度ではとても時間が足らず、やり残した事があるので、何時になるかわかりませんが、第二次パリ旅行を計画したいと思います。

サーチライト 2010年11月17日 02:32

supimasuさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
「役に立った」と言ってもらえるのが、何より嬉しい一言です。

Google経由でsupimasuさんのパリ旅行記も読ませてもらいました。
今のところ、パリの鬼畜さに四苦八苦なさっているようで。笑。
半日観光の集合時のくだりとか、オペラ駅のくだりとか、似たような体験があるだけに、「やっぱりパリは初見殺しだなあ」と改めて思ってしまいました。
どうもネットでリサーチしすぎると、同じようなところではまるみたいですね。笑。

でも、今になって思うと、初めてのパリで苦労したからこそ、パリは思い出の地になりましたし、海外旅行の楽しさを知ることもできました。
きっとsupimasuさんとミニ丸さんも、同じような感慨をもって帰国したのではないかと想像しています。

それでは、とりあえずパリ旅行記が完結できるように、お互い頑張りましょう。笑。
今後とも、「ゆめのりょけん」をよろしくお願いします。

supimasu 2010年11月17日 17:44

ホント、パリは道の歩き方まで、想像を絶する魔界でした。
パリ初心者は目的の通りを正確に見付けてから、真っ直ぐ歩いて行くのが基本ですね。
(方向だけで歩き出すと大変な事に・・・)
旅行4日目に突然、魔界に光が差し、ルールが分かり、街歩きが楽しくなりました。
私のブログ、御覧いただいたようで、ありがとうございます(よく、見付かりましたね)
画像もなく、私的記録で乱文、恥ずかしい限りです(汗)
今後も楽しい「ゆめのりょけん」ブログ続けて下さい。
私も、年内にパリ旅行記、完結できるよう、頑張ります(笑)

サーチライト 2010年11月19日 02:35

supimasuさん、コメントありがとうございます。

「魔界のルール」って、上手い表現ですね。
本当にパリの街歩きは、ルールの習熟次第ですよね。
魔界の街歩きのルールについて、私の見解はこんな感じです。
http://travel.searchlight-jp.com/paris/archives/200801/04-2059.php

supimasuさんの旅行記は、一つひとつのエピソードに対する考えがしっかりと書かれていて、とても参考になりました。
続きを楽しみにしています^^

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top