Home / 東北旅行記 / 陸奥国一之宮・鹽竈神社に参拝

Jan
19
2011

陸奥国一之宮・鹽竈神社に参拝鹽竈神社は、仙台から車で30分ほど北東に進んだ塩竈市にあり、全国に約110社ある塩釜神社の総本社です。
陸奥国一之宮として、奈良・平安の昔から信仰されていた古い歴史があり、初詣客は東北一だとか。
現在、全国一之宮めぐりを進行中のゆめのりょけんとしては、この機会を逃すわけにはいきません。
そんなわけで、仙台から松島へ向かう途中、ちょっと塩竈市に立ち寄って、鹽竈神社に参拝してきました。

- スポンサードリンク -

鹽竈神社の由緒

左宮・右宮は武甕槌神と経津主神の拝殿鹽竈神社の御祭神は、鹽土老翁神(しほつちおぢのかみ)、武甕槌神(たけみかづちのかみ)、経津主神(ふつぬしのかみ)。
「出雲の国譲り」でも有名なタケミカヅチとフツヌシは、武力によって日本建国に尽力した軍神たちです(香取神宮と神話のススメ)。
この二柱の軍神が陸奥平定に遠征した際、道案内をしたとされるのがシオツチオヂ。
博識のシオツチオヂは、陸奥平定後もこの地方に残って土地の人々に製塩技術を教え、陸奥国の発展に尽力したそうです。
以来、タケミカヅチとフツヌシは東北地方の守護神として、シオツチオヂは産業・出産の神として、篤く信仰されてきました。
まさに国の基幹を守る神様ですね。

鹽竈神社に参拝する

志波彦神社約28ヘクタールの広大な境内には、志波彦神社が隣接し、末社として神明社、八幡社、住吉社、稲荷社があります。
志波彦神社は、仙台市宮城野の冠川の畔にあったものが、明治になってこちらに遷祀されたそうです。
残念ながら、今回はすべて参拝する時間は取れそうにないので、塩竈神社のみの参拝としました。
神社脇の駐車場に向かうと、かなりの人出らしく車でいっぱい。
駐車場は複数あったので、無事に車を停めることができました。

境内から松島湾を望む

境内から松島湾を望む駐車場から鹽竈神社に向かう途中に、池がありました。
小さい噴水もあって、なかなか風情のある庭園になっています。
よく見ると、遠くには松島湾が。
大きなホテルがちょっと邪魔ではありますが、古い時代には、ここからもっとはっきり松島湾が見えたのだろうなあと想像できます。
山の中にある神社はたくさんありますが、こんなふうに海が見える神社というのもいいものですね。

神楽を鑑賞

恵比須さまが鯛を釣る神楽さらに進んでいくと、神楽をやっていました。
なんてグッドタイミング!
普段なかなか見るチャンスがないので、じっくり見ちゃいました。
といっても、終了間際だったようで、私たちが見始めたらすぐに終わってしまったのですが。笑。
恵比須さまが鯛を釣る神楽で、楽しい演目でした。
恵比須さまは商売繁盛の神さまですから、塩の神とは相性がいいのかな。

かわいい牛をなでなで

かわいい牛をなでなでなんだか人だかりを発見。
牛の像を、たくさんの人が撫でてます。
そういえば、北野天満宮に行った時も牛の像があったんですよね。
あちらは天神さまのお使いで、学業や病気平癒に御利益があるみたいですけど、ここの牛の御利益は、やっぱり商売繁盛!
説明書きによると、「商売とは牛の涎のように、細く長く続いて欲しい」ということで奉納されたもので、牛は撫でてあげるとよく涎を垂らすのだそうです。
もちろん、サーチライトもシュクルも、よーくなでなで。
それにしても、この牛の顔は可愛いなあ。

別宮こそ主祭神

別宮が鹽土老翁神の拝殿鹽竈神社は、ちょっとおもしろい配置になっています。
唐門をくぐると、正面に見えるのが鹽竈様と思いがちですが、違うんです。
正面には左宮と右宮の二つの宮が鎮座していますが、左宮はフツヌシ、右宮はタケミカヅチを祀ったもの。
シオツチオヂは、門を入って右側の別宮に祀られています。
別宮が海を背にしているのは、シオツチオヂに海難を背負ってもらうため。
博識で案内役を任されたシオツチオヂが見守っているのですから、塩釜港の漁師たちは心強いでしょうね。
航海安全の御利益は、転じて交通安全の御利益にもなり、駐車場では車の御祓いをしてもらっている人もたくさんいました。

ジャパニーズカスタムを身近に

もちろん御朱印も戴きましたこの日は11月の日曜日、しかも晴天とあって、七五三のお宮参りでごった返してました。
森閑とした厳かな神社もよいのですが、晴れ着姿のかわいらしい子どもたちがいっぱいの神社というのもいいものですね。
普段、生活の中でそんなに宗教を意識することのない日本人ですが、こういう風景を見るとなんだかうれしくなります。
そこで、ふと思ったのが、もし私に外国人の友人がいて、日本に遊びに来たら、神社に連れてきたいなあということ。
七五三のお宮参りも、新車の厄払いも、とっても日本的な習慣を感じることのできる風景だと思うんですよね。
残念ながら私たちには今のところ外国人の友人はいないのですが、ゆめのりょけん読者の皆様は、そういう機会があったらぜひ七五三のシーズンの神社参りをおすすめします。

【まとめ】 全国一之宮めぐりのすすめ

日本の神様カード
日本の神様カード 大野 百合子
おすすめ平均
stars心があたたかくなるカード
starsとっても勉強になります
stars日本人の集合意識につながりたい方へ
stars自分で育てていくカード
stars日本人にはよくなじむオラクルカード
Amazonで詳しく見る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top