Home / 旅の相棒 / 初心者だけど消しゴムはんこを彫ってみた

Feb
28
2011

初心者だけど消しゴムはんこを彫ってみたこんにちは、熱しやすく冷めやすいB型人間のサーチライトです。
今回は、ご家庭でも簡単にできる「消しゴムはんこ」の作り方を紹介します。
え、どうしていきなり消しハンなのかって?
いえいえ、これもれっきとした旅行の準備なんですよ。
まあ、何に使うのかは後日明らかにするとして。
今回は実際に消しゴムはんこを彫ってみたレポートです。
はっきり言って、これはハマリますよ。

- スポンサードリンク -

必要な道具をそろえる

消しゴムはんこに必要な道具消しゴムはんこを作るのに必要な道具は、近所のTSUTAYAで簡単にそろいます。
まず、消しゴムは、消しハン専用の消しゴムが売っているので、今回はそれを使います(はんけしくん・やわらかめ)。
細かな線を彫る場合には、かための方が彫りやすいのかなと悩みましたが、初めてで感触がわからないので、やわらかめで様子見。
表面に色が付いているタイプだと、彫った部分がわかりやすいのでおすすめらしいです。
次に、消しゴムを彫るデザインナイフ。
基本的にデザインナイフ1本で応用できますが、広い面を抜く時に彫刻刀もあると便利です。
それから、図案を消しゴムに転写するためのトレーシングペーパーと鉛筆(2B)。
消しゴムを拭いたり、彫りクズを取ったりするねりけし。
あとは好きな色のスタンプ台。
合計2,500円ほどの初期費用でした。

下絵を消しゴムに転写する

下絵を消しゴムに転写する今回作りたい図案は、ブログのトップにあるイラスト。
消しゴムはんこ初挑戦なのに、そんな複雑そうな絵で大丈夫か?
適当なサイズでプリントアウトしたイラストを、トレーシングペーパーに鉛筆でなぞったら、消しゴムの彫る面にトレーシングペーパーのなぞった面を当てて、鉛筆の背でゴシゴシこすって転写します。
この時、ねりけしで消しゴムの表面に付いた粉を拭いておくと、きれいに転写されます。
このまま彫り出してもいいのですが、彫っている途中に線がよくわからなくなると困るので、転写した線を直に鉛筆でなぞって、線をはっきりさせておきました。
転写が終わったら、彫りやすいように適当な大きさにカットします。

線の外側を彫る

輪郭の外側を彫ったところそれでは、いよいよ彫り出します。
まずデザインナイフで線の外側に沿って切っていきます。
ナイフは垂直ではなく、刃を外に向けて寝せるような感じで。
カーブでは、ナイフを動かすのではなく、ナイフを固定して消しゴムの方を回すときれいにいきます。
輪郭をぐるっと一周したら、今度は外側から型を抜くように刃を入れていきます。
ここでもナイフを倒し、彫り過ぎに気をつけながら、切り口は浅いV字型になるように。
最終的に、外側の型がペロリと抜ければ大成功。
あとは彫刻刀で、余白の広い面を彫っていきます。
ふう、ちょっと休憩。

線の内側を彫る

内側を彫ったところ休憩して集中力を高めたら、内側の細かい部分を彫っていきます。
基本的な要領は、外側の輪郭を抜くときと同じ。
細かい部分は消しゴムを動かしながら、切り口が浅いV字型になるようにイメージして、慎重に刃を入れていきます。
本当に細かい部分は、薄皮一枚を剥くくらいの浅さでも大丈夫。
深く刃を入れすぎて、必要な線まで欠けてしまったら大変です。
慎重に、慎重に、少しずつ刃を入れて。
はっきり言って、ここは器用さ云々より根気との戦いです。

試し捺しして微調整する

初心者にしては上出来じゃない?こうして、ひととおり彫るべき部分を彫ったら、ねりけしで表面に付いた彫りカスを取って、インクをつけて適当な紙に捺してみます。
さて、緊張の一瞬......おおっ、けっこういい感じに彫れてますね。
ちょっと線がガタガタになっているところもありますが、そのへんは手作り感ということで。笑。
あとは、彫り残した余計な部分を、ちょこちょこと抜いていきます。
ちなみに、黒いインクだと転写した鉛筆の線が完全に見えなくなってしまうので、試し捺しは薄い色のインクがいいみたいです。

ね、簡単でしょう?

ゆめのりょけんの消しゴムはんこ完成!こうして、ゆめのりょけんの消しゴムはんこ完成です。
下絵の転写から完成まで、かかった時間はおよそ2時間。
上級者になると、もっと細い線に仕上げることもできるようですが、攻めすぎて線が欠けたりしたら大変なので、今日のところはこの辺で勘弁しといてあげます。笑。
実際にやってみると、意外と複雑な図案でもサクサク作れますし、何よりスタンプした時の感動がハンパじゃありません。
今回の記事を読んで興味を持った方は、はてなブックマークニュースに良いまとめ記事がありますから、そちらも参考にしてみてください。
【関連記事】 好きなキャラを彫ってみよう!「消しゴムはんこ」の作り方

ほるナビ スタートセット
ほるナビ スタートセットシード
おすすめ平均
starsセットが便利&お得
stars最初はこのセットがあれば充分!
stars以前はよく使ってました。
starsまさにスタートセットです
starsはじめてさんにはぴったり
Amazonで詳しく見る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:2

ばしょうもどき 2011年3月 2日 16:23

かわいいですねっっっ!!
小学生のとき、版画が壊滅的に苦手で、
人物画の眼球の白目と黒目を逆に彫ってしまった私でも
頑張って作ってみたくなります。
年賀状にも使えそうですね。

サーチライト 2011年3月 3日 16:19

ばしょうもどきさん、コメントありがとうございます。
版画って集中力と根気の勝負だと思うんですが、小学校の版画は自分が本当に彫りたいと思って彫っているわけじゃないので、意欲がイマイチなんですよね。
その点、消しゴムはんこは、自分が彫りたい図案だけを彫れるわけですし、一からやり直してもたいしたコストでも労力でもないので、必ず上達しますよ。
うまく完成したときの感動はなかなかのものですから、ぜひチャレンジしてみてください。

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top