Home / 旅行のための節約レシピ / 新潟土産えびみそで美味しいパスタを作ろう

Mar
07
2011

新潟土産えびみそゆめのりょけんの人気記事のひとつに、新潟駅で買えるおすすめ土産10選があります。
その中で、シュクルおすすめの新潟みやげのひとつとしてとして紹介したのが「えびみそ」。
これが、あちこちでなかなか評判がよく、紹介した身としては、ものすごく嬉しい気分ですლ(╹◡╹ლ)
このえびみそは、そのままごはんにのせたり、チーズと一緒にバゲットに載せたりして食べても美味しいのですが、今回は、シュクル特製えびみそパスタのレシピを紹介します。
簡単なのに本格派の味になるという、私のようにめんどくさがりの人にぴったりのレシピですよヾ(╹◡╹๑)ノ"

- スポンサードリンク -

えびみそのトマトクリームパスタの作り方

材料(2人分)
えび(種類は何でもいいが、頭つきのものがあると絵的に美味しそうになります。量はお好みで)
えびみそ
オリーブオイル
にんにく一片
トマト缶
生クリーム(植物性ホイップでOK)1パック
白ワイン少々
コンソメキューブ1個

1 えびを蒸し焼きにする

えびを蒸し焼きにする海老は背わたをとっておきます。
殻つきエビを使う場合は、足を取り、お腹側に切り目を入れて殻がすぐに外れるようにしておくと、食べるときに楽です。
にんにくはみじん切りにします。
フライパンにオリーブオイルをたっぷり入れ、弱火でにんにくを炒めます。
海老を入れ、表面が赤くなったら白ワインを入れてフライパンの蓋をして蒸し焼きにします。
火が通ったら、えびをフライパンから取り出しておきます。

2 トマトクリームソースを作る

えびみそを投入えびを取り出したフライパンに、カットトマトの缶詰、コンソメ(キューブ1個)を入れて煮込みます。
トマトの酸味を残して爽やかにしたいなら、あまり煮込まないでください(生トマトでも爽やかです)。
逆に、酸味を抑えたまったりした味がいいなら、よく煮詰めてください。
えびみそ(小さじ3~4)と生クリームを入れます。
生クリームは、100mlくらい入れてから、味見をして注ぎ足してください。
ここで、塩・こしょう・コンソメ・えびみそで味をお好みに調整します。
濃厚にしたいなら、コンソメやえびみそを足してください。

3 ソース・パスタ・エビをあえる

ソース・パスタ・エビをあえる味の調整が出来たら、ゆでたパスタを入れますが、パスタを入れると少し味が薄まるので、パスタを入れる前は「少し濃いかな?」くらいにしておくとちょうどいいでしょう。
パスタは固めにゆでて、ソースの中で少し火を通してソースを吸わせると、より美味しくなります。
最後に、海老を入れます。
海老は、もう火が通っているので、軽くあえる程度でOK。
殻つきの海老を使う場合は、トッピング用に1~2尾残しておいて、器に盛り付けてから最後に海老をのせましょう。

おもてなし料理にもぴったり

えびみそのトマトクリームパスタ完成うちのダーリンは、このパスタを食べると、料理の鉄人で、鉄人坂井シェフが、大量のエビやカニを砕いて漉してブイヤベースを作っているシーンが思い浮かぶのだそうです。笑。
確かに、それくらい魚介のダシが効いた複雑な味がします。
えびみそがあれば、そんな本格派の味が、誰でも簡単に実現できるんです。
おうちでの特別なディナーにも、彼氏を呼んだ時の勝負レシピにも、おもてなし料理にも、ぴったりのパスタになりますよ!

365日スパゲティが食べたい
365日スパゲティが食べたい西巻 真
おすすめ平均
stars素朴な材料でプロの味
stars最も使う料理本です。
stars10年愛用
stars買って良かった
stars眺めてるだけでも楽しい♪
Amazonで詳しく見る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top