Home / 甲信旅行記 / 諏訪大社下社秋宮と新鶴の塩羊羹

Apr
26
2011

諏訪大社下社秋宮諏訪旅行の2日目は、諏訪大社下社秋宮の参拝からスタートです。
諏訪大社の下社は春宮と秋宮の二社に分かれていて、その名の通り、春と秋で祭神の八坂刀売神が移動します。
毎年2月と8月には、御霊代を移動する遷座祭(御舟祭)が行なわれ、2月の遷座祭で秋宮から春宮に、8月の遷座祭で春宮から秋宮に移動するそうです。
私たちが訪れたのは4月3日なので、八坂様は春宮にいることになりますね。
そんなわけで、今は空座の下社秋宮ですが、はるばる来た以上、ここもきっちり参拝しておきましょう。

- スポンサードリンク -

下社秋宮を参拝する

温泉手水大鳥居をくぐる前に、いつものように手水舎で手と口を清めます。
が、この水が冷たいのなんの。
触ると指がちぎれるかと思うくらい冷たい。
さすが、4月とはいえ、まだ朝は氷点下まで冷え込むだけのことはありますね。
それでも我慢してお清めを済ますと、駐車場の近くにある手水処から、湯気がもうもう立っています。
おおっ! なんと温泉の水が出ている御神湯でした。
手を浸けてみると、こっちは手がじーんとしびれるくらいあったかです。
ありがたやありがたや。

秋宮の神楽殿は修復工事中鳥居をくぐって境内に入ると、まず見えてくるのが神楽殿。
神楽殿は、神様に楽しんでいただくために舞や雅楽を奉納し、様々な祈願をするための舞台です。
現在は改修工事中で、写真が印刷されたシートで覆われていました。
御朱印を戴いたついでに社務所で聞いてみたところ、2011年秋に工事が終わる予定ですが、解体しながら改修部分を調査するため、詳しいことはわからないとのことでした。
まあ、味気ないブルーシートではなかっただけでもよかったかな。

下社秋宮の拝殿神楽殿の奥には拝殿があります。
神楽殿がとても立派な建物のためか、神楽殿を参拝しただけで帰ってしまう人もいるとのことなので気をつけましょう。
諏訪大社は本殿を持たない神社として有名ですが、秋宮の拝殿にも本殿はなく、拝殿の奥にある御神木を御神体として祀っています。
ところで、下社の祭神である八坂刀売神は建御名方神の妃神ですが、夫婦喧嘩をして下諏訪に移ったという説があります。
さらにその際、もともと下社に祀られていた祭神を追い払って住み着いたのだとか。
まあ、なんとも気の強そうな女神様ですね。

旧中山道の温泉街

小さい公園だけど「おんばしらグランドパーク」秋宮の参拝を終えたら、下諏訪界隈を散策してみます。
大きなホテルが建ち並んだ上諏訪に比べて、下諏訪はいかにも昔の温泉街といった風情で、ところどころに旅籠風の建物と旧中山道の面影が残っています。
下諏訪は、江戸時代の宿場町から始まって、明治のシルク産業、戦後の精密機械産業の隆盛によって多くの人が密集し、「おまち」と呼ばれるようになりました。
そんな下諏訪界隈は、とても狭い路地が多いので、車で動くのは大変です。
ぶらぶら歩いて、古い温泉街の情緒を満喫するといいですよ。

新鶴本店の塩羊羹

新鶴本店諏訪の名物として必ず名前が上がるのが、新鶴本店の塩羊羹です。
場所は、秋宮から歩いてすぐのところなので、参拝の後に寄ってみました。
店は、いかにも昔の和菓子屋という感じで、創業は明治六年ということですが、なるほど納得。
老舗とはいっても、こぢんまりとした感じから、今でも頑固に手作り一筋といった様子がうかがえますね。
狭い店内には、次から次へと観光客がやってきて、塩羊羹を買っていきます。
もちろん、私たちもお土産に一本購入です。

すごく美味しそうな和菓子羊羹は小豆の飴を寒天で固めたものですが、諏訪地方は国内でも有数の寒天の生産地。
寒天の原料であるテングサこそ海の産物ですが、寒天の製造には冬の厳寒の気候で凍結と乾燥を繰り返す過程が欠かせないため、昼夜の気温差が大きく、乾燥している内陸性気候の諏訪地方がぴったりなのです。
さらに、日本海からも太平洋からも離れた山国の諏訪は、塩が貴重品で、塩は単なる調味料を超えた旨味として重宝されました。
つまり、気候を活かした特産品に、貴重な塩を加えて作られたのが、諏訪の塩羊羹というわけですね。

新鶴本店の塩羊羹さて、そんな諏訪の塩羊羹は、なかなか複雑な味です。
口に入れるとまず塩の味がして、食べているとだんだん普通の甘い羊羹になっていく感じ。
かといって、普通の羊羹だと思って食べていると、ほのかに塩の味がする。
しょっぱさの中に甘みがあり、甘みの中にしょっぱさがある。
そんな羊羹です。
正直、癖になるほど美味しいというわけではないかな。
むしろ、ガラスケースに陳列してあった生和菓子がすごく綺麗で美味しそうで、そっちの方がとても魅力的でした。
とはいえ、なかなか他では味わえない風味ではあるので、話のタネに一度食べてみるのもいいかもしれませんよ。

願いがかなう小さな神様 にほんのお守り
願いがかなう小さな神様 にほんのお守り中津川昌弘
おすすめ平均
starsシンプルでとてもわかりやすい、でも奥深い。
stars気楽に読めて、目に楽しいです。
starsイラストがふんだんで目に鮮やか★
starsお守りの世界を広げた本
stars年末年始に活躍しそう
Amazonで詳しく見る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top