Home / 北陸旅行記 / 有磯海SAで食べた富山のご当地グルメ

Jun
23
2011

なんで焼き栗食べてるの?再三繰り返しになりますが、今回は倹約ドライブだったので、食べ物に使えるお金はありません。
...と、口を酸っぱくして言い聞かせたはずなのに、シュクルは立ち寄る先々で、ソフトクリームを食べたり、焼き栗を食べたり、ケーキを食べたり、財布の紐は緩みっぱなし。
さすが、ミセスどんぶり勘定。
そんなわけで、帰りに寄った有磯海SAでは、すっかり匙を投げたサーチライト。
結局、最後は富山のご当地グルメを紹介するという、いつものゆめのりょけんスタイルでお送りします。笑。

- スポンサードリンク -

富山ブラック

有磯海SAの富山ブラックラーメン有磯海SAの人気メニュー第1位は、富山ブラックラーメン。
新潟にいても、お隣のご当地ラーメン「富山ブラック」の名前はよく聞くので、ぜひ一度食べてみたいと思っていました。
さっそく食券を買ってオーダーすると、おおぅ、確かにスープは黒い。
それじゃ、そのスープを一口......あれ? 意外と普通。
麺と一緒に食べてみると......やっぱり普通の醤油ラーメン。
うーん、美味しいことは美味しいけど、ご当地メニューとしてはちょっとパンチが弱いかなと思ったり。
まあ、そうは言ってもSAのラーメンですし、これが本当の「富山ブラック」と言っていいのかは少々疑問。
今度、ちゃんとした有名店の味を確かめてみるまでは、評価は保留ということで。

白えび

有磯海SAの白えびかき揚げうどん白えびとは、富山湾でだけ漁獲される幻のエビで、富山の名産として不動の地位を誇っています。
姿や大きさは甘エビとよく似ていますが、色はその名の通り乳白色。
刺身や昆布じめで食べたこともありますが、一番美味しいと思うのは、かき揚げです。
特に、有磯海SAの白えびかき揚げうどんは、上品かつ深いダシの風味といい、白えびかき揚げの味わいといい、安定した美味さ。
ここに立ち寄るたびに、あまりお腹が空いていなくても食べてしまいます。
お土産コーナーにある白えびチップスも美味しいので、ドライブのおやつにぜひどうぞ。

鱒寿司

ホテルニューオータニ高岡の鱒寿司富山名物と言えば、やっぱり鱒寿司は外せません。
笹を敷き詰めた丸い木の容器に、ピンク色の鱒と酢めしをぎゅっと詰め込んだ押し寿司は、明治時代に富山駅の駅弁として登場したのが始まりで、今でも全国の駅弁ランキングでは絶大な人気を誇るようです。
1~2日の保存もきくので、もらって嬉しい富山のお土産としても定番ですね。
ちなみに、車内で話題になったので調べてみたんですが、サケとマスに生物的な違いはなく、基本的には同じ魚らしいですよ。
さらに、サケやマスは基本的には白身魚で、いわゆるサーモンピンクというのは、海に出てカロチノイド色素を含んだオキアミを主食にするからだそうです。
一般的には白身の淡水魚として知られるニジマスも、カロチノイド色素をたくさん含んだ餌を食べれば、サーモンピンクになるみたいですね。
そんなわけで、有磯海SAのお土産コーナーで、ホテルニューオータニ高岡の鱒寿司を買って、家で夜食代わりにいただきました。
鱒は肉厚で噛むほどに味わいがあり、酢めしも甘すぎず酸っぱすぎず、万人受けする美味しさです。
ちなみに、鱒寿司には必ずプラスチックのナイフが入っていますけど、あれで笹ごと切って食べると、形も崩れず、手も汚れず、上手に食べれるそうですよ。

チューリップのソフトクリーム

チューリップのソフトクリーム最後は、ゆめのりょけん恒例のアイス枠。
富山といえばチューリップも有名ということで、今回はチューリップのソフトクリームを食べてみました。
まあ、食べたのは新潟の黒埼PAなんですけどね。笑。
チューリップソフトってなにそれおいしいの?
そう思ったあなたは正しい。
実は、食べた本人も、「こ、この味は...チューリップか!?」と思うようなことは全然なく、「確かに花っぽい香りはするね」という印象でした。
前に越後丘陵公園で食べたバラソフトとの違いは、色だけじゃないかな。笑。
黒埼PAなら、素直にルレクチェソフトをどうぞ。

北陸道の旅は続く

こうして、富山日帰りの旅は、富山グルメで終幕となりました。
高速1,000円ドライブの締めくくりとしては、なかなか充実していたのではないかと思っています。
いずれ、能登国・加賀国・越前国・若狭国を目指して本格的な北陸旅行を企画するつもりですし、その他にも、京都に行ったり、岐阜に行ったり、富山を通る旅行プランは目白押しです。
その時は、今回はできなかった富山ブラックの真価をはかったり、鱒寿司の食べ比べなどもしてみたいですね。

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top