Home / 関東旅行記 / いろは坂を上って中禅寺湖のニジマスを食べる

Jul
07
2011

下はまだ紅葉も残っていました新潟から日光までは、磐越道と東北道で280km。
こないだ訪れた金沢や諏訪までが300kmですから、こうしてみると意外に近くてびっくりです。
ていうか、新潟県が南北に長すぎるんだよね。笑。
今回は、両親の車で一緒に日光まで行って、東京に住む弟カップルとは現地で合流です。
途中、磐越道といえばおなじみの磐梯山SAで朝食を食べたりして、お昼前には日光に到着。
宿泊先のホテルに車を停めさせてもらい、さっそく日光観光スタートです。

- スポンサードリンク -

背スジが凍りつくいろは坂

東武バスでいろは坂を登ります日光といえば日光東照宮ですが、祝日の午後から訪れても、人がいっぱいで身動きがとれなそうなので、翌日の朝からみんなで見学することにします。
ということで、この日訪れるのは、日光のもうひとつの顔、いろは坂と華厳の滝。
いろは坂は、渋滞や路面状況がよくわからなかったので、念のためマイカーは利用せず、ホテルのすぐそばの総合会館前バス停から東武バスを利用することにしました。

ヘアピンに次ぐヘアピンかつてのいろは坂は、上りも下りも同じ道路だったので、カーブのすれ違いが大変で、渋滞も多発していたようですが、今は上り専用の「第二いろは坂」と下り専用の「第一いろは坂」に分かれているので、何もなければ交通はスムーズです。
ただ、現在でもバス専用レーンがあったりするわけではないので、紅葉シーズンで身動きがとれない時には、バスを利用してもどうしようもないみたいですから諦めましょう。
今回は紅葉のピークも過ぎているので渋滞もなく、バスはぐいぐいと坂を上っていきます。

いろは48文字の名がついたカーブさて、「その名を聞いただけでこみあげてくる」と言われるいろは坂なので、かつて車酔いの常連だったシュクルは、それなりに覚悟していたのですが、実際はそんなこともなく、窓から見える景色を眺めて晩秋のいろは坂の風情を味わいます。
カーブごとに立っている「い」「ろ」「は」の看板を探すのも一興ですが、「と」くらいまで数えるとどうでもよくなってきたり。笑。
それより、バスの窓から下をのぞくと、ぐるっと曲がるヘアピンカーブと、崖のように切り立った斜面が見えて、スリル満点です。

フォトジェニックな晩秋の中禅寺湖

白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふいろは坂を上ってバスを降りると、すぐに中禅寺湖があります。
男体山の頂には冠雪があり、空気も寒々として風も冷たい中禅寺湖は、すでにシーズンオフで、ほとんど人気もなくひっそりとしていました。
そんな中禅寺湖ですが、それはそれで晩秋の風情があって、写真を撮ったりするのには悪くない雰囲気です。
寒風の中、湖に漂っているスワンボートがただ一艘あったので、乗り物好きのシュクルに一応「ボート乗りたい?」と聞いてみたら、「お断りします!」ときっぱり。
まあ、乗るって言っても、こっちから断るけどね。笑。
白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ

シェ・ホシノで中禅寺湖の恵みを味わう

ログハウスみたいなシェ・ホシノ晩秋の中禅寺湖を堪能した後は、ランチタイムです。
訪れたのは、中禅寺湖畔にあるシェ・ホシノ。
人気の創作フレンチレストランで、赤い屋根が目を引くかわいらしい別荘風の外観です。
中は、窓から入る陽射しも明るく、レンガや薪ストーブやテーブルのミニブーケなど、ナチュラルなログハウスといった趣。
特に予約もしておかなかったのですが、時間的にもランチのピークは過ぎていたようで、すんなりと奥のテーブル席に通されました。

シェフのおすすめ「虹鱒のムニエル シェ・ホシノ風」シェ・ホシノは、地元の食材を使ったランチコースが充実しています。
中でもシェフのおすすめは、「虹鱒のムニエル シェ・ホシノ風」。
カリッとした衣にバターが効いて、くせのない身は柔らかで美味しい。
普段はなかなか食べられない、上質のフレンチといった趣です。
サーチライト母が食べた「伊達鶏のロティ、ニンニクバター風味」も美味しそうでした。
最後はデザートとコーヒーで、みんな満足のごちそうさまでした。
店の前で、みんなで記念撮影を撮ってもらい、次は華厳の滝に向かいます。

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top