Home / 京都旅行記 / 新潟から京都までの北陸道600kmドライブ

Oct
06
2011

窓の外はもう朝焼けが滲む新潟を出発したのは早朝5:00。
前回の京都旅行は、高速バスおけさ号で悪夢の深夜行でしたが、今回は家族4人ということで、サーチライト父が運転するスカイラインに乗せてもらって、北陸道ドライブです。
いつものように、旅行前になると眠れないサーチライトに叩き起こされて、寝惚け眼のシュクル。
家を出る時はまだ真っ暗でしたが、高速道路に乗る頃には夜が明けてきて、空にはピンク色の朝焼けが。
おお、これぞ、紫だちたる雲の細くたなびきたる by 清少納言。
京都旅行にいとつきづきしい出発の朝になりました。

- スポンサードリンク -

楽しいサービスエリアでの朝食

「立山」のカマボコがかわいい東路の道の果てよりも、なほ奥つ方よりさらに遠い越後の国から、都をめざして門出した、ゆめのりょけん一行。
上洛の長い旅路の楽しみは、サービスエリアのご当地グルメです。
まだ朝早いドライブということもあり、最初に休憩した名立谷浜SAは自販機しかやっていなかったため、朝食は富山と石川の県境近くにある小矢部川SAにて。
やっぱり、富山に来たからにはコレは外せないと、鱒寿司おにぎり!
そして、やっぱり汁物も欲しいよねと、白海老かき揚げうどん!
さらに、カウンターで見つけた揚げ餅もついでに。
朝からこのボリュームはどうなの?と、いまさらながら思うものの、食べたいものは食べるのがシュクルの旅のジャスティス!
それでは、ちょっとおやすみなさい。笑。

おやつ持参でドライブも快適

この発想は無かった目が覚めると、そこは福井の南条SA。
あ...ありのまま今起こったことを話すぜ!
石川なんてなかった。笑。
そんなわけで、南条SAでトイレ休憩を済ませ、眠気覚ましにコーヒーでも飲もうと思っていたら、父母が車から小型のクーラーボックスを出してきて、コーヒーやらお菓子やらを分けてくれました。
外のテラスのおやつタイムで、遠足気分満点です。
サーチライト両親も旅行が好きで、普段からよく車中泊旅行をしているのですが、こうやって日本のあちこちを飛び回ってきたんですね。
正直、今までの私たちにはない発想だったので、すごく新鮮でした。

エンジンだけは一流のところを見せてやるぜ

桂ァ! 今何キロ!?「いづくにもあれ、しばし旅立ちたるこそ、目さむる心地すれ」と兼好法師も言ってますが、福井から滋賀に入ると、見慣れない景色にわくわくしてきます。
高速の上からは、右側にかすかに琵琶湖の湖面が。
琵琶湖と言えば、タイムリーだったのが鳥人間コンテスト2011。
東北大学ウインドノーツの熱い戦いに、ネットでは話題沸騰でした。
幸い、我々はGPSが切れて困ることもなく、旋回することもなく、高速道路をすいすいと進んでいったわけですが、やっぱり琵琶湖を目の前にしたら言いたい。
「桂ァ! 今何キロ!?」
えーと、500キロくらいかな。笑。

新潟から京都は意外と気軽に行けるのかも

世界のニンテンドー発見そんなこんなで、8時間ほどかけて、無事に京都に到着です。
8時間というと大変な移動のようですが、意外とあっさり着いたというのが正直な感想でした。
少なくとも、新潟から青森まで行った時のような過酷さはなかった。
料金的にも、ETC土日祝半額制度が効いて、片道5,600円とお手軽でした(高速道路休日1,000円が6月で終わったのは周知ですけど、従前のETC制度に戻ったことは、知らない人も多いんじゃないでしょうか?)。
これなら、もっと「そうだ、京都行こう」感覚で、気軽に京都に行ってもいいかもね。
...と、後部座席でのんきに話し合うサーチライトとシュクルでした。

チオビタドリンク 100ml×50本
チオビタドリンク 100ml×50本チオビタドリンク
おすすめ平均
stars纏め買い、大人買い
stars毎日お世話になっています
stars味も効き目もお手ごろ♪
stars疲労回復にチオビタ
stars最安値!?
Amazonで詳しく見る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top