Home / 京都旅行記 / 先斗町ナイトフィーバー

Oct
17
2011

リア充爆発しろ!(笑)旅の予定は何でも決めておかないと気がすまないサーチライト。
もちろん、食事は、どこで何を食べるか徹底リサーチして予約しておくのが、お約束です。
しかし、安くて美味しい店のリサーチばかりではおもしろくない。
夜の京都をそぞろ歩きながら、美味しそうな店にふらっと入って、京料理を味わうのも、いかにも大人な旅行って感じしませんか?
そんなわけで、この日の夕食は、ゆめのりょけん的にはけっこうチャレンジャーな気分で、夜の町に繰り出しました。
鴨川の川原には、寄り添うカップルたちがいっぱい。
もはや夜の鴨川の風物詩とも言える光景ですので、こちらもお約束どおり、心の中で「リア充爆発しろ!」と叫びつつ(笑)、先斗町に向かいました。

- スポンサードリンク -

先斗町・プランチャの食卓

プランチャの食卓先斗町は、狭い通りはすれ違うのも大変なくらい人がいっぱいで、飛び込みはなかなか大変。
通りの両側にはずらっとお店が並んでいて、納涼川床もいくつかありましたが、よさげな店をのぞいてみると、ほとんどが満席ごめんなさい状態です。
いくらなんでも人いすぎ、みんなどこから来てんだよとか思いつつ、まあ、観光地が人でにぎわっているのは、今の日本にとってはいいことですよね。笑。
そんな中、「味鳥」という串焼きのお店に入れることに。
お店のお姉さんに案内されて2階に上がると、あれれれ、結局満席で、同じ系列の「プランチャの食卓」という1階の店に移動することになりました。

こだわりの地鶏料理で舌鼓

ねぎま・つくね・手羽先こちらは鉄板焼きの店で、ジャズが流れ、メニューも雰囲気もオサレなフレンチイタリアンです。
もともと2階の串焼き店への入店だったので、両方の店のメニューがオーダーできるということ。
これは、結果オーライですね!
乾杯の後、鶏肉や野菜を中心に串焼きを注文。
この店のこだわりは、自然豊かなオープン鶏舎で餌にもこだわって育てる京赤地鶏。
つくねや手羽先の他に、ササミ西京みそマヨなど、京都ならではのメニューもあります。
食べてみると、引き締まって味の密な肉に、炭火の香りがこうばしい。
ばくばく食べるというより、一本一本味わって食べたい串焼きですね。

めちゃうま鉄板焼きで贅沢気分

きのこと野菜のガーリック炒めせっかく1階の鉄板焼きで、目の前にシェフがいるので、鉄板焼きも注文してみることに。
きのこと野菜のガーリック炒めと、じゃがバターをお願いしました。
若くてキリッとしたシェフは、忙しいながらも「どちらから?」なんて話しかけてくださって、ちょっと会話も楽しんじゃいました。
目の前で炒めたアツアツ料理をいただくのは、贅沢な気分です。
それにしてもこの鉄板焼き、きのこもジャガバターも、めちゃうま!
他にも、京賀茂茄子のステーキや、イカ下足バター焼き九条葱のせなど、京都っぽいメニューもあるし、ガーリックライスとかパスタとか、もちろんステーキとかも美味しそう。
串焼きは食べたいし、鉄板焼きも食べたいし、悩ましい...。

締めの地鶏丼が絶品だった

九条葱いっぱいの地鶏丼悩みながらも締めはやっぱり京都っぽく、九条葱いっぱいの地鶏丼。
2個注文して、二人ずつで半分こしました。
地鶏の美味しさは言うに及ばずですが、たっぷりの九条葱と、真ん中にぽこっとのった生卵の黄身が甘いタレと絶妙のハーモニー。
う~ん、うまい!
女将を呼べ! 嘘です。笑。
さすが焼き鳥屋さんだけあって、鶏肉も黄身もいい味です。
大正解の〆チョイスでした。
ほどよくお腹も満たされたので、ここでお会計。
お酒も飲んで4人で17,760円なら、まずまずといったところでしょうか。

食費の高い京都で上手な外食のコツ

夜食に天下一品のラーメンでもこうして、飛び込みで入った店は大満足でしたが、魔界パリほどではないにせよ、京都の食費はやっぱり高めです。
それと、京都の料理は上品なので、一品一品がこぢんまりとしています。
先斗町などの繁華街でお腹いっぱい食べようと思ったら、1人5,000円ほどの出費は覚悟しておくべきでしょう。
そんなわけで、夜の京都の雰囲気を味わいながら、食費は控えめにしたいのなら、お酒と料理はそこそこに楽しんで、夜食にラーメンを食べるとよさそうです。
京都といえば天下一品があちこちにありますから、飲んだ後に立ち寄るのもいいかもしれません。

小さな食京都案内
小さな食京都案内麻生 圭子
おすすめ平均
starsガイドブックとはまた一味違う京都の食の紹介
starsお陰で楽しい旅になりました
stars圭子さんらしい、一味違ったガイドブックです
stars京都・四季折々の風味に誘われて
starsただの京都の食べ物紹介だと
Amazonで詳しく見る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top