Home / 京都旅行記 / 京都国際マンガミュージアムに寄ってみた

Nov
30
2011

京都国際マンガミュージアムに寄ってみた壬生で新撰組ゆかりの地を巡っていたら、そろそろ夕方。
このあとは、小町家で両親と合流して晩御飯の予定ですが、その前に、サイクリングの機動力を生かして、ちょっと変わったところに寄ってきました。
行ったのは、京都国際マンガミュージアム。
オフィス街の真ん中にあるちょっと変わった博物館です。
御池通りは、幅も広いし自転車専用レーンもあって、都会なのにサイクリングには快適。
すいすいと自転車を走らせて、目的地に向かいました。

- スポンサードリンク -

京都国際マンガミュージアムとは

芝生に寝転んでマンガが読める京都国際マンガミュージアムは、2006年に開館。
国内外の漫画に関する資料を集めた漫画博物館です。
統合によって廃校となった小学校の校舎を利用して造られました。
このミュージアムのそもそもの発案は、マンガ学部があることで有名な京都精華大学で、京都市と大学が共同運営しています。
国内マンガはもちろん、世界各国の有名マンガや、雑誌・アニメ関連資料など、所蔵は約30万点。
そのうち25万点は資料保存ということで閉架式になっていますが、それ以外の5万点のマンガ単行本は、館内に全長200メートルの「マンガの壁」として展示してあります。
もちろん、自由に読めるわけで。
しかも、かつてのグラウンドが芝生になっていて、そこで寝転がってマンガを読んだりできるんです。
これはポイント高いですね。

入館料がちょっと高い

中には手塚治虫の火の鳥がいるみたいです入館料は大人800円、中高生300円、小学生100円。
もちろん、マンガ大好きのサーチライトもシュクルも中に入りたかったんですが、閉館時間まであと30分もありません。
そんな状態で、壁一面ずらっと並んだマンガなんかを見たら、マンガ読みたいわ時間は無いわ、どうすればいいのよいったい?という半泣き状態になるのは火を見るよりも明らか。
そのために800円を出すのは、さすがに痛い。
というわけで、中に入るのは断念です。
ううう。・゚・(つД`)・゚・

ミュージアムショップでオスカル様を発見!

思わずこんなに買ってしまった...せめてミュージアムショップだけでも見てみることに。
品揃えはそれほど豊富なわけではなく、意外に狭い。
もっと広くして、いろんなグッズをがんがん売ればいいのに...と思うんですが、著作権とかギャランティーとかいろいろあるんでしょうね。
なんて思いつつ、つらつら眺めていると、おおっ!
オスカル様発見!Σ(ノ°▽°)ノ
ベルばらクリアファイルが売ってました♪
小学生の頃使っていたベルばら水泳バッグと同じ絵もある!
当然買っちゃいます♪(v^-^v)

あまり観光者向けではないけれど

やっぱり小学校の面影はありますね結局、ミュージアムショップだけの観光になりましたが、カフェもあるし、芝生でのんびりマンガを読んでいる人もたくさんいて、私たちも時間があったら一日ゆっくりいたい場所でした。
そうそう、ミュージアムショップでは、外人さんの姿も見かけました。
マンガは世界に誇る日本の文化ですから、京都のような外国人の多い観光地に、こういうミュージアムがあるのはいいですね。
ここは開館3年9ヵ月で入場者が100万人を突破、100万人目の入場者は、ロサンゼルスから来た小学6年生の女の子だったそうです。
以前、麻生閣下が国立メディア芸術総合センターの設立を提案してましたが、こういう成功例を見ていると、東京にも絶対こういう施設があったらいいと思います。

クール・ジャパン 世界が買いたがる日本
クール・ジャパン 世界が買いたがる日本杉山 知之
おすすめ平均
stars誰にでも分かる噛み砕いた内容!
stars日本の思想
stars日本のコンテンツ力ってすごい。
starsさて現状は...
starsまあまあの日本発コンテンツ論
Amazonで詳しく見る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top