Home / 京都旅行記 / 9月の京都旅行で注意したいこと

Dec
07
2011

9月の京都旅行で注意したいこと師走を迎え、京都は底冷えのする寒い季節になっています。
私たちが京都に行ったのは9月下旬ですから、あれからまだ2ヶ月ちょっとしか経っていないわけですが、季節の移り変わりの速さには驚かされますね。
さて、9月と言えば、暑い夏も終わり、そろそろ秋の気配が感じられる頃。
祝日が2回あって、シルバーウィークという言葉も定着し、まさに旅行シーズン!
...なんて思っていると、痛い目に会うのが9月の京都です。
実際、旅行そのものはすごく楽しかったのですが、思わぬところで罠にはまったサーチライトとシュクル。
今回は、9月の京都旅行の注意点をいくつか挙げておきますので、プランニングや持ち物リストの参考にしてみてください。

- スポンサードリンク -

油照りはかんにんどすえ

9月の京都はまだ夏真っ盛り京都の夏と言えば、じっとりと暑いことで知られていますが、9月に入ったからと言って急に秋になるわけではありません。
9月中旬の京都はまだ夏モードで、最高気温30℃オーバーなんて当たり前。
そしてとにかく蒸し暑い。
新潟の夏も、魔のフェーン現象による蒸し暑さでは定評がありますが、その新潟県民もまいるほどの蒸し暑さ。
まさに、油照り。
私たちが行った時は、ちょうど台風が接近中ということもあったのでしょうが、それにしても暑かった。
京都観光と言うと、どこに行くにしても、かなりあちこち歩き回ることになりますから、熱中症に気をつけて、暑さ対策は十分していきましょう。
それから、とにかく汗をかくので、着替えは多めに持っていった方がいいですよ。

工事中はかんにんどすえ

あちこちで工事の風景を見かけました秋の京都の本格的な観光時期は、おそらく9月ではなくて、もっと後でしょう。
修学旅行なら10~11月が多いでしょうし、紅葉狩りなら11~12月がメインになります。
そのせいかどうか、工事中のところが多く見受けられました。
私たちが行った中では、伏見稲荷大社と上賀茂神社が工事中。
京都では、9月というのは、夏休みが終わって、本格的な旅行シーズン前のちょうど間の期間になるのでしょう。
ですから、お目当ての寺社仏閣が、行ってみたら工事中だったということがあるかもしれません。
可能なら、事前に工事中かどうか調べて、観光予定を立てるといいかもしれません。
もっとも、京都のようにあれだけ観光対象の建築物があると、いつ行ってもどこかは必ず工事中かもしれませんが。

蚊ぶくれはかんにんどすえ

シュクルに仕留められるとはマヌケな蚊め今回の京都で最も悩まされたのが蚊。
まだまだ暑い京都では、とにかくあちこちで蚊が多かった!
下鴨神社の境内で、小さな女の子が何箇所か蚊に刺され、「かゆいかゆい」と言っていて、御祖母様らしき女性が「やっぱり若いから血が美味しいのね」なんておっしゃってましたが、とんでもない。
京都の蚊は、そんな選り好みするグルメじゃありませんよ。
小町家のオーナーさんには、「蚊がいるので気をつけて」と言われ、家の中にはちゃんと蚊とり用ベープマットや虫刺され、虫よけの薬もあったのですが、サーチライトはちょっと庭に出て煙草を吸っている間に2~3ヶ所も刺されてしまい、蚊が怖くて、せっかくの半露天のお風呂も窓を開けられませんでした。
虫刺されマスターのシュクルは、庭の金魚にえさをやる数十秒の間に刺される始末。
さらに、2日目のサイクリングも、鴨川沿いで刺され、神社で刺され、挙句の果てにはオフィス街のど真ん中でも容赦なく刺され。
結局、京都にいる間に、サーチライトは計9ヶ所、シュクルは計12ヶ所も蚊に刺されてしまいました。
とにかく、暑い京都ではくれぐれも油断なきよう、蚊の対策を万全にしていきましょう。

京都 夏の極めつき
京都 夏の極めつき柏井 壽
おすすめ平均
stars京都を語らせると柏井壽さんが...
stars近江と鯖街道って
stars著者の視点は面白い
stars夏の京都も行く価値ありそう
stars企画の素晴らしさに
Amazonで詳しく見る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top