Home / 旅行術フィードバック / いつもの海外旅行は卒業!初めての個人手配ガイド

Jan
31
2012

いつもの海外旅行は卒業!初めての個人手配ガイド

格安航空券を手に入れて、もちろん現地では完全自由時間。
旅行雑誌に載っていた有名ホテルに宿泊したり、格安で質のいいホテルを探したり。
夜は賑やかな繁華街で遊び歩き、朝は人のいない観光地でカメラを片手に散歩する。
歩き疲れたら宿に戻ってちょっと休憩...。
自分の力だけで海外旅行ができるようになると、まったく新しい旅の世界が広がります。
いつもの海外旅行はもう卒業!
いざ、自分だけの海外旅行を作りましょう。

- スポンサードリンク -

どうして個人手配がおすすめなのか?

(1) 自分でホテルを決めることができる
(2) コストパフォーマンスが高い

ツアーではなく、自分で航空券と宿を手配する。
こういう海外旅行のスタイルを「個人手配」と呼ぶことにします。

ホテルの立地がよければ夜も観光できる個人手配の最大のアドバンテージは、宿泊先ホテルを自分で決めることができること。
格安ツアーは、だいたいが郊外のホテルに泊まることになるので、ホテル周辺の治安や交通の面で、出発前の不安は多くなります。
また、出発直前までホテルが決まらないことも多いので、観光の予定が立てにくいというのも、格安ツアーの欠点でしょう。
添乗員同行のパックツアーなら、それでも問題ありませんが、それはそれで自由行動が制限されてしまいます。
一方、自分たちで市内中心部のホテルを手配すれば、治安や交通の便に不安がない分だけ、朝早くから夜遅くまで行動できます。
つまり、ホテルを自分で決めるということは、滞在時間を効率的に使えることにつながるのです。

2人で泊まっても料金は変わらないしかも、観光地のど真ん中にあるホテルでも、意外と安く泊まれるのが個人手配のいいところです。
ツアーでホテル指定にする場合は、ホテル指定料金に加え、しっかり2人分の宿泊料(または1人利用追加料)を取られるので、合計金額がとても割高になってしまいます。
しかし、海外のホテルの料金は、ほとんどが部屋単位での料金なので、1人で利用しても2人で利用しても、本当は宿泊代金は変わりません。
つまり、自分でホテルを手配すれば、指定料金はもちろん必要ありませんし、1部屋分の料金だけで済むため、ホテルの質は落とさず、宿泊費もおさえられる、いいとこどりができてしまうのです。

海外個人旅行で不安なこと

(1) 言葉の問題は大丈夫?
(2) トラブルが起きたときにどうするか?

携帯版 英会話海外旅行ひとこと辞典多くの日本人にとって、個人で海外旅行をする時の最大の不安は、言葉の問題でしょう。
私たちも英会話にはまったく自信がないので、海外旅行のたびに、うまく立ち回れるか心配になります。
ただ、事前にしっかり準備しておけば、言葉の心配は意外と大丈夫なものです。
というのも、思っているより会話で交渉が必要な場面というのはないんですね。
空港やチェックイン時の会話が心配なら、海外旅行用の英会話集を一冊準備しておくと心強いでしょう。
それほど高い買い物でもないので、これを機会に一冊買って勉強してみるというのも、先々の自信につながると思います。

万が一、深刻なトラブルが起きた場合でも、手伝ってくれるのは添乗員さんやツアー会社だけではありません。
海外旅行保険やクレジットカードのコールセンターに電話すれば、しっかり24時間サポートしてくれますし、航空券やホテルをネットで手配したなら、そちらでもちゃんとサポートが付くでしょう。
個人旅行でも、いざという時に相談できる相手はあちこちにいるわけです。
また、よほどマイナーな旅行先でなければ、どこかに日本人旅行者や添乗員さんがいるはずです。
よくわからない場合には周囲を観察して真似したり、いざという場合には声をかけたりして、臨機応変に立ち回りましょう。
ただし、現金のトラブルはどうにもならないので、現金が一文無しになっても困らないように、クレジットカードだけは個人旅行の必須アイテムです。
【関連記事】 海外旅行に強いクレジットカード

海外個人旅行を実際に手配する

(1) 航空券を手配する
(2) 海外ホテルを予約する

さて、海外旅行を個人で手配すると言っても、実はそれほど難しいことではありません。
旅行先までの交通手段を考えて、旅行先での宿泊先を手配する。
つまり、基本的にやることは、国内旅行と同じです。
しかも、インターネットのおかげで、国際線航空券も海外ホテルも簡単に手配できる時代になりました。

航空券を手配する

航空券を手配する海外旅行で一番大きなパーツは航空券です。
できれば格安航空券を手に入れたいと思うのは人情ですが、行程や航空会社など、価格以外にも検討すべき部分があり、なかなか一筋縄ではいきません。
そんなときに便利なのが格安航空券の検索サイト。
さまざまな航空券を一度に比較できるので、自分のプランに合わせたシミュレーションが可能です。
格安航空券を扱うサイトはたくさんありますが、あまり大量に紹介しても混乱するでしょうし、使い勝手のいいサイトを絞ってピックアップしておきます。

トルノス

業界最大手JTBグループの航空券オンライン予約サイト。
個人旅行初心者にとっては、値段以上に空港での立ち回りなどの方が心配でしょうから、いざというときのサポートを重視したいなら、信頼できる旅行代理店を通すのが安心でしょう。
各航空会社の空席状況を検索した上で結果を返すので、予約してみたら実は空席がなかったということもありません。
手数料も無料で、支払いは実費のみ。
早い段階から旅行の日程が決まっていて、確実に航空券を手配したいなら安定の使い心地です。

エイビーロード

じゃらんでおなじみリクルート社の海外旅行サイト。
航空会社の正規割引航空券(PEX航空券)だけでなく、各旅行代理店が販売している格安航空券も同時に検索するので、びっくりするほど安いチケットが見つかることもあります。
格安運賃にこだわるなら、一度は目を通しておきたいサイトといえるでしょう。
また、今回の記事の趣旨には外れますが、旅行会社の格安ツアーも検索できるので、海外旅行を計画する際に、旅行代金の相場をチェックするなどの使い道もあって、いろいろと捗るサイトです。

海外ホテルを予約する

海外ホテルを予約する海外のホテル予約は、インターネットの恩恵を最も享受できるところです。
日本語のサイトから全日程分のホテルを確保することができるので、言葉に不安があってもまったく問題なし。
支払いも予約と一緒にクレジットカードで決済するところが多いため、チェックイン・チェックアウトの不安も軽くなります。
ヨーロッパの古城ホテルなんかも簡単に予約できますし、しかも一般のホテルは驚くほど格安で、一度経験するとやめられなくなります。
海外ホテル予約のサイトもたくさんありますが、こちらも実体験を踏まえてピンポイントで紹介します。

エクスペディア

マイクロソフト社から独立した世界最大のオンライン旅行会社。
扱っているホテルは世界30,000都市、140,000軒以上。
ホテルの写真やクチコミも充実していて、じゃらんとか楽天トラベルと同じ感覚で利用できます。
連泊割引なんかも充実しているので、驚くほどリーズナブルなホテルが見つかることもあります。
プラハ旅行で実際に利用した時、ホテルのチェックイン時刻について、サポートセンターに電話で相談したことがあるのですが、スタッフは日本人で、親切に対応してくれました。
個人的に、とても好感度の高いサイトです。

トリップアドバイザー

トリップアドバイザー世界最大級の旅行クチコミサイト。
ホテル予約サイトで良さそうなホテルが見つかったら、トリップアドバイザーでクチコミをチェックしてみるといいでしょう。
日本語のクチコミがあれば、日本人が泊まったことがあるということなので、ちょっと安心します。
英語が読めれば、外国人のクチコミも参考になるはずです。
外国人と日本人ではホテルの評価のポイントが違ったりして面白いですよ。
ただ、クチコミサイトの常として、少なからずステマも存在するようなので、ランキングやスコアは参考までに。

海外旅行の個人手配で一番大事なこと

情報収集は念入りに海外旅行の個人手配で一番大事なのは、情報収集です。
どんな海外旅行でも事前の下調べは重要だと思いますが、特に個人手配の場合、情報収集の重要度はツアーとは比べ物になりません。
基本的に徒手空拳、自分の力で何でもしなければならない個人手配は、情報不足こそが命取りです。
下調べが不十分だと、余計な時間やお金を使うことになり、観光に支障をきたします。
トラブルが起きるリスクも高くなるでしょう。
そんなことのないように、情報収集はしっかりと。
ガイドブックはちゃんと読む。
しっかり予習してあればトラブルにも慌てない空港やホテルで必要になりそうな英語をメモしておく。
外務省の安全対策基礎データに目を通す。
などなど。
自宅を出発してから帰宅するまでの流れをシミュレートして、よくわからないところは調べておきましょう。
幸い今はグーグルで、たいていのことは調べられる時代。
こうした下調べをしっかりやっておけば、トラブルを極力避けることができるはずです。
すべてが自由な個人旅行では、情報収集すればした分だけ、旅先で有意義な時間を過ごすことができるでしょう。

剣と魔法のプラハ旅行記は、私たちが初めて個人手配に挑戦した体験記でもあります。
初めての海外個人旅行で、私たちはどう行動したのか?
この旅行記が、みなさんの情報収集の参考になれば幸いです。

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top