Home / プラハ旅行記 / 僕たちはこんな風にプラハ旅行を手配した

Feb
07
2012

僕たちはこんな風にプラハ旅行を手配した

今回は、初めての海外旅行個人手配の実践編として、私たちが実際に初めて個人手配をするに至ったプラハ旅行の経緯を紹介しようと思います。
個人手配はしてみたいけれど、言葉や立ち回りにいろいろ不安があって、なかなか踏ん切りがつかないという人も多いでしょう。
今回の記事が、そういう方の手助けになれば幸いです。

- スポンサードリンク -

H.I.S.初夢フェア「中欧周遊8日間」を予約

今回のプラハ旅行を企画したのは2011年の元日です。
正月になるとBSで海外旅行特番がたくさん放映されているのですが、それを見ていたらすっかり旅情を刺激されてしまい、試しにネットでいろいろ検索してみたのが始まりでした。
私たちの目に留まったのは、H.I.S.の初夢フェア「中欧周遊8日間」。
プラハ&ウイーン&ブダペストの3都市周遊フリーステイで、出発日は5月13日、ツアー代金は1人170,840円(諸経費含む)。
出発日に少々不安があったものの、内容は満足できるものでしたし、何よりこの値段はかなり魅力的です。
オンライン予約は先着90名までということで、無料キャンセル期間を確認しながら、さっそくアカウントを作成して申し込み。
決済はもちろんクレジットカード。
申し込み手続きはあっさり終わり、予約完了のメールを保存して、飛行機と宿泊ホテルの決定連絡待ちとなりました。
つまり、最初は個人手配をする気などさらさらなく、いつものフリーステイの予定だったのです。

プラハ単独旅行に変更?

プラハ迷宮の散歩道翌月の銀行引落でクレジットカードの支払いも確認し、中欧旅行に向けた下調べが始まります。
しかし、ここからが予想外の展開。
8日間で3都市周遊ということは、1都市あたり正味1日半の滞在時間なのですが、下調べを始めてみるとやりたいことがどんどん増えてきて、1日半じゃまったく足りそうにない!
特に一番やばいのはプラハ。
予習用に買った「プラハ迷宮の散歩道」の美しい写真にすっかり魅了されてしまい、これは絶対に消化不良になって、パリの二の舞、第2次プラハ遠征をすることになる予感...。
加えて、軌道修正が決定的になったのは、どうもシュクルの仕事の都合上、5月13日(金)の出発は微妙そう。
幸い、まだ出発75日以上前なので、キャンセル料も発生せず、全額が戻ってきます。
とりあえず、新潟のH.I.S.に相談してみようか。

単独ツアーがない!

プラハを中心にした旅行に変更とはいっても、問題になるのがツアーの内容と価格です。
H.I.S.でパンフレットを見せてもらったところ、そもそもプラハ単独のツアーがありません。
あるのはパリ&プラハやウィーン&プラハといった2都市周遊型のものばかりでした。
いや、とりあえずパリとか、もういいから。笑。
しかも、初夢フェアと比べると、やっぱりかなり値段が高い。
どうしようか迷っていると、H.I.Sのお姉さんが「プラハまでの航空券を買って、ホテルは自分たちで予約したらどうか?」とアドバイスしてくれました。
もしも自分たちでホテルの予約をするのが不安なら、予約の代行もしてくれるそうです。
なるほど。
でも、それって結局、個人手配ってことだよね?
うーん、個人手配で海外旅行をするのはもっと経験を積んでからと思っていたんだけど、大丈夫なんでしょうか?

格安航空券を探してみる

そんなこと言っても、ちょうどいいツアーが無いなら仕方ありません。
試しに希望の日程で、プラハ行きの航空券で安いものを探してもらいました。
そうすると、今ならフィンランド航空のチケットがかなり格安で予約できるとのこと。
値段は、燃油等諸経費を合わせて1人往復127,460円。
成田出発時刻やヘルシンキでの乗継時間にも余裕があり、なかなかいいチケットです。
ただし、3日以内に現金払いか銀行振込で購入するのが条件で、決断の猶予はあまりありません。
海外旅行は不慣れなので、空港での立ち回りに不安がある旨を告げると、その点はちゃんとサポートしてくれるとのこと。
いずれにせよ、ネットで予約した初夢フェアのキャンセルは、ネットからでないとできないということなので、その場は態度保留として、家でホテルを探してみることにしました。

海外ホテルを探してみる

結果的に、個人手配に踏み切る決定打となったのはホテルでした。
初夢フェアは超格安ツアーだけあって、宿泊先ホテルは出発1週間前まで確定しないということでした。
もともと、サーチライトはこの点を不満に思っていたのです。
家に帰ってエクスペディアでプラハのホテルを検索してみると、市内中心部のホテルでも1部屋1泊15,000円程度。
市内中心部から少し離れたところなら、1部屋1泊7,500円程度でもクチコミのいいホテルがたくさん見つかります。
これなら、トータルで初夢フェアの値段を下回るのは確定的に明らか。
しかも、ホテル周辺の治安に怯えることもなく、観光の予定も立てやすい。
いつかは私たちも個人手配で海外旅行に行くつもり...。
その「いつか」は、今回なのかもしれない...。
これで、覚悟は完了しました。

いざ、個人手配へ

そんなわけで、初夢フェアの方はキャンセルして、H.I.S.新潟でフィンエアーの航空券を手配、ホテルはエクスペディアからネットで予約しました。
初夢フェアのキャンセルは、既に入金が終わっていたので面倒かもしれないと思っていましたが、取り消しから約10日後に楽天カードから返金手続きの連絡があり、カード手数料などを請求されることもなく、1ヵ月後に全額が戻ってきました。
フィンエアーの航空券はEチケットが導入されているので、事前にH.I.S.から郵送されてきた旅行日程表(ITINERARY)がバウチャー代わりになります。
エクスペディアのホテル予約も、紙ベースのバウチャーはありませんが、予約時に送られてきたメールを印刷して持参すれば、バウチャー代わりに使えます。
旅行代金2人分の合計は、H.I.S.初夢フェアが6泊8日341,680円だったのに対して、個人手配は5泊7日307,182円。
ただ、今回は旅行代金うんぬんよりも、個人手配の最初の一歩を踏み出したことに大きな価値がありました。

TouristからTravelerへクラスチェンジ

そんなわけで、私たちの個人手配初挑戦は、なりゆき上のものでした。
何度かツアーで経験を積んで、自信がついたらそのときは個人手配で海外旅行。
私たちもずっとそう思っていました。
しかし、何度ツアーを経験しても、それだけですべての不安が拭えるわけではありません。
結局、最初の一歩を踏み出すのは自分たち。
いつか個人手配をしたいなら、実際に個人手配を経験してみるのが一番の近道です。
今回の記事を読んで、個人手配に挑戦してみたいと興味を持った方は、初めての個人手配ガイドも、あわせて参考にしてみてください。

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top