Home / プラハ旅行記 / チェコ料理ってなにそれおいしいの?

Mar
12
2012

チェコ料理ってなにそれおいしいの?

みなさんは、チェコ料理といわれて何か思いつく料理はありますか?
フランス料理ならエスカルゴ、ドイツ料理ならソーセージ、イタリア料理ならパスタ、インド料理ならカレー、日本料理なら寿司、香川県ならうどん。
でも、「チェコ料理」と言われても、そういう誰でも思い浮かべる定番イメージは、おそらくないんじゃないでしょうか。
そこで、「チェコ料理ってなにそれおいしいの?」という人のために、美味しいチェコ料理の定番を紹介します。

- スポンサードリンク -

Restaurace U Supa

中世を感じさせる店内長いフライトを終えてホテルにチェックインした私たちは、この日の夕食は宿泊ホテル地下のレストランで食事をする予定でした。
しかし、残念ながらこの日は閉店ということでアウト。
幸いにも夜の街を歩いても大丈夫そうだったので、ぶらぶらとどこかよさげなところに入ることにしました。
選んだのは、旧市街広場すぐ近くのレストラン・ウ・スパ。
オープンテラス席には人がいっぱいで、にぎやか。
私たちは中に入って店内の席につきました。
教会のホールのような店内は、落ち着いたムードながら、生演奏のバンドも入っていて、楽しい雰囲気。
店員さんも親切で、愛想よく接客してくれます。
飛び込みで入ったわりに、これはなかなかいいかも。

ベヘロフカに「うべぼばー!!」

うべぼばー!!(;>_<;) チェコにきたからには、もちろんビールなんですが、その前に、小さなグラスに入ったお酒が2つテーブルに置かれました。
あれ? 頼んでないよ?
セットの食前酒ってことでしょうか。
せっかくなので飲んでみます。
食前酒なら、甘いよね、きっと。
んん? うべぼばー!! き、きつい~!!(;>_<;)
このお酒は、ベヘロフカという養命酒のようなハーブ酒。
20種類以上の薬草をウォッカにつけこんだリキュールで、食前に飲むと消化がよいのだそうです。
ウォッカなら、そりゃきついよね。
良薬は口に苦しっていうやつ?

プラハのビールが美味すぎてやばい

ベヘロフカで喉がカッと熱くなったら、いよいよお待ちかね、チェコビールです。
日本人も相当なビール好きの国民だと思いますが、チェコは国民一人あたりのビールの消費量が世界一というビール大国。
日本のビールの主流・ピルスナー発祥の地でもあります。
ビールが苦手なシュクルはグラスワインにしましたが、ビール好きのサーチライトは大きなジョッキにふわふわの泡で、ぐいっといきます。
サーチライトいわく、「日本のビールと似た味で、すっきりだけどコクがあってうまい!」
ほほう。
しかも、安い!
1杯250円くらい。
イギリス人はビールを飲むためにチェコに来ると聞きましたが、なるほど納得。
ちなみに、ベヘロフカとグラスワインは、1杯500円くらいでした。

チェコビールとヴェプショクネドロゼロ

チェコ料理の定番ヴェプショクネドロゼロ

チェコに来た以上、必ず一度は食べておかなければいけないのが、「ヴェブショクネドロゼロ」というチェコの定番料理です。
舌噛みそうな名前の料理ですが、「ヴェプショ」は豚肉、「クネドロ」はクネドリーキ、「ゼロ」はザワークラウトのこと。
簡単に言うと、豚肉のローストにクネドリーキとザワークラウトがついているワンプレート料理です。
そのまんまのネーミングですね。
クネドリーキは、ダンプリングとも言って、チェコ料理についてくるつけあわせ。
ふかふかの蒸しパンみたいで、けっこうボリュームがあります。
豚肉は、やわらくてうまい!
チェコは豚肉が有名だと「旅の指さし会話帳」にも書いてありましたが、豚肉に限らず肉はなんでも美味しかったです(詳しくは追々)。
ザワークラウトは酢漬けキャベツのことで、甘酸っぱい茹でたキャベツのような味にサーチライトは降参。
でも、シュクルは大好物なので全部もらってぱくぱく食べました。

量はたっぷり、お値段おてごろ

肉食っとけば間違いないシュクルの方は、これも定番チェコ料理グラーシュを頼みました。
濃厚なビーフシチューという感じで美味しく、2人ともお腹いっぱい。
量がたっぷりな上に、クネドリーキはボリュームがあって、さらにパンもつくので、一人一品は多いかもしれません。
会計は、全部で大体4,200円くらい。
ベヘロフカが思ったより高かったのと、観光地のど真ん中のレストランなので、やや高めの値段設定といったところでしょうか。
それでも魔界パリに比べたら、天国みたいな食費ですけどね。笑。

剣と魔法のプラハ旅行記へ戻る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top