Home / フランス旅行記 / ルーヴル美術館の鑑賞時間が2時間しかない人へ

Apr
17
2012

ルーヴル美術館の鑑賞時間が2時間しかない人へ

ルーヴル美術館に訪れる機会に恵まれたとき、多くの人が考えるのは、「限られた時間内でルーヴル美術館の有名どころを一通りさっくりと鑑賞したい」ということじゃないでしょうか。
そもそも、ルーヴルを本気で観ようと思ったら、一週間あっても全然足りないわけですが、通常の短期旅行者がルーヴル見学に使えるのは、せいぜい半日か一日といったところでしょう。
そんな中で、何の事前準備もなくルーヴルに行くと、巨大な迷路の中でうろうろした挙句、見たいものも見れずに疲労困憊という事態になりがちです。
今回は、そんな事態にならないために、おすすめの一冊を紹介します。
みずからギャラリーを経営し、名画解説でも人気のある有地京子さんの著書「ルーヴルはやまわり―2時間で満喫できるルーヴルの名画」です。

- スポンサードリンク -

わかりやすいルートマップ

この本の最大のおすすすめポイントは、作品解説だけでなく、どう進めばいいかというルート解説がついていることです。
例えば、「部屋3からエスカレーターの方をむいて右側の、白字の4の部屋に入ってください。」というように、作品解説の後で動き方が書いてあります。
これなら、単に「部屋4にあります」という説明よりも、動きがわかります。
そして、表紙を裏返すとルーヴルの見取り図になっていて、本の中で取り上げられている作品を見てまわるためのルートマップになっているので、そのルートマップと動き方の解説を合わせて見れば、初めての人でもかなり効率よく動けるのではないでしょうか。

ピンポイントの見どころ解説

この本のもうひとつのおすすめは、作品の見どころがピンポイントで書いてあることです。
例えば

この作品のもうひとつの見どころは細密描写の超絶技巧です。左下のベルトの飾りや、オダリスクの宝石、青いカーテンの模様など、北方ルネサンスのヤン・ファン・エイクの描写勝るとも劣らぬ素晴らしい技量をご覧ください!

とか、

この作品の一番の見どころは、船を引っ張っている海の精ネレイスたちの躍動感あふれる豊満な肉体です。ネレイスたちの肉体美は圧巻で、ドラクロワもセザンヌも熱心に模写しました。彼女たちの太ももの水滴はまるで滴り落ちそうです。ぜひ、近くでご覧ください!

とか、絵のどこに注目すればいいかが書いてあるので、作品鑑賞にもすごく役立つのです。
その「滴り落ちそうな太ももの水滴って、どんなだろう?」と思って、実物を見たくなります。
やはりプロの視点から書いているので、美術書として読んでいてもおもしろく、絵画好きな人にもおすすめです。
作品は、必見の名画40点と余裕のある人向け15点。
「プロローグ」にはリシュリュー翼が中心とありますが、そんなこともなく、メジャーどころはしっかりおさえてあるので、ミーハー初心者にも嬉しいラインナップになっています。

フルカラーでないのが残念

この本で物足りない点と言えば、写真が白黒であること。
単なるルート解説ならそれでもいいのですが、絵の解説も素晴らしいので、ぜひフルカラーでみたいところ。
まあ、どうぞ本物をじっくり見てくださいということなんでしょうけど。
それから、全体に絵画中心で、彫刻は少な目です。
ミロのヴィーナスやサモトラケのニケは、鑑賞ルートに入っていますが、その他はあまりなく、彫刻好きの人には物足りないかもしれません。

ルーヴル4時間攻略? 甘いな、2時間だ!

私たちがパリに行った時、ルーヴル美術館は、かなりのテンションをもって観光した場所でした。
もちろん、下調べも念入りに挑んだ場所です。
ゆめのりょけんでは、そのときの経験をもとに、ルーブル美術館4時間攻略法ルーヴル美術館4時間補完計画というコンテンツがあります。
かなり満足できる鑑賞だったものの、第1次パリ遠征で足りなかった部分を第2次パリ遠征で補い、ようやく納得した感があります。
私たちがパリに行った時も、この本があったらもっとうまく動けたのになあ...と思ってしまいました。

ルーヴルはやまわり - 2時間で満喫できるルーヴルの名画
ルーヴルはやまわり - 2時間で満喫できるルーヴルの名画 有地 京子
中央公論新社
おすすめ平均
stars本当に2時間でまわれました
starsルーヴルに行かなくても楽しい!
stars「はやまわり」と題するも堂々たる美術講義本
stars出来るだけ早くルーヴルに行きたい
Amazonで詳しく見る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:2

RISA 2013年4月18日 12:43

はじめまして^^
6月に新婚旅行でフランス・パリに行きます(*´∀`)♪
いろいろ参考にさせていただきますね♪
すごく分かりやすいブログで助かります♪

シュクル 2013年4月21日 22:41

RISAさん、コメントありがとうございます。
新婚旅行でパリですか。
いいですね♪
私たちも新婚旅行はパリで、すごく楽しくて思い出深い旅行でした。
でも、もっと情報収集しておけばよかったと思うこともたくさんありました。
それがきっかけでこのブログを始めたので、少しでも参考になればこんな嬉しいことはありません。
素敵な旅行になることを祈っています。(=^ ^=)

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top