Home / プラハ旅行記 / ストラホフ修道院の世界一美しい図書館

Jun
19
2012

ストラホフ修道院の世界一美しい図書館

図書館にはロマンがある。
過去の叡智の結晶たる書物を収集し、整理し、保存して、それらを未来へ引き渡す場所。
あるいはファンタジーRPGの世界なら、古代文明の図書館の遺跡から、価値のある蔵書を持ち出してきて、禁忌の呪文を覚えたり、失われた文明の技術を復活させたり、未来を示す預言を発見したり...。
そんな図書館にロマンを感じる人なら、ストラホフ修道院は必見の観光スポット。
まさしくそこは中世ヨーロッパの叡智の殿堂です。
思い描いたファンタジーの光景を求めて、「世界一美しい」と称される図書室を見学してきました。

- スポンサードリンク -

ストラホフ修道院/Strahovský klášter

ストラホフ修道院の聖母被昇天教会ストラホフ修道院が創建されたのは1140年。
国王ウラジスラフ2世の強力な支援によって、ボヘミアの学問の中心地として規模を拡大してきた修道院です。
その後、社会主義体制によって廃止されるまでの約800年の間、修道士たちがここで祈りと労働の日々を送っていました。
広い敷地内には、修道院の他に、聖母被昇天教会、聖ロッフ教会などがありますが、現在一般公開されているのは、どうやら図書室のある建物だけのようです。
観光客はいるものの、団体客がいなかったためか、とても静かな空間が広がっています。

図書室の見学について

このシート、もっとちゃんと写真を撮ってくればよかった...ストラホフ修道院の図書館は、正面の白い教会(聖母被昇天教会)の右側にあるクリーム色の建物の2階にあります。
建物の入口に窓口があるので、そこでチケットを購入。
私たちが訪れた時は、入場料が1人80チェココルナ、図書館の写真を撮影したい場合は、さらに追加で50チェココルナでした。
もちろん、今回は図書室の写真を撮るのが大きな目的なので、追加の料金を支払います。
階段で2階に上がると、係員の人がチケットを確認して、日本語の解説シートを貸してくれました。
この図書室のある建物は、修道院時代に収集された珍しい品々の博物館にもなっていて、海洋生物の標本や武具類や考古学的な出土品なども展示されています。
図書室は、かつては中まで入れたようですが、今は廊下から内部を覗くだけです。

神学の間/Theological Hall

ストラホフ修道院には2つの図書室がありますが、見た目にぱっと引きつけられるのは、「神学の間」の方でしょう。

神学の間

半円状の天井には、バロック様式の白い装飾が施され、その中には色とりどりのフレスコ画が描かれています。
その天井の下には、部屋を取り囲むように書架が置かれ、その中には古書がぎっしり。
床には古い地球儀が置かれ、傍らには思案するような表情の神父像があります。
この図書室には、多くの言語のさまざまな版の聖書が所蔵されていて、「神学の間」の由来もそこから。
いわば「僧侶の図書室」といったところでしょうか。

哲学の間/Philosophical Hall

もう一方、「魔法使いの図書室」たる「哲学の間」は、弦楽器のようにつやつやと美しい書架に圧倒される一室。

哲学の間

ところどころ金色の装飾が施された飴色の書架が天井にまで連なり、その天井いっぱいに描かれたフレスコ画。
よく見ると書架は二層になっていて、上部にはバルコニーのような手摺りが付いています。
書架の間から漏れる光の加減も美しい。
こちらには、中世からの哲学・天文学・数学・歴史・文献学などの書物が集められ、蔵書数はなんと50,000冊以上とか。
中世の書物は1冊で家が買えるほど貴重なものだったそうですから、それをこれだけ集めるとなると、どれほどの一大プロジェクトだったか窺い知れますね。

光と闇が備わり最強に見える

中庭にはボヘミアの盾を持ったライオンがいましたかつて、知識が一部の人間に限られていた時代。
医学や薬学に長けた神父が祈りとともに治療を施せば、それが神の力に見えたことでしょう。
あるいは、自然科学に長けた知識人が、火や風や水や土を操ってみせれば、それが魔術のように見えたことでしょう。
例えば、諸葛亮孔明が、呪術を用いて風向きを変えたように。
ファンタジー世界における魔法の力や神の加護というのは、こうした知識を持つ者と持たざる者の乖離に由来するのかもしれません。
なるほど、ここはダーマの神殿。
ここで修道士として修行すれば、遊び人シュクルも魔法使いの呪文と僧侶の呪文の両方を備えた賢者になれるかもしれないね。笑。

図書館戦争
図書館戦争有川 浩
おすすめ平均
stars予想外だった
stars焚書は最大の野蛮
stars他の方の意見にちょっと補足
stars楽しく読んでください
stars荒唐無稽すぎて面白い
Amazonで詳しく見る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top