Home / 東海旅行記 / 浅田真央ちゃんのザ・アイスを観てきたよ

Jul
26
2012

浅田真央ちゃんのザ・アイスを観てきたよ

全国のフィギュアスケートファンのみなさん、こんにちは。
ついに行ってきました、「真夏の氷上祭典 THE ICE 2012」!
浅田真央ちゃんのアイスショーとして、毎年夏の恒例イベントになっている「ザ・アイス」。
毎年、行きたい行きたいと思っていたものの、費用と時間で諦めていたのです。
でも、ちょっと待って!
いくら地図が読めなくても、私は仮にも旅行記ブロガー、なにかいい手はないものか?
サーチライトの手を借りず、シュクル単独の日帰り名古屋一人旅。
行ってみましょう、みせましょう!
ゆめのりょけんの名にかけて!

- スポンサードリンク -

新潟から例の乗り物に乗って名古屋まで

例の乗り物まず、車もお金もないシュクルにとって、新潟から名古屋までどうやって行くのが一番いいか。
一番楽なのは、新潟から飛行機→名古屋で一泊→アイスショー観覧→飛行機で新潟。
このルートだと、宿付き早割で35,000円見当。
新幹線を使うと、泊まらなくてもいいけど、新潟→東京→名古屋になるので、片道だけで約20,000円、往復すると40,000円。
泊まり付き飛行機よりも高くなってしまいます。
むむう、これはひどい。

名鉄バスセンターに到着いろいろ検討した結果、どうやらここはやはり、ゆめのりょけんおなじみの、あの乗り物が一番ってことですね?
新潟→名古屋の深夜バス片道7,800円。
深野バスなら、宿も必要ないし。
帰りは飛行機の旅割55適用で14,700円、しめて22,500円。
うん、これで決定。
新潟交通の高速バスは、3列座席なので、隣の人とくっつかなくていいから、一人旅にはもってこいですね。
しかも、車内トイレ付きで安心(使わなかったけど)。
しかし、今回は荷物を最小限にするために、なまこくんを持ってこなかったので、いまいち熟睡できず、何度も目が覚めてしまいました。
偉大なり、なまこくん。

大都会だがや新潟を22時45分に出発した深夜バスは、途中、2回ほどの休憩を入れて朝の6時に名古屋の名鉄バスセンターに到着しました。
名鉄バスセンターは、名鉄名古屋駅の上にあり、両隣は近鉄名古屋駅とJR名古屋駅。
初めて名古屋駅に降り立ったシュクルですが、どえりゃあ立派でびっくりしただがや。
ものすごい大都会じゃにゃーだがね。
おみゃーさんも、行ってみてちょう。

愛・地球博記念公園へのアクセス

往復券の代わりにリニモカードザ・アイスの定番会場は、愛・地球博記念公園(通称モリコロパーク)にあるアイススケート場。
モリコロパークへのアクセスは、名古屋駅から地下鉄東山線で約25分の藤が丘駅まで行き、藤が丘駅でリニモに乗り換えて約13分で公園前の駅で降ります。
地下鉄東山線は、駅前の地下街に入るとすぐにわかりますし、リニモへの乗り換えも表示に従えば楽々。
ザ・アイスの時は、大量の人が移動するらしいので、地下鉄やリニモの切符はあらかじめ帰りの分も買っておくと便利です。
リニモは往復券というのは無くて、窓口で聞いてみたら、往復分のリニモカードをおすすめされました。

モリコロパークでの待ち時間の過ごし方

公園内では貴重な屋根付きスペース開場時間にちょうどよく移動すると、地下鉄やリニモが大混雑するらしいので、早めの移動がおすすめです。
私は朝6時に名古屋に着き、カフェで朝食を食べて、8時過ぎに名古屋からモリコロパークに向かいました。
まだ人は少なくて、電車は快適。
9時過ぎにモリコロパークに到着しましたが、開場まではまだ1時間半、開演はそのさらに1時間後。
この待ち時間の過ごし方は、2つあります。
ひとつは、体力を極力温存するために、日陰でじっとしていること。
それに最適なのが、入り口近くにある、地球市民交流センター。
広い屋根付きの広場みたいになっていて、壁際にベンチがたくさんあるので、待っているのには最適です。

サツキとメイの家もうひとつは、他の場所を見学すること。
公園内のさまざまなエリアの散策をしたり、観覧車に乗ったり。
基本的には自然いっぱいの公園なので、花や緑や池や森が好きな人には楽しいですし、写真を撮るのにもいいです。
ただ、真夏なので、めちゃくちゃ暑い。
公園内を散策するなら、日傘や帽子と、ペットボトルは必需品です。
そんな中、一番のおすすめは、「サツキとメイの家」の見学。
ほどよく自然も味わいつつ、トトロの世界を体感できて、楽しい気分になりますよ。
こちらの詳しいレポートは次回の記事で。

食べ物はたくさんある

森のレストランメニュー私は昼の公演だったので、開場が10時30分、開演が11時30分。
開場時間の前には、すでに長蛇の列が出来て、中に入るまでかなり待ちます。
ただ、チケットは指定席で持っているわけですから、無理して並んで早く会場入りしなくてもいいんじゃないかと思ったので、会場周辺をぶらぶら。
食べ物の屋台がたくさんあるので、ここで早めの昼食を取りながら開演を待つのもいいですね。
「森のレストラン」という店もあって、かなり座席数がありました。

真央ちゃんも食べたきしめんの屋台シュクルおすすめは、ぽつんと離れたきしめんの屋台。
ものすごく地味なこのきしめん屋さんは、普段はアイススケート場の中にあるきしめん屋さんで、浅田真央ちゃんも食べに来るお店です。
中には真央ちゃんのサインも飾ってあるみたいですが、ザ・アイスの時はスタッフルームになっているので、外に出店しているのだそうです。
だから、ただ屋台だけが出ていて、電話で中にあるお店に注文を伝えて、そこからできたてのきしめんが届きます。
ダシの利いたツユと、もっちりきしめんは絶品でした。

グッズも外でゆっくり買える

人気のスケートグッズ関連グッズの屋台も外に出ていますから、急いで中に入る必要はありません。
公演のパンフレットは2,000円。
その他、写真集、DVD、CD、スケート雑誌、Tシャツ、バッグ、タオル、ストラップなどのグッズがたくさんあります。
スケートファンにとっては、ここを眺めているだけでも楽しい。
ジェフリー・バトルの直筆サイン入りポストカードが付いた写真集とか、金に糸目をつけなくていいなら、買いたかった。(´・ω・`)

トイレは開演前に外で済ませるべし

一番近い屋外トイレ腹ごしらえも済み、グッズも見たところで、いよいよ会場入りする前に、絶対に忘れてはいけないことがあります。
それは、トイレ。
会場内にもトイレはありますが、とにかく観覧者の多くが女性ということもあって、女子トイレは長蛇の列で、パリの観光地のトイレなみの大渋滞。
ですから、トイレは会場の外で済ませるのがおすすめ。
一番近いのは、スケート場隣の温水プールを通り過ぎた先にある屋外トイレ。
ここなら、中の行列に並ぶよりも早く済ませることができます。
公演が終わると、会場内のトイレは封鎖されるので、その時にはここも行列になります。
公園出口に近い方のトイレも混雑するので、そういう時は潔く諦めて、ぐるっと池を回って西のエントランス広場のトイレを使った方がいいかもしれません。

アイスショーの持ち物

中は冷え冷え、外は暑いよトイレも済ませていよいよ中に入ります。
私の席は、入り口すぐ近くの南側SS席だったので、会場を探索することなく、そのまま席について開演待ちでした。
アイスショーは、寒いと聞いていたのですが、冷房がすごく効いている場所、という程度の寒さ。
半袖Tシャツの上に、日よけのための薄手のパーカーを着ていったのですが、それでちょうどいいくらいでした。
が、隣の親子連れは、フリースの膝掛けに厚い上着を着ていましたし、カイロも持っていて、準備万端。
お子さんの方はそれでも「寒い」と言っていました。
リンク上の特別席の中には、ダウンジャケットを着ている人も。
ですから、一応、長袖や膝掛けの類は用意しておいた方が心配がないと思います。
そして、とにかくスケート場までの道が日差しを遮るものが無く、ものすごく暑いので、日傘や帽子は必需品です。
【関連記事】 フィギュアスケート会場のマナーと楽しみかた

ザ・アイス2012の見どころ

写真は撮れませんでした中に入ってまもなく、ショーの開演です。
全員でのサルサのオープニングから始まって、しょーまくんのクリムキンイーグル、無良くんの豪快ジャンプ、シブタニ兄妹のリアル競技ダンスなサンバ、アデリーナちゃんのバレリーナぶりが必見のボレロ、フェルナンデス足ながーい、未来ちゃんの美麗スピン、リアル少女マンガはにゅうくん顔ちっちゃくて細い、舞ちゃんの美スタイルが際だつ女性群舞、男3人トークショー、メリル圧勝ダンスバトル、12頭身でしょおかしいでしょアボ、ロケンロールな成美とトラン、エネルギッシュ佳菜子、かっこよすぎる男性群舞でやっぱりアレックスのダンスはピカイチ、何をやっても完璧ジェフ、レオノワのドラマチックタンゴ...と、どんどんノってきたところで、メリチャリの「こうもり」!
思わずスタオベのあと、小塚くんが小粋なブルースナンバー。かこいい。
そして、ついにまおまお登場!
噂のメリーポピンズメドレー。
可愛くて可愛くて可愛くて可愛くて可愛すぎて目から汗が出ました。
これ、マジです。
魔法なの? 魔法少女なの?
魔法がさめないまま全員でフィナーレに突入。
趣向を凝らしたいろいろなペアのあと、真央ちゃんとバトルのゴールデンコンビ登場。
ナット・キング・コールの往年の名曲「アンフォゲッタブル」に合わせたアイスダンスは、リアル王子様と姫。
見つめ合う二人を見てると、もうこちらが照れ照れですう。(//▽//)
終わったあとは、ため息。
はああ、眼福眼福。
って、振り返ってみたら、全部見どころじゃん。笑。

帰りは飛行機でひとっとび

フーさん、さようならこうしてアイスショー観覧も終わり、大満足で帰途につきます。
すぐに動くとまたリニモや地下鉄は大混雑ですが、公園をぶらぶらしてから駅に向かったので、空いていて移動は楽でした。
名古屋まで戻り、名鉄名古屋駅から中部国際空港へ。
特急で1本なので、こちらも楽々。
やっぱり都会って、交通網が発達してますよね。
ちなみに、新潟空港から我が家まで帰るのに、車だと30分なんですが、公共交通機関を使うと2時間近くかかります。笑。
あとは中部国際空港で夕食を食べたり、お土産を探したりして時間を過ごし、機上へ。
1時間で新潟空港到着。
行きのバスは7時間以上かかったのに、飛行機って速い。
さあ、ここでサイコロを振って、再び深夜バスへ...ということもなく、サーチライトが空港まで車で迎えにきてくれて、我が家へ。
これにて無事に愛知遠征終了です。
やったね!

浅田真央 さらなる高みへ
浅田真央 さらなる高みへ吉田順
おすすめ平均
starsたくさんの人に読んで欲しい
stars大いに読む価値あります
stars泣けます
starsあとがきまでが最高の1冊!
stars丁寧な取材に基づいた本
Amazonで詳しく見る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top