Home / プラハ旅行記 / プラハ旧市街迷宮案内

Sep
10
2012

プラハ旧市街迷宮案内

いろいろな旅行記を読むと、旅のこぼれ話的なささやかなエピソードが楽しいですよね。
そこで今回は、プラハ旧市街の小ネタ集をまとめてみました。
プラハ旧市街は旅の前半の拠点だったり、お土産探しで通っていたこともあって、毎日歩いたエリア。
行きたかったけど行けなかった場所とか、記事と記事の谷間で紹介できなかった場所とか、本編の記事にするほどではないような小ネタには事欠きません。
ちょっとした息抜き程度に、さっくりお読みください。

- スポンサードリンク -

Choco-Story

Choco-Story旧市街のツェレトナー通りを挟んで、ティーン教会の向かい側にあった店。
壁にチョコレートの写真がいっぱいあるなあと思ったら、入り口にはなんと「THE CHOCOLATE MUSEUM」と書いてあるではありませんか!
ひょっとして、このアーケードの中にはチョコレートショップがたくさん並んでいるチョコレート長屋的な!?
しかし、思わず吸い込まれそうなシュクルを置いて、サーチライトはすたすたとウンゲルトに行ってしまったので、とりあえずここは後回し。
...と、思っていたら、ウンゲルトのボタニクスと猫の雑貨屋で、思いのほか時間がかかってしまい、サーチライトがうんざり半ギレ状態だったので、ここでさらにチョコレートショップに行きたいとはとても言い出せず、結局、中を覗くことすら叶わなかったのでした。
ああ、プラハって、なんて女泣かせな街なの?
これからプラハに行こうという方は、ぜひぜひシュクルの無念を晴らしてきてください。
(つд⊂)エーン
【関連記事】 女子向けプラハ土産はボタニクスで

金の蛇の家

金の蛇の家プラハ最古のカフェと言われるのが「金の蛇の家」。
その名の通り、金色の蛇の紋章があります。
散策の合間に立ち寄って、カフェ休憩してみました。
プラハ最古のカフェということなので、すごくレトロで中世チックなカフェを想像していたのですが、ちょっと洞窟っぽい感じはあるものの、あとはものすごく今風。
店内にモニターがあってMTVみたいなのが流れてるし、テーブルや椅子もフツーだし、クリスマスツリーに飾る電飾みたいなのがあったりするし...。
なんで、こんなちぐはぐなの?
ちょっとがっかりしつつ、まあ、頼んだウィンナ・コーヒーはホイップクリームたっぷりで美味しかったけど。
そうそう、このホイップは、日本の生クリームと違って、ちょっと固めで、まったり感のないタイプ。
黒い聖母の家のグランド・カフェ・オリエントのホイップクリームと同じ味がしたので、プラハのクリームはこれがスタンダードなのかも。
【関連記事】 黒い聖母の家とグランド・カフェ・オリエント

小魔界パリ通り旅行記

パリ通りのエルメス旧市街広場のヤン・フス像から北へ向かう広い並木道。
あれ? 何かこの光景、夢の中で逢った、ような......?
家に帰って「プラハ迷宮の散歩道」を読んだら、どうやらここ、「パリ通り(Pařížská)」っていうらしいですね。
ああ、そういえばエルメスあったわー、ぜんぜん縁がないけどカルティエもあったわー。
その昔、チェコがオーストリア帝国の一部だった時代、チェコは帝国内で一番の工業国であったにもかかわらず、オーストリアやハンガリーと同格には扱われていませんでした。
そのことに不満を抱いたチェコの人々は、プラハをウィーンより美しい街にしてやろうということで、スラム化が著しかったヨゼホフ周辺を、パリをお手本に再開発したそうです。
まあ、本家魔界のシャンゼリゼと比べたら、こぢんまりしてかわいいものでしたけどね。
【関連記事】 シャンゼリゼ大通りを練り歩く

ルパン vs ホームズ

クラシックカーの観光タクシーヨーロッパの観光地では、馬車で街を観光できるところがよくありますが、プラハも馬車で旧市街をまわることができます。
馬車とともに目に付いたのが、クラシックカーでの観光。
クラシックカー自体、日本ではあまり見かけることがないので、車好きじゃなくても思わず見てしまいますが、これがまた石畳の古い街に絶妙にマッチしていて、絵になる光景です。
うーん、乗りたい!
乗って写真を撮りたい!
グラナダTVの「シャーロックホームズ」や、アニメ「名探偵ホームズ」にクラシックカーが出てくるので、乗ったらホームズ気分になれると思うんだけど。
そんなシャーロキアン心をくすぐる作戦に出たシュクルの提案を、「高いから無理」と一蹴するサーチライト。
ちぇ、つまんないの。
でもよく見たら、こういう車に乗ってるのは、ホームズっていうよりルパン三世かな。

てんとう虫のアイス

てんとう虫のアイスプラハでは、あちこちのオープンカフェや広場でアイスが売られていました。
プラハのアイスは、どこもケースの中で波のようにうねった状態になっていて、上に果物やらほおずきやらテントウ虫のトッピングがのっています。
なんでアイスに、てんとう虫?
ところで、ゆめのりょけんのディープな読者たちなら、ここまでサーチライトがアイスを買い食いしていないことに疑問を抱いているかもしれません。
ご心配なく。
プラハ旅行記の後半は、アイスイーターが本領を発揮しますよ!

剣と魔法のプラハ旅行記へ戻る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top