Home / 旅の相棒 / ゆめのりょけんのブログ用カメラ

Sep
16
2012

ゆめのりょけんのブログ用カメラ

ブログに写真は欠かせません。
特に「ゆめのりょけん」は旅行ブログなので、魅力的な旅の写真は生命線。
その他にも、料理やお菓子の写真を撮ったり、購入したものをレビューしたり、ブログで写真を使うシーンは多種多様です。
このたび、「ブログ用カメラはどんなデジカメで撮影していますか?」という質問をいただいたので、「ゆめのりょけん」で使っているデジカメと交換レンズをまとめてみました。

- スポンサードリンク -

デジタル一眼レフカメラ

写真を撮るということは、一生の趣味になります。
これから写真を撮ってみようという人は、最初から本格的なデジタル一眼レフカメラを買うのがオススメ。
くっきりと色鮮やかな写真や、被写体にビシっとピントが合っていて背景がきれいにボケた写真が手軽に撮れると、一眼レフを買ってよかったと実感するはずです。
最初からプロ並みの写真は撮れなくても、やる気さえあればどこまでも上達できる奥深さも、一眼レフカメラの魅力でしょうか。
値段は5~6万円ですが、5年くらい使えば月々のお金はわずか1,000円ですから、一生ものの趣味の初期費用としては、十分に価値のある出費でしょう。
また、コンパクトデジカメの写真に物足りなさを感じるようになった人も、デジタル一眼レフにステップアップする時期かもしれません。
デジタル一眼レフを知ってしまうと、コンパクトデジカメには戻れなくなります。
これからデジタル一眼レフを始めたい人は、Canon EOS KissシリーズかNikon D3000シリーズからスタートすれば間違いありません。

Canon EOS Kiss Digital N

Canon EOS kiss Digital N「ゆめのりょけん」のほとんどの旅行記で、メインカメラとして使われているデジタル一眼レフです。
2度のパリ旅行も、プラハ旅行も、もちろん連れて行きました。
最初のパリ旅行で使った時、ほとんどカメラの知識がないのにびっくりするほど綺麗な写真が撮れて、そのおかげで旅行記ブログを始めたといっても過言ではありません。
このカメラは、2005年に私たちが結婚した時、サーチライト父が結婚式を撮るために購入したもので、その後、父が新しいデジイチを買ったので、サーチライトが譲り受けました。
そういう意味で、とても思い入れのあるカメラです。

交換レンズ

デジタル一眼レフの魅力の一つは、被写体に合わせてレンズを交換できるということです。
遠くの被写体を大きく切り取りたい場合は、望遠レンズ。
風景を広く写したいなら、広角レンズ。
ボケを強調したい場合は、単焦点レンズ。
自分の趣味や用途に合わせてレンズを揃えていくことで、一眼レフの可能性は無限に広がります。
いわば、「レンズ沼」こそ、一眼レフカメラの醍醐味と言えるかもしれません(と、自分を正当化してみる)。

TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical

TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II LD ASPHERICALとても守備範囲の広い汎用ズームレンズです。
このレンズ一本でほとんどの用途をカバーできるので、デジイチ初心者には最適で、旅行用レンズとしても優れています。
デジタル一眼レフカメラを購入する際は、ダブルズームキットを買うよりも、カメラ本体とこのレンズを選ぶのがオススメ。
ただし、あまりにも何でもこなしてしまうので、それなりの写真が簡単に撮れてしまい、かえって写真が上達しないというのはあるかもしれません。
「ゆめのりょけん」では、旅行用レンズとして絶賛活躍中です。
【より詳細な記事】 コスパ最強の旅行用一眼レンズ

Canon EF50mm F1.8 II

Canon EFレンズ EF50mm F1.8 IIデジタル一眼レフの面白さを味わうには単焦点レンズが一番です。
特にこのレンズは「魔法のレンズ」。
単焦点レンズは明るいレンズ(=F値が低いレンズ)が多いので、ボケが強調された一眼レフらしい写真を手軽に撮ることができます。
料理や雑貨などのテーブルフォトを撮るのに適しているので、ブログの写真を撮るのに大活躍。
単焦点レンズと絞り優先モードで、F値やシャッタースピードを意識しながら撮影することで、デジタル一眼レフの練習にもなりました。
安くて面白いレンズなので、初めての交換レンズにぴったりです。
【より詳細な記事】 Canon EF50mm F1.8 IIを衝動買い

コンパクトデジカメ

デジタル一眼レフの欠点を挙げるとすれば、その大きさでしょうか。
常日頃からカバンに入れておいて、何気なく出会った街角スナップを撮るといった使い方はできません。
そんなデジタル一眼レフの欠点を補うのが、コンパクトデジカメ。
「ゆめのりょけん」では、シュクルの旅行用カメラとしても活躍します。

Panasonic LUMIX DMC-FX7

Panasonic LUMIX DMC-FX7私たちが初めて買ったデジタルカメラ。
たまたま読んだ週刊アスキーのデジカメ特集で絶賛されていたのを覚えていて、第1次パリ旅行のシュクル用カメラとして、ヤフオクで中古を買いました。
使いやすいうえに画像もキレイで気に入っていたコンデジでしたが、スイッチを入れていないのにレンズが出たり引っ込んだりする不具合が出て、2007年を最後に引退。
短い間だったけど、お疲れさまでした。

SONY Cyber-shot DSC-T10

SONY Cyber-shot DSC-T102007年にサーチライト父からもらったカメラ。
父の知人がDSC-T9を使っていて、それを見て買ったらしいのですが、T9に比べて発色が良くなかったことから、ほぼ新古品の状態で譲り受けました。
「ゆめのりょけん」では比較的長く活躍したコンデジで、第2次パリ旅行にも連れて行きました。
バッテリーが小さいこともあって持続時間が短く、肝心な時に使えないことも。
2010年8月の謙信公祭GACKT出陣で、興奮したシュクルが壊してしまったのを機に退役。

CASIO EXILIM Hi-ZOOM EX-H15

CASIO EXILIM EX-H152010年9月から現在も使用しているカメラ。
プラハ旅行にも連れて行きました。
肌を美しく見せる「プレミアムオート」がとにかくシュクルのお気に入りで、一度知ってしまうと、もう手放せないのだとか。
どうして女性はそんなに肌の滑らかさにこだわるんだい。
わけがわからないよ /)( ◕ ‿‿ ◕ )(\
とはいえ、広角から望遠まで守備範囲が広く、バッテリー持続時間も長いので、旅行用には使い勝手のいいコンデジです。
ただし、マクロ撮影がちょっと弱いので、テーブルフォトを撮る時にピントが合わなくて苦労することもあります。
【より詳細な記事】 EXILIM EX-H15購入レポート

ブログ用カメラで結果が出る!

ブロガーの必読書と名高い必ず結果が出るブログ運営テクニック100によれば、ブログで写真を使う意義が次のようにまとめられています。

1 いいカメラで撮影した写真があるだけで、記事の説得力が上がる。読者からいい評価を得ることもできる。
2 カメラを持ち歩くことで、気になるものを写真にメモする習慣がつき、ブログのネタを増やせる。

デジタルカメラはブログに欠かせない相棒です。
ぜひ皆さんもお気に入りのデジカメを見つけて、お出かけレポートをまとめてみてください!

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top