Home / プラハ旅行記 / ショッピングモール・パラディウムで買い物してみる

Oct
17
2012

ショッピングモール・パラディウムで買い物してみる

市民会館がある共和国広場に、ひときわ目立つショッキングピンクの建物があります。
これは、2007年にオープンした大型複合施設「パラディウム(Palladium)」。
プラハ最大のショッピングモールで、地上3階・地下2階の建物に、ファッション、化粧品、雑貨などの専門店や、スーパー、レストラン、映画館などが入っているそうです。
新市街散策の最後は、ここパラディウムでプラハの現在を感じてきました。

- スポンサードリンク -

近未来的なデパート

吹き抜けのエスカレーター中に入ると、モダンでスタイリッシュな吹き抜けのエントランスにまずびっくり。
ここから少し歩いたら、今にも「てつのかぶと」をかぶった兵士が出てきそうな旧市街があるのが信じられない!
東欧のデパートというと、コンクリート打ち付けの薄暗い店内で、スカーフを頭にかぶったお婆さんが黒パンとか大きなマッチ箱なんかを買っているようなイメージがあったのですが、そんな共産主義の暗くて重厚なイメージは微塵もありません。笑。
エントランス・ホールには、アイスを売っているカフェがあったり。
ていうか、プラハってそこかしこにアイス売ってない?
まあ、アイスイーターには嬉しい限りですが。

内装もおしゃれ

旅行者には心強い味方

パラディウムは細長いパラディウムは、新潟で言うと、ちょうどイオンモール新潟南(亀ジャス)みたいな感じ。
共和国広場から見ると、「プラハ最大」というわりに小さく見えましたが、縦長の建物なので、フロアはかなり広いです。
ショップ数は、建物に大きく「200SHOPS」ってディスプレイしてあったので、おそらく200前後あるんだと思います。
年中無休で、最上階のフードコートは23:00まで営業しているので、旅行者にはいざというときに心強い。
MANUFAKTURAをはじめとするチェコ雑貨の専門店や、大型ブックストア、スーパーマーケットなども入っているので、お土産探しにも便利でしょう。
また、プラハでは珍しく、トイレが無料で使えるので、観光途中の休憩に寄るのもいいですよ。

SPARKYS

VIP用出入口は子ども専用とはいえ、おおかたお土産も買ってしまい、旅行も後半に入って現金も心許なかったので、とりあえずオシャレなトイレで用を済ませた後は、ぶらぶらと地下2階のSPARKYSへ。
SPARKYSは、チェコの有名なおもちゃ店で、一度覗いてみたかったのです。
黄色と青を基調とした店内は、どことなくトイザらスを思わせます。
入り口の両側には、子ども用の小さなトンネルがあって、「VIP出入口」だそうです。笑。
品揃えは、意外とプラスチック系のおもちゃやキャラクターグッズが多くて、思いのほかチェコっぽくはありません。
ポケモンのグッズもありましたよ。

はんぎょじんがあらわれた!

はんぎょじんがなかまにくわわった!そんな中、サーチライトの目にとまったのは、浮き輪を着けた半魚人のお風呂用オモチャ。
むむむ、君は日本では見かけない顔だね。
どうやら、紐を引いてゼンマイを回すと、水に浮かんで泳ぐようです。
なるほど、なかなか気に入った。
僕たちはあちこち温泉に行くのだが、君も一緒に付いてくるかい?
はんぎょじんは仲間になりたそうにこっちを見ている。
値段は199チェココルナ。
よし、交渉成立。
はんぎょじんがなかまにくわわった!

泳ぎはちょっと危なっかしい

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top