Home / プラハ旅行記 / チェコ在住のガイドさんとの話

Nov
14
2012

チェコ在住のガイドさんとの話

予想以上に大満足だったプラハ郊外日帰り観光ツアー。
私たちが利用したのは、Alan1.netという現地ツアー専門のサイトのオプショナルツアーでした。
アクセスや観光の利便性はもちろんですが、やっぱり一番心強いのは、日本人のガイドさんが同行してくれること。
私たちのツアーのガイドさんは、チェコ在住のKaoriさん。
プラハ郊外までのドライブの間、Kaoriさんとの楽しいトークも旅の素敵な思い出になりました。
その中から、印象に残った話をいくつか紹介します。

- スポンサードリンク -

黄色い畑の正体

鮮やかな黄色の菜の花畑飛行機がプラハ上空に近づいた時、空から見えた黄色い畑。
あちこちに美しく広がった黄色いじゅうたんは一体なんだろうと思っていたのですが、Kaoriさんの話で謎がとけました。
この黄色い畑の正体は、日本でもおなじみの菜の花。
菜種油を採るためなのだそうです。
今回のオプショナルツアーでプラハ郊外へドライブした時にも、菜の花畑がいっぱいありました。
でも、チェコの人は菜の花を食用にはしないようです。
Kaoriさんが菜の花のおひたしを作ったら、チェコの人にはびっくりされたとか。
こんなにたくさんあったら、おひたし食べまくりですよね。笑。
ちなみに、緑色の畑は小麦だそうです。

チェコ人は夜行性

チェコ郊外のかわいい団地Kaoriさんの話によると、チェコの人は暗くなっても灯りをつけないそうです。
Kaoriさんのだんなさんも、暗いところでテレビを見たり、時には本を読んだりしているので、最初はびっくりしたそうです。
どうして暗いのに電気をつけないのか聞いたところ、チェコ人は元が狩猟民族だから暗いところでもよく物が見えるのだとか。
どこまで本当でどこまで冗談かはわかりませんが、パリでアイコさんに会った時も、パリの人は薄暗い間接照明でも平気だと驚いていたので、やっぱりヨーロッパ人は日本人とは違うかな?
ところで、シュクルの実家は、「暗いところで本を読んではいけない」が家訓です。
小さい頃、ふとんに入って手元のベッドライトでマンガ本を読んでいると、いつも「ちゃんと電気をつけなさい」と天井灯を点けられていたものです。
そんなシュクル母がチェコの暮らしを見たら、半狂乱になるんじゃないでしょうか。笑。

日本人は嫌われ者?

実は、レストランやホテルなどでは、日本人観光客はあまり喜ばれないそうです。
例えば、プラハの居酒屋のアコーディオン弾きのおじさんが、日本人のテーブルには1回来たらもう来ないで、別のテーブルへは何度も行くということがよくあるとか。
また、ホテルのポーターは、日本人観光客が来ると担当を押しつけ合うとか。
日本人観光客って、どうしてそんなに嫌がられているの?

チップをくれない日本人

その理由は「チップをくれないから」。
チェコでは、サービスを受けたらチップをあげるのが基本なのだそうです。
そもそも日本にはチップの習慣が無くて、日本のお店やホテルではすべてがサービスですし、好意に対してお金を払うと、逆に失礼にあたるのではないかと気を回したりして、日本人はチップをあげるという行為に対して、どうも消極的になりがちです。
ちなみに、「枕銭」というのも、ホテルのサービスにチップを払わない日本人観光客が多いので、ホテル側のクレームにツアー添乗員が考え出した苦肉の策で、日本人ツアー客以外ではあまりやらないのだそうです。

「地球の歩き方」に注意

「地球の歩き方」には、「高級レストランでサービスに満足した時には払う」といったことが書かれているので、居酒屋みたいなところなら払わなくてもいいんじゃないかと思ってしまうのですが、どうやらそうではないようです。
そもそも、「地球の歩き方」は、バックパッカー向けガイドブックをベースにスタートしているので、通常の旅行者にとってはあてにはならないこともあるとか。
そんなこと言われても、困りますよ~。

で、どうすればいいの?

どうも、チップに関しては、いろんな情報が錯綜していて、日本人の方もどうしたらいいのかよくわからなくなってるんじゃないかというところがあります。
もちろん、国によっても場所によってもいろいろ違ってくるでしょうが、実際にチェコのホテルやレストランで働いているKaoriさんの友人・知人のリアルな話からすると、やはりサービスを受けたらチップを払うのが好ましいようです。
そして注意したいのが、高級レストランや高級ホテルなら、お札で払うこと。
そういう場所で小銭で払うのは、みっともないのだそうです。

基本は親日国

チップをくれないことには不評でも、日本人は礼儀正しくて、ホテルもきれいに使ってくれるので、そういうところは歓迎されているようです。
どことは言えませんが、他の国の観光客が使った部屋は、大変なことになっていることも多いそうです。
そもそも、チェコは基本的には親日国ですし、お店や劇場の人はみなにこやかでフレンドリーでした。
せっかくの歓迎気分を損ねないよう、快くサービスを受けたいですね。

リアルなチェコの情報がいっぱい

一日ガイドありがとうございましたKaoriさんとのおしゃべりは、ガイドブックではわからないチェコの話がいっぱいで、とても有意義でした。
日帰りツアーの思わぬ副産物といったところでしょうか。
たくさんお話してくれたKaoriさん、ずっと運転してくれた旦那様、本当にありがとうございました。
Kaoriさんのブログには、チェコの情報がいっぱい載っています。
これからチェコに旅行しようという人は、ぜひチェックしてみてください。

ブログ チェコチョコ

日帰りツアーでチェコの古城めぐり

おとなのマナー 海外旅行編
おとなのマナー 海外旅行編 日経おとなのOFF
おすすめ平均
stars想定している対象旅行者層は?
starsつまらなくはない
starsこれは役に立つ!!
Amazonで詳しく見る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:4

つっちー 2014年10月 4日 00:50

初めまして!兵庫県在住のつっちーと申します。
先日新婚旅行でチェコとハンガリーに行って参りました。
私たちも個人旅行だったのでネットで色々調べていると、たまたまゆめのりょけんブログと出会ったわけです。
プラハのことが細かく記載されており大変参考になりました!実は私たちもかかおりさんのフルボカー城とチェスキークルムロフのツアーに参加して参りました。本当にステキな情報ありがとうございましたー。このブログとても有益な情報がいっぱいですねー(^^)飛行機で使う無印のなまこくんも買いましたよー、我が家でもなまこくんと呼んでます笑

シュクル 2014年10月 4日 16:12

つっちーさん、はじめまして! コメントありがとうございます。
新婚旅行でチェコとハンガリーなんて、素敵♪
ロマンチックな新婚写真がたくさん撮れたんじゃないでしょうか。

かおりさんのブログを拝見したら、ブルーノ君とも一緒にフルボカーとチェスキーに行かれたようで、楽しいツアーだったようですね。うちのブログの情報がお役に立てたなら、ほんとに嬉しいです♪

そして、なまこくんも!
私は先日、2個目のなまこくんをゲットしたので、次に海外に行くときには、腰と首の両方にセットして行こうかと計画中です。見た目的には完全におかしな格好になりますけど。笑。
使い心地、報告しますので、楽しみにしていてください!(*゚∇^*)

つっちー 2014年10月 8日 18:03

私たちもシュクルさんたちと同じで最初は中欧3カ国のツアーに参加しようと考えてたんですけど、どうも日程が合わない、3カ国を短期間にまわるとあんまり見れないなと思ってたんですね。

てことで個人で行くかー!なんとかなるやろー!ってなったんです笑

大学の卒業旅行でイタリアいったんですけど5日間で4都市まわるツアーで超弾丸だったという経験もありまして

そうなんです。かおりさんがブログに書いてくださってた客は私たちなんです。ブルーノくんまで連れてきていただいてとても楽しいツアーとなりましたよ。チェコまた行きたいですねー!


来年母とパリへ旅行に行くことになりましたのでブログ引き続き参考にさせていただいております(*^^*)

シュクル 2014年10月 8日 22:19

つっちーさん、こんばんは。
イタリア5日間4都市とは、ものすごい弾丸ツアーですね。びっくり!
それに比べたらチェコは落ち着いて観光できたんじゃないでしょうか。

来年はお母様とパリ、素敵ですね♪
チェコとは違った魅力がたっぷりで、楽しいですよ!
イタリアを経験なさっているなら、パリの魔界ぶりもそれほど感じないかも。
旅の報告、お待ちしています!(^▽^)

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top