Home / プラハ旅行記 / ヘルシンキ空港を30分で駆け抜けろ

Nov
28
2012

ヘルシンキ空港を30分で駆け抜けろ

いよいよプラハを飛び立つばかりとなったサーチライトとシュクルを襲ったアクシデント。
プラハからヘルシンキに向かう飛行機が、まだ到着していない!
ヘルシンキから日本へ向かうAY073便の離陸予定時刻は17:15。
予定では11:30にプラハを出発し、14:40にはヘルシンキに到着して、2時間以上ある乗り継ぎ時間でヘルシンキ空港を満喫する予定が、まさかの2時間遅れ。
ヘルシンキから成田に向かう飛行機は1日1本なので、下手をすると、ゆっくりヘルシンキ空港を満喫どころか、ゆっくりヘルシンキに宿泊なんて事態も?
いや、そんなにゆっくりしなくていいから!

- スポンサードリンク -

困った時には「コバンザメ戦法」

シュクルはのんきにグラーシュとか食べてた予期せぬ空港トラブルに焦る2人。
往路のヘルシンキ空港での乗り継ぎはかなり時間がかかったし、出国検査を無事に通り抜けたと思ったら、東京行き飛行機は既に飛び立ってしまってたらどうしよう?
代替の航空券とか、宿泊するホテルとか、言葉も不自由だし、ちゃんと手配できる自信はないよ?
そんな不安にどきどきしながら、とにかくまずは状況の整理。
幸い、私たちが乗る飛行機には、日本旅行の添乗員同行ツアー団体が一緒でした。
モニターの下に集合して、添乗員さんがこれからの予定を発表するようなので、モニターを見るふりをしながら聞き耳ずきん。
それによると、ヘルシンキでの乗り換え時間は30分しかないものの、空港側に連絡して待ってもらえるように交渉してみるので、おそらく間に合うだろうとのこと。
おお、これは心強い!
こちらは個人旅行の身軽さもあるので、この日本旅行ツアーに先行して動いていれば、最悪の事態は回避できそうです。
それでも飛行機に乗れなかったら、この添乗員さんに相談したらいいしね。

カフェで時間つぶし

200チェココルナのクーポンをもらった今後の方針が見えたら、慌てても仕方ないので、飛行機が到着するまで時間を潰します。
幸い、プラハ空港には喫煙できるカフェがあったので、サーチライトも一安心。
カフェでしばらく時間を潰して、変更された搭乗ゲートに向かうと、飛行機が遅れたお詫びに200チェココルナまで利用できるクーポン券がもらえました。
いや、それならカフェに入る前に渡してほしかった。笑。
せっかくなので、目の前のサンドイッチショップでお菓子や飲み物などを買って、最後の一服を済ませたら、飛行機に搭乗。
そして、13:45に、ようやくプラハ出発になりました。

さよならプラハ

今度こそ本当に、さよならプラハ。
できれば、もう少し心安らかにお別れしたかったけれども。笑。

さようなら、ムーミン

さて、本当の勝負はここからです。
飛行機がヘルシンキに到着すると、速やかに席を離れて空港内へ。
往路ではタラップを降りてバスで空港内に入りましたが、今回はボーディング・ブリッジだったので、ロスなく空港内に入れました。
往路では時間のかかった身体検査も、今回はなし。
ヘルシンキ・ヴァンター空港の板張りのフロアを、早足で移動していると、途中に見えるムーミンショップ。
ああ、本当はムーミンショップで買い物したり、北欧風のカフェでおしゃれに過ごしたりするはずだったのに...。
まあ、飛行機に乗り遅れたら好きなだけのんびりできますが、それはそれで困るので。笑。
【関連記事】 ヘルシンキ空港で乗り継ぎ初体験

写真を撮る暇も惜しんで、スタスタスタスタと一目散に出国ゲートを目指したおかげで、なんとか出国審査の行列に最先着。
順番待ちをしていると、後ろに日本旅行の添乗員さんがいたので、「間に合いますかね?」と話しかけてみたら、「全員乗るまで待たせるから大丈夫!」と力強く宣言。
この添乗員さん、スムーズに乗り継ぎを済ませるためのアドバイスをくれたり(大声で説明していたのを傍から聞いてた)、行列を割り込みしようとした中国人を一喝したり、個人旅行の私たちにとっても、かなり心強い存在でした。
今度、添乗員付きツアーを利用することがあったら、日本旅行を検討します。

サーチライト、困窮す

こうして、どうやら無事に帰国はできそうですが、サーチライトには懸念がもう一つ。
このまま飛行機に乗ったら、タバコが吸えなくない?
実のところ、同じ飛行機にツアーの団体客がいるとわかった時点で、帰国に関しては何とかなるだろうと思っていました。
それよりも、サーチライトにとっての真のミッションは、ツアー団体客がすべて搭乗する前に、どれだけの時間を残すことができるか。
とりあえず、出国審査は最初に通過できたので、急いで喫煙所を探すと、なんと搭乗ゲートの目の前!
勝ったッ!第3部完!
次々と飛行機に乗り込むツアー団体の動きを注視しながら、2本目のタバコに火をつけたところで、そろそろ頃合いかな?
急いでタバコの火をもみ消して、搭乗を待つ短い行列の最後尾に並びます。

無事に帰国の途へ

私たちが座席に着くと、飛行機はすぐに出発...というわけではなく、シートに座って待つこと30分。
どうやら荷物の積み込みに時間がかかったようです。
それなら、もう少し余裕があったのかもね。
そして、私たちを乗せたAY073便は、予定より35分遅れの17:50に離陸しました。

無事に帰国便に乗れました

飛行機がヘルシンキを飛び立つと、「あーあ、出発しちゃったね」と、シュクルが一言。
「飛行機に乗り遅れた方が、旅行記のネタとしては面白かったのに」
ああ、ヘルシンキに一泊できるかもって、密かに期待してたんだね。
こっちはそんな展開、お断りですよ。笑。
こうして、最後にちょっと余分な経験値まで稼いで、私たちのプラハ旅行記もエンディングを迎えるのみとなりました。

北欧フィンランドのかわいいモノたち
北欧フィンランドのかわいいモノたち菅野 直子
おすすめ平均
stars初めて知るフィンランドの素顔
stars「かもめ食堂」の空気感と日用デザイン
starsサウナマット、かわいい~!
stars通販してほしい!
Amazonで詳しく見る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:2

まっちゃん 2012年12月 1日 20:13

・・・・お疲れ様でした(笑)!!!!

わたしもシュクルさんと同じく
「ちょっとおいしい」と思ってしまう派です。

そういうトラブルを後から思い出して
ニヤニヤするのも、また楽しいですよね。

シュクル 2012年12月 2日 01:29

まっちゃんさん、コメントありがとうございます♪
帰国便に間に合わなかったら、ほんとに「ゆっくりヘルシンキ旅行記」を書くところでした。
実は、ちょっとわくわくしてたんですけどね。
サーチライトはそれどころじゃなかったみたいで、喫煙室で必死でタバコ吸ってる姿を見て、思わず笑ってしまいました。
おっしゃるとおり、今、思い出してもニヤニヤです。笑。

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top