Home / プラハ旅行記 / プラハ1日観光おすすめモデルコース

Dec
12
2012

プラハ1日観光おすすめモデルコース

プラハで1日フリータイムがあるけれど、どんな風に観光したらいいの?
私たちのプラハ旅行は5泊7日の旅でしたが、一般にプラハを訪れる人は、中欧周遊旅行の中で1~2日の滞在になる人が多いのではないかと思います。
そこで今回は、旅行計画大好きサーチライトが、プラハ旅行の経験をもとに、プラハ1日攻略モデルコースをシミュレーションしてみました。
皆さんのプラハ旅行のしおりの参考になれば幸いです。

- スポンサードリンク -

7:30 共和国広場からプラハ城まで歩く

カレル橋

まずは少し早起きして、市民会館がある共和国広場からプラハ観光のスタートです。
共和国広場からプラハ城までの道は「王の道」と呼ばれ、市民会館・火薬塔・旧市街広場・天文時計・カレル橋・プラハ城と、プラハの観光名所がぎっしりと詰まっています。
世界中から観光客が集まるプラハですが、朝はびっくりするほど人が少ないので、名所の前で記念写真も落ち着いて撮ることができます。
約2.5kmの道のりを1時間ほどかけてゆっくり歩き、「千年の都」の雰囲気を確かめましょう。
【関連記事】 王の道・共和国広場を歩く

9:00 プラハ城のショートツアー

聖ヴィート大聖堂

プラハに行ったからには、プラハ城の見学は欠かせないでしょう。
チケット売り場でショートツアー・チケットを買ったら、真っ先に向かいたいのが聖ヴィート大聖堂。
聖ヴィート大聖堂のステンドグラスの前は、すぐに観光客でいっぱいになるので、団体ツアー客が動き出す前に見学するのが理想的です。
プラハ城のチケット売り場が開くのは9:00からなので、早起きをおすすめするのはこのためでした。
聖ヴィート大聖堂の見学を終えたら、旧王宮や聖イジー教会や黄金小路を見学して、所要時間は2時間半くらい。
最後に、正門前で正午の衛兵交代セレモニーを見学します。
交代式を待っている間に、プラハ城正門前のテラスから「百塔の街」の美しい街並みを一望するのも忘れずに。
【関連記事】 プラハ城の見どころ

12:30 フラッチャニの教会を見学する

聖ミクラーシュ教会

プラハ城の周辺には、見応えのある教会がいくつかあります。
「世界一美しい図書館」のあるストラホフ修道院も捨てがたいのですが、少し離れたところにあって、1日観光では時間的なロスが痛いので、今回は泣く泣く諦めましょう。
代わりにおすすめするのは、マラーストラナの聖ミクラーシュ教会。
( ゚д゚)ポカーン指数ではストラホフ修道院を凌駕するゴージャスな教会です。
プラハ城から聖ミクラーシュ教会に向かう途中のネルドヴァ通りには、レストランやカフェやスナックスタンドがたくさんあるので、ランチを食べるにも便利です。
【関連記事】 聖ミクラーシュ教会がひどすぎる件について

15:00 旧市街周辺でお土産を探す

ウンゲルト

マラーストラナから、再びカレル橋を渡って旧市街へ。
この時間になると、カレル橋はとても賑やかで、朝とはまったく趣が違っているはずです。
旧市街周辺の土産物屋も店を開け、たくさんの観光客であふれています。
特に足を運びたいのは、ウンゲルト。
ティーン教会脇の路地を抜けた広場には、木のおもちゃ屋や古絵本屋やボタニクスなど、プラハらしいお店がいっぱいで、お土産選びが楽しくなること間違いなしです。
お土産探しに疲れたらカフェでひと休み。
市民会館からヴァーツラフ広場までも、ナ・プシーコピェ通りを歩いて15分ほどなので、時間があれば新市街まで足を延ばしてみてもいいでしょう。
【関連記事】 プラハ旧市街広場の見どころ

18:00 人形劇やコンサートを鑑賞する

ウンゲルト

夜はプラハの文化にも触れておきたいところ。
チェコでは国の伝統文化として人形劇が盛んなので、あちこちにマリオネット劇場があり、ほぼ毎日上演しています。
人形劇なんて子どもが見るものかと思いがちですが、プラハのマリオネットは大人向けの演目で、見応え十分。
また、プラハは音楽の都でもあります。
コンサートホールや教会など、街のいたるところで、毎日クラシックコンサートをやっています。
どちらも、予約のいらない当日券で鑑賞できますし、カジュアルな服装でも大丈夫なので、いちいちホテルに戻って着替える必要もありません。
気軽にプラハの芸術を味わいましょう。
【関連記事】 国立マリオネット劇場でドン・ジョヴァンニを鑑賞
【関連記事】 市民会館スメタナホールでプラハの春音楽祭を鑑賞

21:00 居酒屋で夕食

ミックスグリル

プラハは夜型の街なので、21:00を過ぎたといってもまだまだ宵の口。
市内中心部には観光客がいっぱいで、安心して動き回ることができます。
プラハで食べる夕食といえば、もちろん居酒屋でビールと肉料理。
プラハの肉料理は、どこで何を食べても安くて美味しいですが、おすすめメニューは「ミックスグリル」。
豚肉のローストと鴨のローストとソーセージのグリルなど、一皿でいろいろなプラハの味が楽しめるので、まさに1日旅行者にはぴったりでしょう。
居酒屋で楽しくお腹いっぱいになったら、帰りがけにプラハ城や旧市街広場のライトアップを見て、プラハ1日観光の終了です。
【関連記事】 チェコで美味しかったものランキング

上手なプラハ観光計画を作ろう

プラハ城

プラハは観光エリアが密集している街なので、特に乗り物を利用しなくても、徒歩で動き回れるのがいいところ。
反面、道路はほとんど石畳で、歩き詰めだととても疲れる街ですから、ゆったりしたスケジュールで、なおかつカフェをうまく利用しながら観光するのがおすすめです。
1日という限られた時間ですが、ぜひプラハの街歩きを楽しんできてくださいね。
【関連記事】 上手な旅行計画を作るコツ

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top