Home / 中国四国旅行記 / 西日本ラリー3日目(広島~宮島~倉敷)

Mar
06
2013

西日本ラリー3日目(広島~宮島~倉敷)

果てしない道のどこかに落ちてるかな、探しモノ。
西日本ラリー3日目は、広島市から宮島に一旦戻り、広島県福山市を経由して、岡山県倉敷市へと向かうルートです。
1日目には1,100km、2日目に560kmという大移動を続けてきた今回の旅ですが、この日の予定走行距離はわずか240kmという最短区間。
というのも、この日は月曜日で休日ETC割引がないので、できるだけ高速道路での移動は避けようという計算です。
我ながら、周到な旅行計画。笑。
しかし、このケチケチ作戦、思わぬ計算ミスがあったのです。

- スポンサードリンク -

JR宮島フェリーで厳島神社の大鳥居に大接近

JR宮島口フェリー乗り場3日目にしてすっきり晴れ上がった空の下、心持ち早起きしてホテルサンルート広島を出発し、宮島口フェリー乗り場を目指します。
朝イチで動いた甲斐もあり、フェリー乗り場に近い駐車場にすんなり車を停めることもできたので、フェリーに乗って厳島神社へ。
宮島に渡るフェリーは、JR宮島フェリーと宮島松大汽船の2種類がありますが、おすすめはJR宮島フェリーの大鳥居便。
こちらは途中で大鳥居にぐぐっと近寄り、海に浮かぶ大鳥居をばっちりカメラに収めることができる観光者向けのフェリーです。

大鳥居に大接近

宮島口から宮島までは15分ほど。
かわいげのない鹿に出迎えられて、安芸国一之宮・厳島神社へと向かいます。
【関連記事】 安芸国一之宮「厳島神社」の歩き方をまとめてみた

厳島神社と平清盛

どう見ても志村宮島に厳島神社が創建されたのは古墳時代のことだそうですが、それを今ある姿に大改修したのは、ご存じ平清盛です。
折しも2012年の大河ドラマ「平清盛」が放映中だったため、宮島周辺には清盛にまつわる催しのポスターがたくさん貼ってありました。
そんな宮島は、平日にもかかわらず観光客でごったがえしていて、メインストリートの表参道商店街にはたくさんの人が歩いています。
そんな中、ふと聞こえてきた若者の会話。
「ねえねえ、平清盛って、何した人?」
「あー、知ってる知ってる! ミヤモト頼朝に負けた人!」
いや、いろいろ間違ってる。
ミヤモト頼朝って誰だよ。笑。
【関連記事】 日本三景・安芸の宮島でスピリチュアル食べ歩き

一之宮ラリーの真骨頂

小谷SAで尾道ラーメンを食べる宮島をぶらぶら散策した後は、廿日市ICから山陽道に乗って尾道を目指します。
安芸国・厳島神社から備後国・吉備津神社までは、130km「しか」離れていません。
備後・備中・備前の一之宮も、地図で見ると密集しているので、この日は余裕の進行だろうと高をくくっていたのです。
ところが、尾道北ICで高速道路を下りて、尾道市から府中市に入り、さらに吉備津神社のある福山市に入ったときには既に16:00。
あれー、おっかしいぞー?

小谷SAで買った「あたらしもみじ」が超ウマイ!よく考えてみると、これまでの高速道路の大移動で完全に距離感覚が麻痺していましたが、130kmだって一般道込みなら2時間くらいはかかる距離なんですよね。
私たちが宮島の駐車場を出発したのは13:50。
そのまま急いで吉備津神社に向かったとしても、ちょっと微妙な時間です。
そうか、小谷SAでのんびり尾道ラーメンなんて食べてる場合じゃなかった。笑。
しかも、例によって助手席にいるのは方向音痴のナビゲーター。
案の定、福山市に入って道を見失い、途中で変な山道に入ったりして、タイムリミットは刻一刻と迫っています。
万事休す、やんぬるかな!?

吉備津神社に滑り込みしかし、サーチライトが車を停めて外で周囲を見回していると、たまたま犬を連れた地元のおじいさんが通りかかり、道を聞いてみると、もうすぐそこということがわかりました。
もはや一度でも道に迷っている余裕のない私たちは、分岐のところにあったスーパーでも店員さんに道を尋ね、教えてもらったとおりに車を進めると、あった、ありました!
到着時刻は16:45で、滑り込みセーフ。ズサーc⌒っ゚Д゚)っ
急いで社務所に行って宮司さんに御朱印帳を預け、備後国一之宮・吉備津神社の参拝となったのでした。
【関連記事】 備後国一之宮・吉備津神社に参拝

どうしてこうなった?

倉敷で宿泊この日の宿泊先は、倉敷美観地区にほど近いホテルリソル倉敷。
本来の計画では、倉敷に向かう前に、備中国一之宮・吉備津神社と備前国一之宮・吉備津彦神社にも参拝するつもりでしたが、もちろんそんな時間はなくなったので、翌日にスライドです。
時間があれば鷲羽山スカイラインまで足を延ばして、水島コンビナートの夜景を見に行こうなんて言っていたのですが、そんなオプションもお流れ。
この旅行計画を作ったのは誰だあっ!!
【関連記事】 夜の倉敷美観地区で岡山グルメを堪能

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:2

chain 2013年3月 8日 00:14

はじめまして。
2週間後に娘とプラハに行くので、いろいろnetで情報収集していてこちらにたどり着きました。プラハ旅行記、すごく参考になります。ガイドブックを見ていてもイマイチ頭に入らなくて・・・。仕事持ちなのでプラハには3泊しかできず、1日はチェスキー・クルムロフに日帰り旅行する(たぶん同じプライベートツアーです)ので、見たいところだらけのプラハをどう攻略しようか日々考え中です。
旅行記読んで、しおりを作って、旅に備えます。

サーチライト 2013年3月 8日 22:27

chainさん、はじめまして。
プラハはパリに比べてまだまだマイナー観光地のためか、苦労したわりに反応が少なく悄然としていたところ、嬉しいコメントありがとうございます。
2週間後というと、いろいろ準備に忙しい頃でしょうか。
プラハは見どころがぎゅっと詰まった街なので、2日間でも十分に攻略できると思いますよ。
とはいえ、帰国直後は「プラハでやるべきことは全部やってきた」と思っていたのですが、今になるとやっぱりちょっとやり残したという感情もあります。
ぜひ、chainさんは悔いのないように旅行を楽しんできてください。
帰国後、感想を聞かせてもらえると嬉しいです。
それでは、よい旅を!

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top