Home / 中国四国旅行記 / 夜の倉敷美観地区で岡山グルメを堪能

Mar
20
2013

夜の倉敷美観地区で岡山グルメを堪能

西日本ラリー3日目の宿泊先は、倉敷美観地区にほど近いホテルリソル倉敷。
倉敷美観地区と言えば、白壁の屋敷や倉が並ぶフォトジェニックな街並みで有名な場所なので、このままホテルで過ごすのはもったいない。
詳しい観光は翌日の午前にするとして、まずは下見がてら、夜の倉敷をぶらぶらしつつ、夕食に岡山グルメを堪能してきました。

- スポンサードリンク -

カメラを片手に夜の倉敷散策

幻想的な「天領のあかり」夜の倉敷美観地区は、観光地なのでにぎやかなのかと思ったら、8時前だというのにほとんどの店が閉まっていて、人通りも少なくひっそり。
きれいに並んだ町屋や倉がライトアップされて美しい夜景が堪能できます。
美観地区のライトアップは、世界的な照明デザイナー・石井幹子さんによるデザインで、「天領のあかり」と呼ばれています。
美観地区が夜には真っ暗になること、屋根が黒いことを利用して、白壁だけをライトアップするので、闇の中に白壁浮かび上がるようになっています。
また、窓先に行灯を置いて窓を白く発光させるなど、街ぐるみでのライトアップ作戦。
灯りに照らされてひっそり静まった夜の倉敷を散歩していると、どこか幻想的な別世界に迷い込んだ気分になりました。

倉敷本町「あちの郷つね家」で夕食

あちの郷つね家今日の夕食は、せっかくの倉敷美観地区なので、もちろん、倉敷らしいオシャレなお店で食べたい!
いくつかチェックしていたお店はあったのですが、意外にも夜の倉敷はほとんど灯りが消えてひっそり。
写真を撮りがてらぶらぶら探して見つけたのが、「あちの郷つね家」。
古民家風の佇まいで、倉敷の街にぴったりです。
この建物は、約230年前から残る商家の母屋を改築したものだそうで、情緒たっぷりの中庭もあります。
中庭は、店の中からは見えなくて、トイレに行って初めて気づいたので、ぜひトイレに行ってみてください。笑。

ままかり

ままかり大好き瀬戸内海で獲れるままかりを使った料理は、倉敷の名物です。
もともとままかり好きのシュクルは、倉敷に来たら絶対にままかりを食べようと心に決めていました。
天ぷらや、カルパッチョなど、ふだん見慣れない料理もある中で、定番の焼きままかりの酢漬けと、ままかりの握りを注文。
焼きままかりは、思ったよりもあっさりした味で、漬けてある酢もまろやか。
これなら、光り物が苦手な人でも大丈夫なんじゃないかな。
ままかりの握りは、酢で締めたままかりの旨味がきゅっと凝縮されて、ほっぺがきゅううううううっとなる感動の美味しさでした。
光り物好きなら、断然こちらをおすすめします。

刺身醤油がおいしいメインで注文したのは、「瀬戸」というコース料理。
小鉢、お造り(三種)、煮物、焼物、揚物、お食事、デザートがセットになっています。
ひとつひとつ手の込んだお料理に、タコや鰆といった倉敷名物の食材が使われていて、郷土色満載。
中でも、焼き物とお造りに出てきた鰆が美味しかった。
特別びっくりしたのが、お造りに添えられた醤油です。
あまくて濃密で、独特の風味があって、すごく美味しい。
こんな美味しい醤油だったらお土産に買って帰りたいと思って、銘柄を聞いたら、このお店の自家製でした。
売り物ではないそうで、持って帰るわけにもいかず、本当に残念でした。

黄ニラ

シメは黄ニラの雑炊でコース料理のお食事で出てきたのが、黄ニラの卵とじ雑炊。
黄ニラって、初めて聞きましたが、調べてみると、岡山は全国シェア7割の黄ニラの生産地なんだそうです。
ニラというと、匂いがきついイメージなんですが、黄ニラは、全然ニラくさいところがなくて、ちょっと甘みがあるやさしい味です。
ダシの効いたツユと卵のほろほろした食感にぴったりで、ほっこりあたたまる雑炊でした。
この黄ニラの卵とじは、単品メニューにもあるので、飲んだ後の〆にもいいですね。

ホテルリソル倉敷に宿泊

ホテルリソル倉敷の外観私たちが宿泊したホテルリソル倉敷は、倉敷の蔵をイメージさせるモノトーンのおしゃれなホテル。
美観地区までは歩いてすぐで、倉敷観光に最適の立地です。
駐車場付きですが、私たちが行った時にはいっぱいだったので、近くにある市の駐車場に駐めて、駐車料金はチェックアウトの時にホテルから無料クーポンをもらいました。
部屋もホテルもきれいでおしゃれ、立地も最高で、1泊2人9,500円、ひとりあたり4,750円ですから、かなりお得です。
中にはアロマリラクゼーションサロンやレストランもあって、こんどは女子旅行でのんびり来たいと思うホテルでした。

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top