Home / 中国四国旅行記 / 乙女心をくすぐる倉敷美観地区の散歩道

Mar
25
2013

乙女心をくすぐる倉敷美観地区の散歩道

この日のメイン観光地は倉敷の美観地区。
かつて運河として使われていた倉敷川に沿って白壁の土蔵が建ち並ぶ美しい景観に、「アート」「雑貨」「カフェ」「和菓子」といった女性好みなキーワードがぎゅっと詰まった人気の観光地です。
昨夜のライトアップも幻想的でしたが、今回は、昼間の美観地区の見どころとおすすめグルメを紹介します。

- スポンサードリンク -

大原邸で倉敷の歴史を学ぶ

倉敷美観地区の中央に堂々と建つお屋敷が「大原邸」。
大原邸とは、大原財閥を築いた大原孫三郎氏の邸宅で、国の重要文化財に指定されています。
黄色い屋根にオレンジ色の壁が、白壁と黒い屋根の建物が並ぶ中で、ひときわ目立ちます。

黄色い屋根が目印

大原家は、500ヘクタール(東京ドーム107個分!)の田畑を持ち、2500人もの小作人がいたという大地主で、倉敷紡績を設立、その大原家を継いだ孫三郎は、中国電力の設立、中国銀行頭取、クラレ設立など事業をさらに発展させ大原家を大財閥にした人です。
彼は、労働者のために工場の環境改善をしたり、工場内に小学校を作ったり、孤児院や病院、商業高校、美術館の設立など、倉敷の発展のために力を尽くしました。
きっと、ただのお金持ちということじゃなく、地元の人にすごく愛されていたんじゃないかな。
そんなことを感じる出来事がありました。

爪が5本あります

大原邸の写真を撮っていると、大原邸前の今橋のたもとで鯉のエサを売っていたおじさんが話しかけてきました。
このおじさんが、大原邸についてまるで旅行ガイドのように詳しい。
「あの黄色い屋根は、大原さんの奥さんの静養のために建てた和洋折衷の屋敷で、大原美術館を設計した人があの屋敷も設計した」
「黄色い屋根瓦は、中国の釉薬を使っていて、瓦一枚で当時の職人の日当3日分だ」
「庭の松は樹齢400年のものが20本あって、剪定は1本ずつ手で抜くから60万かかる」
「年に2回、一般公開される」
「この橋は、昭和天皇が皇太子時代に行啓があった時に造ったもので、当時の国の予算が1,600円だったところ、大原さんが私費でその10倍の16,000円を出して造らせた」
「橋の欄干に彫ってある龍は、大原さんが辰年だったからで、画家の児島虎次郎さんが中国で許可をもらったので爪が5本ある」
以上、おじさん情報でした。
この話をするおじさんはすごく嬉しそうで、きっとこのおじさん、大原孫三郎さんが大好きなんですね。

川舟流しで倉敷の情緒を味わう

倉敷美観地区の中央を流れるのは、倉敷川。
川の両岸には、アクセサリーを売る人が売り物を広げていたり、鯉のエサを売るおじさんがいたり、人力車のおじさんが客待ちをしていたり。
いかにも観光地らしい風景ながら、ものすごくのんびりまったりした感じです。

風流な川舟

そんなのんびりした空気をさらにのどかにさせているのが、川舟。
白壁の間を行き交う舟は、情緒たっぷりです。
川には白鳥や鯉もいて、乗ったら楽しいだろうとは思いつつ、時間もないので断念。
まだ3月中旬なので、桜はつぼみがふくらみかけ、柳も葉が出ていませんでしたが、桜や柳の季節に乗ったら気分最高だと思います。

白壁の迷路を散歩する

倉敷美観地区の最大の特徴は、白壁の続く街並み。
どの建物も、白壁と黒い屋根になっていて、なまこ壁と言われる正方形の模様や、板張りで装飾されています。
江戸時代から明治時代を主とした古い街並みながら、古くさい感じが全然なく、整然とした統一感があって、とにかくきれい。

なまこ壁の路地

ちょっと細い路地を入るだけでも、両側にずらっとならんだなまこ壁の間をくぐり抜けるのが楽しい気分になります。
てくてく散歩して写真を撮るだけでも半日楽しめそう。
白壁の倉や土蔵や町屋は、美術館や博物館、カフェや雑貨屋になっていて、はじっこから全部覗いてみたい!
ぶらぶら散歩して、ふらっと美術館やカフェに立ち寄るのに最高の場所だと思います。

大原美術館でアートに触れる

大原邸の向かい側に建つ、倉敷美観地区の中でもひときわ目を引くギリシャ神殿風の建物が、大原美術館です。

大原美術館

大原美術館は、大原孫三郎が、昭和5年に画家である児島虎次郎を記念して設立した美術館です。
美術コレクターだった孫三郎が友人の画家虎次郎のパトロンとなり、ヨーロッパに渡った虎次郎は、自分の制作に励みつつ、西洋美術を収集し、それらの作品が大原美術館のコレクションの中心となっています。
エル・グレコ、ゴーギャン、モネ、セザンヌ、ドガ、マネ、ルノワールといった収集品の数々は、とても日本の一地方の私立美術館とは思えないほど。
でも、悲しいかな、先を急ぐラリーストの私たちには、ゆっくり絵画鑑賞している時間がありません。
鑑賞はまたの機会に譲ります...って、そんなチャンス、一体いつ来ることやら...?

ブック型クッキーがおすすめ

大原美術館は入場料を払わなくても敷地内のトイレやミュージアムショップが利用できます。
ミュージアムショップでは、大原美術館のコレクションをモチーフにしたおしゃれなグッズがいっぱいで、お土産選びにぴったり。
美術品鑑賞は諦めた私たちですが、ミュージアムショップではいろいろお土産を購入しました。
大原美術館を象徴する丸窓をモチーフにしたエコバッグや栞、絵はがき、手ぬぐいなど。
中でも一番気に入ったのが、本型のケースに入ったクッキーの詰め合わせ。
クッキーを食べた後も使える本型のケースがおしゃれだし、クッキーもはちみつ味とカフェオレ味で美味しかった!
グッズを買ったら、ミュージアムショップ10周年記念のティーリーフをサービスでいただきました。

猫好き必見の雑貨店でお買い物

でーんと大きな招き猫が目を引くのは、猫の雑貨を売っている「倉敷猫屋敷」。
猫好きシュクルが飛び込んだのは言うまでもありません。

倉敷猫屋敷

中には、ものすごくたくさんの猫雑貨があって、猫好きにとってはたまらない空間です。
陶器の置物のような高級品から、ハンカチやノートといった日用品、ストラップやアクセサリーのような小物まで、あるわあるわ。
どれにしようか迷ってしまってにゃんにゃんにゃにゃんだわ。

お土産に買った猫グッズかわいすぎ

中には、本物の猫もいます。
お店のマスコット・アメリカンカールのレオくんと、ベンガルのヒョウタくん。
人になれていて可愛いので、ガラスケースの前でずっと覗いていたら、サーチライトに「いつまで見てるの~!はいはい、行くよ!」と言われ、後ろ髪を引かれる思いで出てきました。
プラハにも猫の雑貨を扱っているお店がありましたが、外国ものの猫雑貨はいまいちかわいくないものが主流でしたが、この店の猫雑貨はかわいいものがいっぱい!
猫好き・猫の雑貨好きのシュクル母なら、一体この店に何十分いて、どれだけ散財することやら...。

岡山土産にきびだんごを買う

岡山名物と言えば、きびだんご。
大原美術館のミュージアムショップの隣に、きびだんごで有名な廣榮堂本店があったので、寄ってみました。

廣榮堂本店

ところで、きびだんごって、名前を知らない日本人はいないと思いますが、どんなだんごか知っている、食べたことがある人って、どれくらいいるのでしょうか。
実はシュクルは食べたことも見たこともなかったので、桃太郎が鬼退治に持っていった話と、その名前から、きび砂糖を使った甘くてボリュームのあるあんこ入りの団子を想像していたのです。

パッケージがかわいいきびだんご

ところが、実際に見てみると、すごくちっちゃくて、あんこは無し。
食べると、だんごというより、餅。
というか、もろに求肥。
ほんのり甘くて、上品な味です。
桃太郎って、こんな上品なお菓子を持って鬼退治に行ったのかしらん?
と思ったら、桃太郎が持っていったのは、文字通り「黍で作った団子」で、この「きびだんご」というお菓子ではないようです。
このお菓子は、きび粉を使っているのと、吉備の国とをかけて、「きびだんご」というみたいですね。
ともあれ、美味しくて、ぱくぱくぺろっとなくなりました。

古民家風の三宅商店でカフェめし

おしゃれカフェがたくさんある美観地区なので、ここはぜひととも立ち寄っておきたいところ。
ガイドブックやネットのクチコミで調べておいた三宅商店さんに向かいます。

レトロな外観も三宅商店

江戸時代に建てられた町屋をベースにしたカフェらしく、板張りの壁に格子戸、白壁の2階に古びた看板が似合います。
かなりの人気店で、行列ができるということなので、開店時間前に行ってスタンバイしたおかげで、一番手で入店できました。

待ってる間のショッピングも楽しい

中は、江戸時代ではなく、昭和レトロ。
ぼろぼろの昭和時代のカレンダーや時刻表が貼ってあったりして、昭和にタイムスリップしたみたいです。
私たちが席に案内されてからも、次々とお客さんが入ってきて、あっという間に行列ができてました。
お店には、三宅商店オリジナルのマスキングテープや雑貨が売っているので、ショッピングしながら待っている人もたくさんいました。

春のいちごパフェと三宅カレー

事前調査では、ここの季節限定パフェが美味しそうだったので、二人でそれを食べる予定だったのですが、開店時間11:30現在のシュクルは超・腹ペコモード。
「土日祝だけの三宅カレーのお得なセットメニューがおすすめ!」の写真付きメニューを見て、もう、頭の中はカレーでいっぱい、気持ちもカレーでいっぱい、カレー食わせろ!
というわけで、「俺はあまり腹減ってない」とあっさり言うサーチライトは予定通り季節限定春のいちごパフェ、シュクルはカレーセットを注文です。
2種類の苺アイスクリームに、クリームチーズ、小豆、苺がたっぷりのパフェは、アイスイーターも絶賛のお味。
野菜でトッピングされたカレーは、ちょっとスパイシーながら、ほっこりやさしいお味。
ああ、しあわせ。

倉敷は女子旅行に超オススメ!

予定外のランチまで食べて、倉敷美観地区散策は終了。
ほんとはもっといろいろ見たいのを我慢して、美観地区を後にしました。
チェコのチェスキー・クルムロフに行った時、街ごとテーマパークみたいだと思いましたが、ここもそんな感じのエリアです。
美しい街並みの中で、散歩したり写真を撮って、川舟に乗って、美術館をゆっくり観て、おしゃれなカフェでまったりして、雑貨屋さんをはしごしてお土産選び。
ここは絶対、のんびり女子旅行で来たい場所でした。

犬ものんびりお散歩です

こんな場所をラリーで通り過ぎるだけなんて、ひどすぎるよ!
時間なさすぎ!
この旅行計画を作った人は、鬼だ、悪魔だ!

関連記事 出張で倉敷に行ってきました

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:1

日本カワイイ博スタッフ 2013年3月27日 18:27

こんにちは!
コメント失礼いたします。
新潟在住の方にはぜひ!日本カワイイ博のことを知っていただきたいと、
ジャンル違いとは思いますが、失礼を承知の上でコメントさせていただきました。

豪華出演者が盛りだくさんです!
小倉優子、鈴木奈々、トリンドル玲奈、宮城舞、愛沢えみり、青柳文子、安部ニコル、井出レイコ、小澤奈々花、小玉ゆうい、椎名ひかり、鈴木あや、武田静加、仲村美香、三戸なつめ、峯村優衣、今井美穂、山田彩乃、等地元新潟モデルも出演するファッションショーや
アモヤモ、サイレントサイレン、スーパーガールズ、ミヒマルGT、清水翔太、エンジェルジェネレーション、DJ☆AkirA、リューティスト等によるステージライブを見て楽しめます!

有名ヘアサロンによるヘアメイク、プロによるネイル・エステ等が無料で体験できます!


【開催日】2013年3月31日
【時 間】11:00~17:00(最終入場16:30)
【場 所】朱鷺メッセ
【入場券】前売り1,900円。当日2,200円。

☆詳細は日本カワイイ博HPへ☆
http://kawahaku.jp/

ぜひ、お友達・ご家族の方と遊びに来てください^^
ご来場お待ちしております(。・ ω 一緒に新潟を盛り上げてください。
よろしくお願いいたします!

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top