Home / 中国四国旅行記 / 備前国一之宮・吉備津彦神社に参拝

Mar
31
2013

備前国一之宮・吉備津彦神社に参拝

備中国一之宮・吉備津神社を参拝した後は、備前国一之宮・吉備津彦神社に向かいます。
このふたつの神社、なんとわずか2kmしか離れていないという近さ。
しかも、吉備津神社の駐車場のお土産物屋さんでエビマヨせんべいを買った時に、近道まで教えてもらい、そのお店のすぐ脇の細い道を車で行くこと数分、あったあった、ありました。
広い池と、小学校のグラウンドみたいな駐車場と、古い随神門と、背後に見える山。
のどかな風景に溶け込んだ吉備の国の最後の一之宮、吉備津彦神社に参拝します。

- スポンサードリンク -

吉備津彦神社は「吉備之国一宮」

随神門と中山備前・備中・備後の三つに分かれた吉備の国。
それぞれの一之宮の主祭神は、みな同じ大吉備津彦命(オオキビツヒコノミコト)です。
崇神天皇の御代にこの地に遣わされた吉備津彦命は、背後にある中山に祈って吉備の国を平定し、この山の麓に永住したと言います。
その屋敷跡に建てられたのが、吉備津彦神社のはじまりとされています。
とすれば、三つの吉備津彦を祭る神社の中では一番早い創建となります。
そのためか、御朱印には「吉備之国一宮」と記されていました。
備中一之宮の吉備津神社も「三備一之宮」を名乗っているので、どちらが本家かは難しい問題ですね。

夏至の太陽に向いた社殿

一直線に並んだ社殿古い随神門をくぐると、拝殿・祭文殿・渡殿・本殿が一直線に並んでいます。
これは、古代の熱田神宮の社殿の配置にならったもの。
吉備津彦神社の社殿は、正面の鳥居からにまっすぐ続いていて、夏至の日に太陽が昇る方角に向いていることから、「朝日の宮」とも呼ばれています。
夏至の日には、朝日が正面鳥居から昇り、その光が祭文殿の御鏡に射し込むように社殿が建てられているのだそうです。
夏至の日には太陽を迎える「日の出祭」という神事も行われています。
伊弉諾神宮にも太陽の運行と神社の位置関係を示した「陽の道しるべ」がありましたが、太陽と神社には深い関係があるんですね。

桃太郎の桃みくじで開運祈願

桃みくじは末吉でした吉備津彦命が温羅(うら)と呼ばれる悪者を退治して吉備の国を平定したという伝説が、桃太郎の鬼退治の話となったことは、備後国一之宮の記事で紹介しました。
この吉備津彦神社にも、桃太郎にちなんで、かわいい桃の形の絵馬や、桃をモチーフにした御守りやストラップがいろいろありました。
その中で面白かったのが、桃の形をしたおみくじ。
中には鈴が入っていて、振ると鳴ります。
かわいい桃みくじは、末吉。
「旅行」は「さしつかえない」という神の声でした。
このまま無事に新潟に帰ることができますように。

古代信仰が残る神社

最近できたらしい「龍の岩戸」吉備津彦神社の背後には、中山という山があります。
中山には神が鎮座する岩「磐座」と、神域を示す巨石群「磐境」があり、もともと山全体が神の山として崇敬されていました。
また、神社の前にある神池の「五色島」と呼ばれる浮島には、古代の祭祀場であったと思われるストーンサークルがあります。
夏至の太陽に向かって社殿が建てられていることも、太陽信仰とつながっているからでしょう。
とすると、この神社は、信濃の国一之宮・諏訪大社の上社前宮のように、古代の信仰の跡が残っている神社と言えそうです。

吉備SAでマスカットソフトを食べる

さっぱりさわやか吉備津彦神社の参拝を終えて、美作の国へ向かいます。
今度はかなり離れているので、高速での移動。
せっかく果物王国・岡山なので、吉備SAでマスカットソフトをいただきました。
さわやかな香りのソフトクリームは、一気に脳を目覚めさせてくれる美味しさ。
これで本日のアイスタイムも満喫したし、高速を快調に飛ばして美作国の一之宮まで向かおう!
...というはずだったのに...。
→to be continued

備前国一の宮・吉備津彦神社に参拝

【まとめ】 全国一之宮めぐりのすすめ

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top