Home / 中国四国旅行記 / 西日本ラリー凱旋(津山~新潟)

Apr
06
2013

西日本ラリー凱旋(津山~新潟)

たくさんの点は線になって、遠く彼方へと響く。
新潟から四国、四国から下関、下関から広島、広島から岡山と、4日間に渡ってフィットと走り続けてきた今回の旅も、いよいよ最終区間を残すのみ。
3ヶ月に及んだ西日本ラリー旅行記も、ついに今回が最終回です。
最終区間は、美作・津山から新潟までの750km。
初音ミクの中でも一番好きな「Tell Your World」の調べにのせて、いざ凱旋区間のスタートです。

- スポンサードリンク -

加西SAで腹ごしらえ

17:00に美作国一之宮・中山神社を出発して、津山ICから中国道へ。
1時間ほど車を走らせたら、給油をかねて兵庫・加西SAで休憩です。
給油を済ませてフードコートに行ってみると、見るものすべてが美味しそうに見えます。
考えてみると、この日のサーチライトは食事らしい食事をしていません。
本来の予定では、津山のB級グルメ「ホルモンうどん」で昼食にする予定だったのですが、道を間違えてそれどころではなく。
まあ、倉敷でイチゴパフェと吉備でマスカットソフトを食べたので、カロリー的には十分な気もしますが。笑。
とはいえ、まだまだこれから先は長いドライブ。
ちょうどいい時間だし、フィットだけでなく私たちも、ここで夕食にすることにしました。

加古川名物「かつめし」

サーチライトが食べたのは、加古川名物らしい「かつめし」。
ご飯の上にビーフカツと千切りキャベツをのせて、その上からデミグラスソースをかけた一品です。
まあ、カツをのせたハヤシライスをイメージしてもらえばいいかな。
「箸で食べる洋食」というのがこだわりらしく、見た目はカツカレーですが、箸でいただきます。
ビーフカツは揚げたてサクサクで、美味しかったけど口の中をヤケドしました。笑。

「ぼっかけうどん」とタコ焼き

一方、シュクルが食べたのは、神戸長田下町の味「ぼっかけうどん」。
関西風のダシのうどんに牛スジとネギがのったもので、シンプルだけど文句なしに美味しかった。
外の屋台で売っていたタコ焼きと一緒に、阪神名物づくしの夕食になりました。

シュクル熟睡中

車は再び中国道を進み、神戸JCTで山陽道と合流します。
途中の西宮~宝塚付近では渋滞が発生していて、4車線が車でいっぱい。
途中、山々の切れ間から巨大マンションの夜景が見えたりして、なかなか印象的な光景でした。
宝塚ICを過ぎると自然と渋滞が解消し、しばし進むと吹田JCTで往路に合流します。
名神高速道に入り、京都南ICを過ぎると、もはや気分はホームグラウンド。
まあ、言うほど自分で運転したことはありませんが。笑。
名神を進むにつれて車の数も減り始め、米原JCTで北陸道に入ると、もはや一人旅。
車はいないし、シュクルは寝てるし。
通い慣れた北陸道を、新潟の我が家目指してひた走ります。
...と、こうやって文章にすると一瞬ですが、おなじみ有磯海SAのお楽しみ「白エビうどん」を食べた頃には、深夜1:30を回っていたんですけどね。笑。

もはやおなじみ「白エビかき揚げうどん」

いくつもの線は円になって 全て繋げてく どこにだって

富山から新潟に入り、糸魚川のトンネル地帯を抜けると、なんとそこは猛吹雪の世界でした。
つい先日の高知・桂浜の南国模様が嘘みたいです。
やっぱりスタッドレスタイヤを履いたままで正解だった。笑。

新潟は吹雪の世界

こうして深夜4:15、総走行距離2,768kmに及んだ西日本ドライブラリーもいよいよゴール。
この新潟西ICのETCゲートが、私たちの凱旋門です。
路面に撒かれた凍結防止剤がフロントガラスに飛び散って、ウォッシャー液の噴射口は凍結していたので、写真はひどいことになっていますが。笑。

これが俺たちの凱旋門だ!

ここで我が家の音楽プレイヤーPSPのシャッフル選曲は、「Tell Your World」!
なに、その神選曲。
まさに、たくさんの点は線になって、いくつもの線は円になって。
「ゆめのりょけん」は、どこまでも繋がります。
西日本往復2800kmラリー 【完】

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top